1
/
5
クリエイティブディレクター
Mid-career
on 2021-07-28 7,011 views

マテリアル開発の現場にデザインシンキングで切り込むディレクターを募集!

株式会社ロフトワーク

株式会社ロフトワーク members View more

  • 株式会社ロフトワーク/FabCafe MTRLプロデューサー/慶應義塾大学大学院KMD研究員。材料起点のイノベーション「MATERIAL DRIVEN INNOVATION」。国立研究開発法人科学技術振興機構 Moonshot Research Project Manager補佐。

    ーーーーーー
    人生はミスマッチである。
    私たちは学校の選択を間違え、就職先を間違え、配偶者の選択を間違う。
    それでもけっこう幸福に生きることができる。
    それでいいじゃないか。
    「自分のオリジナルにしてユニークな適性」や、「その適性にジャストフィットした仕事」の探求に時間とエネルギーをすり減らす暇があったら、...

  • 京都のカフェ「neutron」・東京のアートギャラリー「neutron tokyo」にマネージャーとして勤務したのち、廃校活用施設「IID 世田谷ものづくり学校」ではクリエイターのワークショップや展示、企業や学校・自治体とのコラボレーション、Fabスペースの立ち上げなど館内企画を担当。2015年より株式会社ロフトワークにジョインし、クリエイティブラウンジ「MTRL KYOTO」では立ち上げフェーズから継続して店舗サービスのマネジメントと企画に携わる。2017年6月には、MTRL KYOTO 1階に「FabCafe Kyoto」をオープン。地域や専門領域を超えて交流や創発を促す”媒介”であ...

  • 慶應義塾大学メディアデザイン研究科Embodied Media Project(http://embodiedmedia.org/)において触覚(Haptic)の研究、開発、コミュニティの拡大に従事しています。
    UXデザインについて学び研究を行ってきたため、UXデザインにもとづき、デザイナーやエンジニアをつなぎプロダクトやサービスの開発を行いたいと思っています。
    また、主に触覚技術(Haptics)のプロジェクトを担当してきたため、Hapticsの知識や技術力があります。
    Haptic Design Meetup(http://hapticdesign.org/)というイベントを実施し、...

  • Emi Nagashima
    Director / MTRL

What we do

  • 「素材のショーケースを兼ねたプロトタイピングスペース」 MTRLの各拠点には、素材を扱う様々なメーカーが保有する「素材」のショーケースがあります。その素材を多くの方に実際に手に触れていただき、プロトタイピングを促進する工作環境では、ちょっとしたアイデアを形にすることも可能です。
  • 「素材を起点に、メーカー、クリエイター、研究者が集うコミュニティ」 MTRLの最大の魅力は、素材の魅力を発信、共有できるコミュニティがあることです。MTRL Meetup という取り組みを通じて、多くの方がその素材を起点につながり、多くの実験的な取り組みが生まれています。

「デザインを起点に、マテリアルの新たな意味をともに探したい」

ロフトワークは、あらゆるプロジェクトを通じて、新しい価値を生み出したいひとや組織のクリエイティビティを引き出すクリエイティブカンパニーです。私たちが取り組む課題や領域は幅広いですが、特に注力するものについては、専門チームを立ち上げて取りくんでいます。今回はその中で「素材」を切り口とした「MTRL Unit(マテリアル ユニット)」の新メンバー募集を行います。今回の募集では、中途、新卒どちらも歓迎いたします。

MTRL Unit は、デザインを活用し、新しい価値を生み出したいひとや組織のクリエイティビティを引き出し、「素材・技術開発、研究開発」における「意味のイノベーション」を実現するチームです。

私たちMTRLは、デザインを意匠の道具としてだけではなく、「意味のイノベーション」を実現する思考の道具と捉え、企業の研究開発、事業開発を支援しています。従来の製造業では、思いがけない発明、高度な機能の開拓こそがイノベーションを創出するとされてきました。しかし現在、そうした改良・改善への再投資による「モノのイノベーション」ではなく、デザイン視点によってモノの意味を開拓・更新する「意味のイノベーション」が、企業価値の源泉になりつつあります。

MTRLは、マテリアルの新たな意味の探求を通し、素材・ものづくり・テクノロジーにおける「意味のイノベーション」を実現します。

※意味のイノベーションとは...デザインシンキングの手法を用いて、製品に新たな意味づけを行い、それらが持ちえたこれまでのコンテクストなどの意味を急進的に変化させ、新たな価値を伴う製品をデザインし、新しい市場の創造の達成を目指すイノベーションの考え方です。

▼ MTRL / 素材メーカーとクリエイターの共創を支援
https://mtrl.com/

▼ プロジェクト事例
ロフトワークが手がけてきたプロジェクトは、こちらをご覧ください。
https://loftwork.com/jp/what

▼ FabCafe / グローバルなクリエイティブコミュニティ
https://fabcafe.com/tokyo/

▼ 飛騨の森でクマは踊る(ヒダクマ)
https://hidakuma.com/

▼ AWRD / 世界中のクリエイターとつながるプラットフォーム
https://awrd.com/

Why we do

  • 「“人の動きを支える”ブリヂストンへ ソフトロボティクス事業にかける想い 株式会社ブリヂストン」 株式会社ブリヂストンは、ゴム素材の研究開発の知見を活かし、ソフトロボティクスの分野での活用が注目される「ラバーアクチュエーター」の開発を推進しています。本プロジェクトでは、「なぜ、ブリヂストンがソフトロボティクスに挑戦するのか?」という「なぜ」を考え抜くプロセスを通じて、社会における新しい「動力」のあり方の意味をデザインすることを目指しました。
  • 「αGELの「やわらかさ」を体感する触感素材見本帖 – 「HAPTICS OF WONDER 12触αGEL見本帖」の開発」 株式会社タイカは、ゲル素材(αGEL)の開発事業と、立体物に印刷を施す特殊印刷技術を事業展開する化学メーカーです。本プロジェクトでは、αGELの価値を触感を軸に整理し、12の触感提示を行える販促ツールを開発。この見本帖によって「商材としての素材」から「コミュニケーションツールとしての素材」に生まれ変わり、クライアントとの関係を「お伺い」から「共創」するモデルへと方針転換しました。

「デザインシンキングから素材の事業開発を加速させるプロジェクトデザイン」

私たちの身の回りに多く存在する「素材」。

「素材」は、科学の発展の中で発明され、生産技術の向上によって安定した生産が可能になり、私たちの暮らしの根幹を支えるなくてはならない存在です。

このような私たちの暮らしを支える材料開発の現場は現在、開発の時間的コストの高さや科学的開発手法に依存した開発プロセスが
イノベーション実現の課題となっています。もちろん、暮らしに安全、安心で、地球に優しい素材を開発するには、科学的な開発方法は欠かせません。

しかし、私たちMTRLは、その素材開発を「デザインシンキング」の方面から加速させることで、よりよい価値や意義をもった素材開発を推進することが可能になると信じています。

私たちMTRLは、素材に新しい価値や用途を発見する方法として「デザイン」の価値に注目しています。デザインとは、「なぜ」を問い、複雑多様化する社会の「文脈(コンテクスト)」を理解し、複雑さを受け入れた実践を可能にする方法です。その素材は「なぜ必要とされているのか」「その先の私たちの生活にどんな意味をもたらすのか」を問い、素材のひとつひとつが私たちの暮らしによりよい豊かさを与えてくれる存在になるための方法を日々探求しています。

MTRLは、そんな素材の新たな意味の探求を通し、製造業の「意味のイノベーション」を支援します。

▼MTRLの代表的なプロジェクト一覧
https://mtrl.com/projects/

How we do

  • 東京拠点(FabCafe MTRL)。東京の拠点は、運営母体である株式会社ロフトワークが展開するFabCafe Tokyoの2階を中心に活動中です。ワークショップやイベント、素材のショーケースとともに、フリーアドレスの環境で働くことが可能です。
  • 京都拠点(MTRL KYOTO/FabCafe KYOTO)。京都の拠点は、運営母体である株式会社ロフトワークの京都支社として展開中。FabCafe KYOTOも同施設内にあり、京都の五条を拠点に、京都の伝統素材やクリエイターが集い、素材の価値を探求しています。

「素材」を起点に、コミュニティやプロジェクトのデザイン、マネジメントを実施

MTRLの活動は「素材」を様々な側面から探求するコミュニティの形成と、プロジェクトベースのクライアントワークで構成されています。プロジェクトやコミュニティのデザイン、マネジメントを通して、多くの方々をつなぎ、新しい発見に向けたファシリテーションをしていくことが求められます。

様々なメーカー、製造業が開発する「素材」の魅力を多くの方に共有し、新しい価値について探求するコミュニティの構築を元に、「素材」の新しい価値を発見することを目指します。イベントやショーケース、素材のリサーチを行いながら、私たちの視点で素材の魅力を発信します。

また、素材を起点に新しい製品、サービス開発、事業開発を目指すクライアントとともに仮説を紡ぎ、実践し、課題解決を通して、これからの求められる「素材・技術」のあるべき姿をプロトタイピングします。

デザインを起点にしたマテリアルの新たな意味の開発を通して、これからの製造業に新しい一面を切り開いていきましょう。

As a new team member

「未経験や異分野からのチャレンジも歓迎!」

今回の募集では、中途、新卒どちらも歓迎いたします。主に、ディレクター職としてコミュニティのマネジメントや、プロジェクトのデザイン、マネジメントに関わる方を募集いたします。

MTRLでは、「素材や技術」の新しい側面を探求・発見し、かたちにすることにチャレンジしたい方を募集しています。工学や化学の専門知識がない、デザインシンキングについても興味はあるが、これから実践的にチャレンジしたいなど、未経験や異分野からのチャレンジも大歓迎です。

何よりも、みなさんの考える世の中がより良くなるための自由な発想、仮説や想いをお待ちしています!

※特にMTRLでは、こんなスキルを求めています(もしくは、実践の中で身につきますので、お気軽にご相談ください)
・デザインシンキングのスキルを「素材・技術開発」の分野に応用した実践的なプロジェクトデザイン
・「素材」に新しい魅力を生み出すクリエイターとのコラボレーションのデザイン
・「素材・技術開発」というものづくりの現場に、新しい視点、価値を生み出すデザイン

※MTRLの東京拠点で勤務できる方の募集となります。

Highlighted stories

自分の「好き」を軸に、好奇心でロフトワークを遊び尽くす
数字でみる、21年目のロフトワーク 〜会社案内番外編〜
ロフトワークに入社して、それから私は。
Other users cannot see whether or not you're interested.
3 recommendations
Company info
株式会社ロフトワーク
  • Founded on 2000/02
  • 112 members
  • Expanding business abroad /
    Featured on TechCrunch /
  • 150-0043 東京都渋谷区道玄坂 1-22-7 道玄坂ピアビル 2F
  • マテリアル開発の現場にデザインシンキングで切り込むディレクターを募集!
    株式会社ロフトワーク