1
/
5
PoCエンジニア
Mid-career
on 2022-07-26 187 views

製造業でITとビジネスを融合させた高速なPoCを行うエンジニア募集!

キャディ株式会社

キャディ株式会社 members View more

  • キャディ株式会社でバックエンドエンジニア兼DevOpsエンジニアをしています。

    使用言語はRust + TypeScriptで、DDDで開発を行なっています。

    現在は、Terraform, k8s, Kustomize, CircleCI + Orbs を用いて、
    インフラのコードによる自動構築及びGitOpsの考えを取り入れたCI/CD体制を構築後、
    SCM(Supply Chain Management)サービスのバックエンドをRustで書いています。

    ---
    (以下前職)
    株式会社SHIFTで、サービス企画・設計・開発をしていました。

    【サービス開発】
    サービス内容としては...

  • スタンフォード大学・大学院にて電子工学を専攻。世界最大の軍事企業であるロッキード・マーティン米国本社で4年超勤務。ソフトウェアエンジニアとして衛星の大量画像データ処理システムを構築し、JAXAやNASAも巻き込んでの共同開発に参画。その後、クアルコムで半導体セキュリティ強化に従事した後、アップル米国本社に就職。ハードウェア・ソフトウェアの両面からiPhone、iPad、Apple Watchの電池持続性改善などに従事した後、シニアエンジニアとしてAirPodsなど、組み込み製品の開発をリード。2017年11月に、キャディ株式会社を加藤と共同創業。

  • 独立系開発会社にてWebアプリ、スマートフォンアプリを含む多種多様な開発を経験した後、アドテク系開発会社の立ち上げに参画、代表取締役としてDSP等の開発を主導。その後インターネット広告代理店のオプトに在籍し、CTOとしてエンジニア組織「Opt Technologies」を運営し、その後執行役員も兼任。現在はキャディ株式会社にてエンジニアリングマネージャーとして、ソフトウェアを中心としたテクノロジーによるモノづくり産業の改革にチャレンジしようとしている。

What we do

  • 一括で見積もり対応から、サプライチェーンの管理・品質管理まで行い製品をお届けします
  • 展示会でのブース出展なども通じて大手メーカーの顧客獲得も行っています。

100年以上イノベーションが起きてない製造業の調達領域を変革!
〜多重下請け構造から“強み”で繋がるフラットな構造へ〜

キャディが提供する製造業の受発注プラットフォーム「CADDi(キャディ)は、独自開発の原価計算アルゴリズムに則った自動見積もりシステムによって、発注者と品質・納期・価格が最も適合する加工会社を選定し最適なサプライチェーンを構築し納品まで責任を負います。

発注者側にとっては、従来2週間以上かかっていた相見積もりの負担や複数サプライヤーの管理工数を削減できるうえ、低価格かつ高品質な加工品の安定発注を可能にします。需要が大きくなった時は既存サプライやのキャパシティが溢れてしまう、根拠がない発注価格を見直したい、コア部品の調達改善により時間を割きたい。そんな課題を解決します。

加工会社側は、受注率約2割の相見積もり作成作業に追われたり、定常的な価格低減の交渉、一社(一業界)への売上依存体質による売り上げの不安定化、新規顧客開拓のリソース不足など、多くの問題に苦しんでいます。キャディが間に入ることにより、業界を横断した自社が得意とする案件を適正価格で発注が可能になり利益率も向上。結果的に複数業界から案件を分散受注できるので経営リスクも下げられます。

国内で120兆円にのぼる製造業の調達領域のDX(デジタル・トランスフォーメーション)を牽引し、より生産性の高い仕事に注力しながら発注側も受注側も利益を上げられる、新たな産業構造を構築します。

(参考)
・町工場に変革を。次世代マーケットプレイス型組織「CADDi」の全貌
https://initial.inc/articles/6TJko25l0M6vIbDdC5xjd7

・町工場の75%が赤字である決定的な理由
https://forbesjapan-career.com/story/22

・元マッキンゼー社長"下町工場をクールに"
https://president.jp/articles/-/28507

・一緒に理想の未来を作りたい。下請けではなく、キャディのパートナーとして。
https://www.wantedly.com/companies/caddi/post_articles/164652

Why we do

  • 2021年8月末には、シリーズBラウンドで総額80.3億円の資金調達を実施。今回調達した資金は、グローバルも含めた人材採用やCADDiの開発、そして新規事業に投資する予定です。
  • 経済産業省主導「J-Startup企業」に選出されました

【モノづくり産業のポテンシャルを解放する】
モノづくりに携わるすべての人が、本来持っている力を最大限に発揮できる社会を実現する。
そのために私たちは、産業の常識を変える「新たな仕組み」をつくります。

現在モノづくり産業では、非常に多くの力が埋もれたままになっています。
見積業務や管理業務に忙殺される、営業力が足りない、情報やネットワークが乏しい。
あらゆる理由によってがんじがらめにされ、本来の開発力や技術力を発揮しきれていません。

こうした縛りをほどくことで、各企業のポテンシャルを解放。
産業全体に大きな力を生み出し、豊かにすることが私たちの使命です。

小さな町工場も、歴史ある大規模メーカーも、創立まもないベンチャーも。
すべてのモノづくり企業が強みを活かして輝き、新たな価値がたくさん生まれる。

そんな未来を切り開くために、私たちは挑み続けます。

How we do

  • キャディ本社は総武線浅草橋駅、浅草線蔵前駅から徒歩約6分の場所にあります。大阪にもオフィスがあります。
  • 創業5期目を迎えた弊社も、既に従業員が400名を超えております。

【CADDi VALUES】
◆ もっと大胆に / Think Big
◆ 卓越しよう / Be Distinctive
◆ 一丸で成す / As One
◆ 至誠を貫く / Uphold Integrity

【産業を大きく変えるための事業展開と組織拡大】
100年以上イノベーションが起きてない製造業の調達領域を変革
〜多重下請け構造から"強み"で繋がるフラットな構造へ〜

「モノづくり産業のポテンシャルを解放する」をミッションに掲げ、発注者と品質・納期・価格が最も適合する加工会社を選定し最適なサプライチェーンを構築し納品まで管理することのできる、独自開発の原価計算アルゴリズムに則った自動見積もりシステムを搭載した製造業の受発注プラットフォーム「CADDi(キャディ)を提供しています。
国内で120兆円にのぼる製造業の調達領域のDX(デジタル・トランスフォーメーション)を牽引し、より生産性の高い仕事に注力しながら発注側も受注側も利益を上げられる、新たな産業構造を構築します。

2021年8月末には、シリーズBラウンドで総額80.3億円の資金調達を実施、まさに事業成長を急加速するタイミングです。

現在の社員数は250名を超え、戦略コンサル、大手メーカー、メガベンチャー、スタートアップ、商社、ゲーム会社など多様なバックグラウンドのメンバーが参画。
テクノロジーの力で製造業を変えるべく、日々パートナーやお客様のために、プロダクト開発・事業開発に取り組んでいます。

今後は海外への事業展開も見据えており、組織もハイペースで拡大していきます。

(参考)
・至誠とテクノロジーで、モノづくり産業を変えよう。/キャディ創業3年記|note
https://note.com/yushirodesu/n/n412ac5846d2c
・CADDi Brand Movie -モノづくりを、前に。-
https://www.youtube.com/watch?v=9IogFRU9AkE

As a new team member

▼IT とビジネスを融合させた高速な PoC(仮説検証)で「モノづくり産業のポテンシャルを解放する」

キャディは、主に製造業エンタープライズ向けの特注部品の受注生産を請け負う事業を行っており、各開発チームはその業務を支える「受発注プラットフォーム」の開発を行っています。
ただ、一口に製造業、といっても、多様な顧客や製品が存在します。 そんな中、キャディでは、常に新しい顧客・ビジネス領域への展開を続けています。
直近では、プラント事業と呼ばれる水処理施設などの工場設備の調達を支援する部署が生まれました。新規事業でありながら、急成長し売上の大きな柱になっているということもあり、事業やプロセスの不確実性に柔軟に対処しつつ仕組み化するために、IT とビジネスを融合させた高速な PoC(仮説検証)が求められています。
それを推進する存在として PoC エンジニアのロールが生まれました。
PoC エンジニアの役割は、単に早く作る、というものではなく、構造化されていないデータや標準化されていないオペレーションをどう整理すればシステムに落とし込め、事業がスムーズに進めることが出来るのか、であったり、高速な仮説件検証のためにミニマムな設計を行いつつも、より本格的なシステムに落とし込む際にスムーズに移行出来るかなどを多角的に考えて取り組むことがチャレンジングかつ面白い部分になります。
そして、その特性上、キャディのどのロールのエンジニアよりも密かつ先にビジネス側とコミュニケーションする存在のため、何を実現するために、どんなことをしていくのか、という Why や What までを共に考えられるところが魅力です。

【業務内容】
・新規のビジネス領域や顧客へのサービス提供を行うオペレーションのシステム化
・その前段として、あるべきオペレーションの形をシステム面から構想しビジネスサイドのメンバーと共に定義
・最短で仮説検証を行いながら、システム化に繋げられるアーキテクチャ設計や技術選定の実施
・現場で管理されているデータをシステムに使える形にモデリングし、使用可能なデータへと移行
・仮説検証のために必要なシステムの詳細設計・実装
・仮説検証の結果を受けて仮説を再定義しながら、システムも合わせて改修を行う

【開発環境】
・利用言語
 フロントエンド: HTML, CSS, TypeScript
 バックエンド: TypeScript
・フレームワーク・ライブラリ
 フロントエンド: Next.js
 バックエンド: NestJS
・インフラ: Cloud Run, Cloud Functions, Cloud Pub/Sub, Cloud Memorystore
・データベース: PostgreSQL, Redis
・API: REST
・認証: Auth0
・開発ツール: GitHub, CircleCI, DataDog
・ノーコードツール: Airtable, Google AppSheet
・iPaaS: Make(旧 Integromat)
・コミュニケーションツール: Slack, Discord, JIRA, Miro

【開発組織】
■社内オペレーションの設計・型化を行うチームと合同でチームを組織
 ・エンジニアの人数は各プロジェクト毎に数名
   立ち上げは1人、その後状況に合わせて拡大
   ビジネスサイドは案件状況によるが数名
■スクラムベースの開発サイクル
 ・ビジネス側のチームと共にスクラムを構築
 ・JIRA によるチケット管理

【必須スキル】
■技術
・要件定義やデータモデリングの経験
・TypeScript を使った開発経験
・Web アプリケーションのバックエンド開発経験(静的型付け言語だと尚可)
・リレーショナルデータベースの利用経験
・AWS、GCP 等のパブリッククラウドを利用した開発経験
・Git/GitHub を利用したチーム開発スキル
■マインド
・立場や考え方の異なる人達の背景を理解し共に仕事を進める姿勢
・不確実性が高く、曖昧かつ膨大になりがちな要件に対して、単に否定するだけでも、受容するだけでもなく、ギリギリのラインの解決策を関係者と共に粘り強く探していけること
・技術的なプラクティスを貪欲に吸収し、積極的な改善を行いながらも、自分の投資した時間が、どこまで事業を進められるかを考えられるバランス感覚と当事者意識

【歓迎スキル】
・新規サービスの立ち上げ参画経験
・Pub/Sub メッセージングモデルを用いた非同期処理の開発経験
・セキュリティ意識したウェブ開発経験
・Docker 等のコンテナ技術の利用経験
・React、Vue などを利用した Web フロントエンドアプリケーション開発スキル

Highlighted stories

アライアンスセールス対談~事業の最前線で活躍する二人が語るアライアンスセールスの魅力~

上場企業グループのCTOを辞め、キャディへ。「いまここで、全ての経験を泥臭くアウトプットしたい」

【商社→ハーバードMBA→投資ファンドVP】30代後半、自分の人生をかけてチャレンジしたい場所

What happens after you apply?
Other users cannot see whether or not you're interested.
2 recommendations
Company info
About キャディ株式会社
キャディ株式会社
  • Founded on 2017/11
  • 308 members
  • Expanding business abroad /
    Featured on TechCrunch /
    Funded more than $1,000,000 /
  • 東京都台東区蔵前1-4-1 (総合受付3F)
  • About キャディ株式会社
    キャディ株式会社 wants to talk with you
    Are you interested in this Job Post? Come talk with us