Discover companies you will love

  • AI/フロント・バックエンド
  • 1 registered

素材の可能性を広げる感性AIエンジニアを募集!

AI/フロント・バックエンド
Mid-career

on 2023-12-15

44 views

1 requested to visit

素材の可能性を広げる感性AIエンジニアを募集!

Mid-career
Mid-career

Share this post via...

Yuji Nozaki

・電気通信大学 情報工学専攻科 博士研究員 ・感性AI株式会社 AIエンジニア 統計的機械学習とハードウェア。 使用言語は使う順にPython, MATLAB, R, C, Javaなど。 よく使うディープラーニングのフレームワークはPytorchです。 趣味でメイカー活動をしています。ハードウェア量産関係ではちょこちょこ中国へ。

Shunnosuke Motomura

人間の言葉の認識に興味があり、言葉や音の印象について考えるのが好きです。 現在はそのアイデアを形にできるようにWebエンジニアとして働いています。 興味あること - 認知系の言語学、音声・音韻、外国語(韓国語) - 自然言語処理、分散表現 - 統計分析、可視化 - Webプログラミング(主にバックエンド)

【感性AI】「感性AIアナリティクス」バージョンアップ!~言葉の音の響きの印象を無料評価できる「音韻診断」の提供開始~

Shunnosuke Motomura's story

下牧 玲於

2023/2に感性AI株式会社へJoin. 従来のICT知見を活かしつつ, 学生時代から興味のあった感性の領域でのマーケティング支援事業に取り組んでいる.

【感性AI】京王グループ Chat-GPT導入プロジェクト

下牧 玲於's story

鈴木 希望

感性AI株式会社でコーポレート部門を担当しています。感性AIではものづくり・ウェルネスを柱とした様々な技術をもとにサービス提供やコンサルティングを行っています。 感性AIの理念は「感性とAIの融合でHAPPINESSを実感できる社会に」です。 どういう時にHAPPINESSを実感できるか、を考えると、 私は「相手と寄り添いあえること」だと思ってます。 そのためには、自分の真意が相手に伝わること、相手の真意を正しく受け止めること、 つまり、正しく感性を伝達し理解することが必要だと思います。 その先に、やさしい社会が実現できると信じてます! 感性AIは、国立電気通信大学発ベンチャーとして大学の研究室と協働しながら、 社員一丸となって感性×AIの分野に挑戦しています。 ご興味がある方はぜひご連絡ください!

【感性AI】感性マテリアルプラットフォームβ版をリリースしました。

鈴木 希望's story

感性AI株式会社's members

・電気通信大学 情報工学専攻科 博士研究員 ・感性AI株式会社 AIエンジニア 統計的機械学習とハードウェア。 使用言語は使う順にPython, MATLAB, R, C, Javaなど。 よく使うディープラーニングのフレームワークはPytorchです。 趣味でメイカー活動をしています。ハードウェア量産関係ではちょこちょこ中国へ。

What we do

私たち感性AI株式会社は、五感で知覚した情報を実社会でいかすべく、人の感性の数値化に挑戦しているベンチャー企業です。 ■企業概要■ 2018年5月に、京王電鉄株式会社と国立大学法人電気通信大学・坂本真樹教授との共同出資により設立されました。電気通信大学発ベンチャーに認定されていることもあり、同大学坂本研究室の知財を商材に利用できます。 ■事業ドメイン■ 人の言葉の感性をAIで可視化・定量化しています。 “感覚を表現する言葉”は人によって違いますが、同じものさしで比較することで、ターゲットに響く商品の開発や​サービスの提供を可能にします。 1.ものづくり分野 感性×AIによる感性価値の創造と訴求力向上を図ります。主に商品企画のネーミングやキャッチコピーなど、ものづくり・ブランディングの場面で貢献します。 ・「感性AIアナリティクス」 消費者の感性を学習したAIによってプロダクトの感性価値分析・創造をサポートするマーケティングソリューションツールです。 ・「感性マテリアルプラットフォーム」 感性の定量化技術にもとづいた素材選定、開発における課題の解決を図ります。 2.ウェルネス分野 感性×AIによる感性情報の可視化・応用を進め、介護や医療、教育、住まいなどに活用していきます。 ・人の痛みの可視化 ・質感表現による認知症診断 ・場の空気を読んで空間の状態を可視化する「FUWAKIRA」 3.コンサルティング 感性とAIを融合させた独自システムやノウハウで、さまざまな課題解決をサポートします。 ■実績と成長性■ 鋭意、大手企業様との協業を進めています。一例として、2022年にDIC株式会社様と新素材開発システムの構築に向けた共同研究を開始。完成品の手触りとターゲットの感性をマッチングさせるためのプロダクトに挑戦しています。直近では博報堂プロダクツ様のイベントにAIモデルを提供しました。 ■今後の展望■ まずはものづくりの分野で「感性」を用いたサービスづくりを進め、世の中に広めていきます。場の雰囲気や人々の意図・状態を可視化するウェルネス分野は研究段階にあり、これからしっかりとしたサービスにつくり上げていきます。
2021年6月リリースした感性AIアナリティクス・ブレスト
アイディアソンにも出場!
メンバーで駅伝大会に出場!
カフェスペースを活用してミーティング♪
定期的に懇親会も開催してます。

What we do

2021年6月リリースした感性AIアナリティクス・ブレスト

アイディアソンにも出場!

私たち感性AI株式会社は、五感で知覚した情報を実社会でいかすべく、人の感性の数値化に挑戦しているベンチャー企業です。 ■企業概要■ 2018年5月に、京王電鉄株式会社と国立大学法人電気通信大学・坂本真樹教授との共同出資により設立されました。電気通信大学発ベンチャーに認定されていることもあり、同大学坂本研究室の知財を商材に利用できます。 ■事業ドメイン■ 人の言葉の感性をAIで可視化・定量化しています。 “感覚を表現する言葉”は人によって違いますが、同じものさしで比較することで、ターゲットに響く商品の開発や​サービスの提供を可能にします。 1.ものづくり分野 感性×AIによる感性価値の創造と訴求力向上を図ります。主に商品企画のネーミングやキャッチコピーなど、ものづくり・ブランディングの場面で貢献します。 ・「感性AIアナリティクス」 消費者の感性を学習したAIによってプロダクトの感性価値分析・創造をサポートするマーケティングソリューションツールです。 ・「感性マテリアルプラットフォーム」 感性の定量化技術にもとづいた素材選定、開発における課題の解決を図ります。 2.ウェルネス分野 感性×AIによる感性情報の可視化・応用を進め、介護や医療、教育、住まいなどに活用していきます。 ・人の痛みの可視化 ・質感表現による認知症診断 ・場の空気を読んで空間の状態を可視化する「FUWAKIRA」 3.コンサルティング 感性とAIを融合させた独自システムやノウハウで、さまざまな課題解決をサポートします。 ■実績と成長性■ 鋭意、大手企業様との協業を進めています。一例として、2022年にDIC株式会社様と新素材開発システムの構築に向けた共同研究を開始。完成品の手触りとターゲットの感性をマッチングさせるためのプロダクトに挑戦しています。直近では博報堂プロダクツ様のイベントにAIモデルを提供しました。 ■今後の展望■ まずはものづくりの分野で「感性」を用いたサービスづくりを進め、世の中に広めていきます。場の雰囲気や人々の意図・状態を可視化するウェルネス分野は研究段階にあり、これからしっかりとしたサービスにつくり上げていきます。

Why we do

カフェスペースを活用してミーティング♪

定期的に懇親会も開催してます。

■感性とAIの融合でHAPPINESSを実感できる社会に■ AIと人が共存する未来の実現に向けて、AIが「感性」という知能を理解することによって、より人に寄り添い分かり合うことができます。 感性とは「感覚の知性」であり、感情とは異なる「知能」の一つと言えます。 私たち感性AIは人のうちに秘めた感覚を理解し、表現をサポートしてくれるAIを創ることによって、感性活用のプラットフォーマーになることを目指してまいります。 ▍「感性価値」で国内企業のグローバルな競争力を高める 2007年に経済産業省が「感性価値」の活用の意義を打ち出しました。 感性価値とは「生活者の感性に働きかけ、感動や共感を得ることで顕在化する価値」を言います。従来の「機能」「信頼性」「価値」という評価基準によることなく、新たな付加価値「感性」を製品・サービスに盛り込むことで差別化を図り、日本の産業競争力向上や活性化に結び付けるというものです。 ■起業に至る経緯■ 電気通信大学の坂本教授は、言語と五感の関係性に着目した人の認知特性の研究に取り組んできました。しかし、学術領域では論文完成がゴールとなることも多く、研究内容で社会に貢献する方法を模索し続けていました。 一方、京王グループでは既存領域によらない新しい事業分野に挑戦しようとしていました。 同グループが坂本教授にAIに関する講演を依頼したことで互いの想いが合致。想いに共感するメンバーも集まり感性AIが誕生します。

How we do

メンバーで駅伝大会に出場!

■「感性価値」の活用■ 消費者調査やパッケージデザインの生成など、AIを用いる企業は当社以外にも見られます。ただ、現在のものづくりはクリエイターや決裁者の主観によるところが大きいのも事実。私たちはAIによるコスト削減・期間短縮を目指すのではなく、ターゲットに直感的に響くものづくりに注力し、長期的に価値を創造しうるサービスを提供しています。 ■活躍中のメンバー■ 社員エンジニアと業務委託エンジニア、マーケター、セールス、管理スタッフの総勢12名が活躍しています。 正社員エンジニアはシステム系企業の出身者と、AI・統計を扱う企業の出身者からなり、統計的な知識にもとづく会話が多いです。それゆえ理系出身の方や、興味がある分野を自ら探究できる方がマッチしやすいです。 ・会社と一緒に成長できる前向きさを大切にする 幅広い分野に学び、自発的に動いていけるメンバーが集まっています。 知見を共有してお互いを高め合うだけでなく、技術を学ぼうと副業をしている社員もいます。 ■オフィス環境・働き方■ 社員自ら働き方に関する裁量を持ち、パフォーマンスを出しやすい仕事の仕方を選択できます。リモートワークとフレックスを採用しており、大学の研究を進めたり、ヨーロッパに滞在したりしながら業務にコミットする方もいます。もちろん、調布市にあるオフィスも利用可能です。 ・コミュニケーションの機会 普段はSlackでやり取りしつつ、コアタイム内でのミーティングや出社しての打ち合わせなどリアルなコミュニケーションも大切にしています。季節のイベントや駅伝大会への参加も積極的に行っています。

As a new team member

■募集内容■ DIC社との協業で誕生した「感性マテリアルプラットフォーム」の開発を担う、エンジニアを募集します。 企業様の個別の課題に対し、解決方法のコンサルティングや実装も行ってもらう予定です。 パーツごとの開発ではないので、最初から最後まで一貫してものづくりに挑戦できます。 ▍技術要素 ・フロントエンド/アプリケーション:JavaScript(NuxtJS)、GraphQL、HTML、CSS ・バックエンド/API:Python、Java、Node.js ・インフラ:AWS ・開発支援ツール:GitHub、CircleCI、Docker ・コミュニケーション:Slack、GoogleWorkspace ・タスク管理:kintone、GoogleWorkspace、Redmine ・開発マシン:MacBookPro(13-inch/Apple M1/メモリ16GB/SSD256GB+クラウドストレージ) ■仕事の醍醐味■ 京王電鉄と電気通信大学の共同出資という安定した基盤のもとで働けるのは魅力です。感性というものを世の中に浸透させていこうと試行錯誤する、ベンチャーの醍醐味も味わえます。 感性やAIに関する情報も得られやすく、論文執筆の希望があればできる限りサポートします。 ■今後の活躍の場■ これから会社を成長させていく段階にあります。 このタイミングでジョインした方には、組織の拡大とともに中核メンバーとして活躍していただくことを期待しています。 ■求める人物像■ ・人の感性に興味がある方 ・物事の全体を見て動ける方 ・獲得した知見を仕事に生かしていく姿勢がある方 ・オンライン、対面を問わずコミュニケーションを円滑に行える方 ▍必要条件 ・プログラムの開発経験、2年以上 ・Webサービスの開発経験 私たちの事業に興味を持っていただけたなら、まずはお話してみませんか? 「話を聞きにいきたい」ボタンからのエントリーをお待ちしています!
0 recommendations

    0 recommendations

    What happens after you apply?

    1. ApplyClick "Want to Visit"
    2. Wait for a reply
    3. Set a date
    4. Meet up

    Company info

    Founded on 05/2018

    12 members

    • Funded more than $300,000/

    東京都調布市小島町一丁目1番1号 UECアライアンスセンター 309号室