1
/
5
Project/Product Management
Mid-career
on 2019-07-02 3,340 views

シンガポールと日本を自由に行き来!海外で活躍したいWebディレクター

株式会社TAM

株式会社TAM members View more

  • TAMシンガポール(TAMSAN)のディレクターをしています。兼、代表です。
    1982年愛媛県生まれ。専門商社入社、エクアドル駐在、アルゼンチンでの個人事業を経てTAMへ入社。
    2012年のTAMシンガポール法人「TAMSAN」の立ち上げでシンガポールへ来て以来、現在もシンガポール在住です。

    TAMSANでは、デジマケ領域から、業務システムまで幅広く、クライアントのビジネス課題を解決するソリューションを提供しています。

    国やマーケットに依存せずに、ずっと食べていける力を、僕自身はもちろん、一緒に働くチームのみんなに身に着けてもらいたいです。

  • TAMの代表をしています。
    =====
    ITの本当の意味は、主役が「組織」から「個人」に移ったということ。
    TAMはそういう人が成長できる「場」になろうと思っています。
    =====
    言いたいことは
    ルールのない、個人商店の集まりみたいなTAMで、とにかく「好きにやってみなはれ!」


    よろしくお願いいたします!!

  • TAM大阪のディレクター。テクノロジーとクリエイティブの融合を目指しています。
    ユーザー中心設計を軸に大型案件を手掛けることが多く、コンポーネント設計などの設計フェイズに十分な時間をとることで、アウトプットがぶれないようにプロジェクトをコントロールしていきます。

  • TAMシンガポール(TAMSAN)の、WEBディレクター。
    名古屋出身。日本で広告業界で営業・デザイナーとして勤務した後、アメリカでIT企業に就職しました。その後WEB・デジマケを極めるべくTAMSANへ入社。

    アジアでのデジタルマーケティング支援や、コンテンツ制作などのプロジェクトに携わっています。シンガポール6年目!

Why we do

  • 東京・大阪とも1Fはコワーキングスペースになっています。こちらはTAMコワーキング東京。
  • こちらはTAMコワーキング大阪。クライアント企業様や外部の方を招いての勉強会・セミナーを随時開催しています。

■ 創業以来一貫して変わらないTAMのミッション

* クライアントに満足を提供しよう。
* 次世代の人を育てよう。
* 社会へ存在意義のある会社になろう。
* 家族に誇れる仕事をしよう。
* モノもココロも幸せになろう。

■ TAM文化は「勝手に幸せになりなはれ」。

" 生きる力を鍛える場 " であると同時に "自分の価値を高める会社" です。
「大の大人が管理される必要などない」が基本の考え方です。
だから著しく自由なのです。

■「組織」ではなく、「個人」にフォーカスした働き方をしてきました。

* 組織の中で歯車の一つとして仕事をする意味はうすくなってきました。

* 副業やパラレルキャリアもどんどん推進していますので、
ファーストスキルを身に付けたベテランは、
第2スキル、第3スキルを身につけるべきで、
単一スキルしか持たないことはとてもリスキーなことだと考えています。

* 生涯を1つのスキルだけで生きていけなくなり、
エッジのあるスキルを合わせ持つゼネラリストが求められています。

■「定年まで1社で安定して働く」という考え方がリスキーな時代

* 「定年まで1社で安定して働く」という考え方がとてもリスキーな時代になりました。
企業の寿命より、個人の社会人寿命(40-50年にもなろうとしています)のほうが長いことは容易に想像できます。

* ベンチャー、中小、大手、と言った企業規模などに関係なく、
個人が自分のキャリアにも人生にも責任を持つ時代になりました。
市場が成長している時は企業の成長と市場の成長がリンクして
終身雇用という日本独特の制度が成り立ちましたが、
今日のような低成長時代には、
企業が雇用を守りたくても守れない時代になってしまったということだと思います。

* 「たとえどんな時代や環境になろうと、万一会社がなくなろうと、自分らしく生きていける、周りから求められる、「自信」と「自由」を手に入れること」はますます大事になってきていると考えています。
これが「TAMクレド」の基本です。

* 個人と企業の間に「情報格差」はなくなってしまいました。
インターネットは"Power to the People"を実現し、個人が主体である時代になりました。
2020代にはAIがコモディティになり、どんなところにも使われるようになりました。
大切なことは、
「自分で自分の道を引く」ことだと思います。
TAMでは " 生きる力を鍛える " と同時に "自分の価値を高めて" 欲しいと強く願っています。
TAMクレド http://www.tam-tam.co.jp/about/creed.html もぜひご参照ください。

■これからの時代に働くということは?

コロナ禍で数十年かかるだろう変化が一気に訪れました。

・Creativity(創造的な仕事やルールのないゼロから創りだすこと)
・Hospitality(笑顔やおもてなし)
・Management(チームの成果を最大にするリーダーシップ)
ただ、どんな変化が訪れようと、これらは簡単には変わらない普遍的な力を持っています。(遠い未来はわかりませんが。。。)

自ら自分の道を引いて、変化を恐れず、変化を楽しみ、オモシロイことをポジティブに創っていく人にはますます楽しい時代になりました。

時代の大きな転換点に遭遇して生きていられることに感謝して、すべてをポジティブに捉え、前向きにチャレンジしていくことをいっしょに楽しみましょう!
2020代は「仕事を楽しむ人の時代」ですよね。

Highlighted stories

昭和世代を否定するのは思考停止。活躍する平成世代は「世代間ギャップは異文化理解の機会」と捉える
人は「自分の好きなこと」を決めない生き物。”好き” が見つからずもがいている人に伝えたいこと
「受託」は時代遅れになり「共創」へとシフトする。顧客との関係が変われば、活躍する人材も変わる。
Other users cannot see whether or not you're interested.
9 recommendations
Company info
株式会社TAM
  • Founded on 1992/04
  • 150 members
  • Expanding business abroad /
  • 東京都千代田区神田小川町3-28-9 三東ビル2F
  • シンガポールと日本を自由に行き来!海外で活躍したいWebディレクター
    株式会社TAM