This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.
Mid-career
自社プロダクトAWSエンジニア
on 2019-11-20 107 views

エンジニアの約70%を救うプロダクト。/ AWSエンジニア

株式会社情報戦略テクノロジー

株式会社情報戦略テクノロジー members View more

  • 2016年 早稲田大学教育学部英語英文学科卒業
    卒業後、情報戦略テクノロジーにエンジニアとして入社。

    エンジニア・POとして3年間働いた後、教育を中心に採用、制度企画等の人事業務に責任者として携わる。

    やりたいことがありすぎて早く分身できるようになりたいと日々思ってる。

  • 研究職に進む予定だったが諸事情により2番目に好きだったITを選択した。
    金融系プロジェクトを中心に業務エンジニアリング・アーキテクト・PM等を経て、現在 SIerの取締役 / 技術に軸足を置いたコンサルティング(ユーザーサイドにおける要求仕様の掘起こし・IT投資のアドバイス等) / マネジメント業務を取り仕切る。

    『 FXのシステム開発にて10ミリ秒のトランザクションを実現するアーキテクチャを構築した 』ことがエンジニアとしての最終歴となる。

    多言語に精通。現在GO言語を社内導入中。

  • 2000年に法政大学を卒業後、1部上場金融会社へ就職。
    一年で退職した後、2001年4月に最初の起業を行うも、2年で頓挫し2003年よりSI業界へ。

    中堅SIを経て2004年に年商1億程度の名古屋のソフトハウスへjoinし、東京支社の立上げを行う。
    2007年には東京支社を月商8000万(年商10億規模)の組織へと飛躍させるも、2008年のリーマンショック直後に訳の分からない理由で会社をクビになる。

    裁判をして会社に復帰する予定であったが、私を慕う部下数名が退職願いを会社に提出してしまった為、その受け皿を作らざる負えなくなり、意図せず2009年1月に情報戦略テクノロジーを設立、代表取...

  • 情報戦略テクノロジーで SES 業務に従事。
    客先業務としては通貨ディーリング業務が専門。直近は Elixir でのサーバサイド開発、React.js でのフロントエンド開発を担当。
    社内では課長としてメンバのマネージメントや採用などにも従事している。

    元々は高校時代に Apple/Mac の思想に憧れて IT 系を志す。情報系で大学時代に入るもやりたいことからは遠いと感じ中退。ゲーム系専門学校で IT スキルを学んでそれが出来る会社に就職した(つもり)。

    結局入社後はテスト1年、その後はテスト管理を中心に活動を行い開発からは離れてしまう(途中3年目からマネージャ業務も担当)。それで...

What we do

  • 『ゼロ次請け』環境だからこそ、ITアーキテクトにも3年でなれる。複数の大手クライアントから引っ張りダコのエンジニアが多数在籍しています。
  • 昨年コーポレートサイトもリニューアル。IT後進国日本を変える、その勢いをグラフィックに落とし込みました。

――――――――――――――――――
 
ずばり、SI業界の改革です。
 
――――――――――――――――――
 
■ 日本がIT後進国になってしまったのはこの業界のせい、なのです
企業のシステム開発を請け負っているシステムインテグレーション業界 (SI業界)。年間20兆円が動く超巨大市場で、多くの企業のシステム開発に関わっています。
ですが。実は日本がIT後進国に成り下がったのはSI業界のせい。業界の"悪しき構造"が原因になっています。
 
■ 2万社中、私たち1社だけ
SI業界には約2万社存在しますが、業界構造の改革に真っ向から取り組んでいるのは私たちだけです。そんな私たちの活動に共感いただけエンジニアの転職者がどんどん増えており、
 
2015年 49名
2016年 90名
2017年 160名
2018年 170名
 
と急拡大中。エンジニアだけでなく、メガバンク・コンサル・メーカー・有名大手など有力企業からの転職者も増えはじめています。

Why we do

  • 仮想通貨ハッカソンにも率先して参加。TOP10入りを果たしました。
  • ミッション・ビジョン・会社の考え方などがまとめられたDNAブック。相当考え込まれて創られた、私たちの軸。

――――――――――――――――――― 
 
日本のITエンジニアの
低すぎる市場価値を上げるため。
日本の低すぎるIT投資効率を上げるため。
  
――――――――――――――――――――

上記、SI業界の悪しき構造が引き起こした2つの大罪です。
 
  
■ 日本のITエンジニアの、低すぎる市場価値
SI業界で働くITエンジニアは約75万人。日本のエンジニアの約8割を占めていますが、この業界のエンジニアは ”下請け企業の職人”。上流企業の言う通りに手を動かしてプログラミングするだけの存在として扱われ、マネジメントが付かず、高稼働で、成長する仕事を与えられず、どんなに頑張ってもMAX年収550万円という状況下の中働いています。
かたや海外では、ITエンジニアは他職業の平均収入の約3倍。一流大学で成績優秀だった人がなる職業であり、どんなシステムを作るか企画・提案から入りビジネスをリードしていく存在です。
私たちは、日本のSIエンジニアをこの海外のエンジニアと同じような状況に変え、市場価値を一気に向上させようとしています。
 
 
■ 日本の低すぎるIT投資効率
これまで企業は、システム開発をSI業界に「外注」していました。ですが「外注」で、月に数回のMTGで作れるほどシステム開発は単純なものではなかったため、SI業界で作られたシステムの多くが問題を引き起こし企業に大きな損害をもたらすこととなりました。
つまり「内製」で、自社内でPDCAを繰り返しながら少しずつ作っていかなければシステム開発は成功しない、という結論が明白になってきているのです。
私たちは、システム開発の内製をサポートするプロフェッショナル企業となり実績を重ねることで「システム開発はSI業界に丸投げ外注」という常識を変えようとしています。
 
 

How we do

  • 各会議室の名前です。ITというイメージに反して長渕張りの ”和”テイスト。胸の奥ではいつでもウォウウォウと叫んでいる人情派集団です。
  • 恵比寿・LIQUIDROOM の向かい側にあるビル5・8Fが本社。恵比寿が一望できる好立地。採光と緑、ウッドテイストは働き心地を高める重要な要素だそうです。

―――――――――――――――――――

業界を改革する。一次請けより更に上
『ゼロ次請け企業』
 
―――――――――――――――――――
 
SI業界は多重下請け構造です。
最上位にいる一次請け企業がクライアント企業と直接やりとりし、一次請けの下に属するエンジニアを雇用している会社が実際にシステムを開発していくという流れですが、この流れから脱却したのが私たちです。
 
 
■ ゼロ次請けとは
 
①エンジニアを雇用している会社である私たちが一次請け企業を超え、クライアント企業と直接やりとりする
 
②さらに『クライアント企業内部で、エンジニアがクライアントと”直接話し合い”ながら開発する』という契約を締結することで、SI企業のエンジニアに、海外のエンジニアと同等の働き方を提供する
 
このビジネスモデルを私たちは『ゼロ次請け』と呼んでいます。このゼロ次請けであれば、エンジニアの市場価値を上げていくことも、システム開発の内製を支援することが可能です。
この活動が認知され、現在取引先も急速に拡大中。はじめは金融業界だけでしたが、現在ではゲーム、不動産、飲食、教育、人材、WEBサービスなどの大手とも取引が広がっています。
 
 
■ すべての企業がゼロ次請けになればいい
とは言え、私たちだけが恵まれた環境を創り上げることができたとしても「SI業界を改革する」にはつながりません。私たち以外の、エンジニアを雇用する会社もゼロ次請けビジネスができるプラットフォーム・自社プロダクツも開発中です。
このプロダクトを推進していくことで、一次請け・二次請け・三次請け・四次請け・五次請け…と下請けが連綿と続く現在の業界構造が崩れ、クライアント企業とエンジニアを抱える会社、ただそれだけが存在する世界になればエンジニアも、日本もハッピーになる。そう考える私たちです。
 
 
 

As a new team member

 
 
 
  
開発しているのは日本のエンジニアの命運です。
  
 
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
自社プロダクト『White Box』
開発エンジニア募集
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
日本のITエンジニアの約70%が
システムインテグレーション業界の
エンジニア。
 
ですが、この業界のエンジニアは
世界でも類を見ないほど市場価値が低く
 
❶平均を下回る給与水準
❷指示通りモノを作るだけ
❸成長できる案件に出会えない
 
という状況に陥ってしまっています。
 
この状況を180度変え、
 
①他の職業の3倍以上の給与水準
②企画から携わるモノ作り
③成長できる案件を選ぶのが普通
 
に変換し、日本のエンジニアを
海外のエンジニアと同じ環境に
もっていくプロダクトの開発になります。
 
 
 
■ 技術的なメリット ■
 
・docker/kubernetesというインフラで今後使われる技術での開発が経験できる
・スクラム [アジャイル開発] に積極的に取り組める
・Clean Architectureというモダンなアーキテクチャに触れられる
・vue.js + springbootというスタンダードながらモダンな技術に触れられる
 
現在5名のエンジニアで開発に携わっておりますが、お互い技術的なトライを認め合いながらスクラム組んで開発に取り組んでおります。
 
 
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
ブラックボックス化した業界をホワイトに戻す、という意味で『White Box』と名付けた自社プロダクト。
 
基礎的な部分の開発はもう終わっており、現在はPDCA・開発運用を重ねながらサービスをガシガシとパワーアップさせているフェーズです。
 
単に仕事としてではなく、熱量を持って取り組める何かに出会いたいエンジニアのみなさま。ぜひご応募ください。
 
 
 
【 企業調査 上位2割に入る社員満足度 】

まだ名の知れた企業ではございませんがL社の調査結果によると「社員満足度 (社員と会社の相思相愛度)」が全企業中上位2割 に入るという評価。
この業界では低い離職率をキープ。安定的な急成長を続けています。
 
 
  

Highlighted posts

成長って、環境。
エンジニアです!って胸張って言えるようになった。
聞く耳で、課長になりました。
Other users cannot see whether or not you're interested.
0 recommendations
Company info
株式会社情報戦略テクノロジー
  • Founded on 2009/01
  • 188 members
  • Expanding business abroad /
    CEO can code /
    Funded more than $300,000 /
  • 東京都渋谷区東3-9-19 VORT恵比寿maxim 5F・8F
  • エンジニアの約70%を救うプロダクト。/ AWSエンジニア
    株式会社情報戦略テクノロジー