1
/
5

Award受賞歴

Edit

194 views

ABOUT

これまで受賞した主なアワードのまとめです。

・スタートアップワールドカップ 初代チャンピオン(2017)
アメリカのPegasus Tech Venturesが主催。世界16地域から1万社以上のスタートアップが優勝賞金100万ドルをかけて競う、スタートアップのピッチコンテストです。

・エンデバー・アントレプレナー(2019)
エンデバーは、1997年設立の世界最大の起業家支援NPOネットワークです。世界30の地域、60の都市にわたるネットワークを中心に支援すべき起業家の選出と、彼らへのメンタリング等を通じ、世界経済の成長に貢献することをミッションとしています。

・J-startup(2021)
実績あるベンチャーキャピタリストや大企業の新事業担当者等の外部有識者からの推薦に基づき、世界で勝負できるポテンシャルのある企業を選定し、政府機関と民間の「J-Startup Supporters」が集中支援を行うプログラムです。

・Extreme Tech Challenge(XTC)日本代表(2021)
XTCは、2015年から始まったグローバル課題に取り組む起業家のための世界最大規模のスタートアップコンテストであり、世界中から6,000社以上のスタートアップがエントリーしています。

・グッドデザイン・ベスト100/グッドフォーカス賞[新ビジネスデザイン](2021)
日本を代表するデザインの評価とプロモーションの活動。「スマート保育園®」が「グッドデザイン・ベスト100」に加えて、特別賞である「グッドフォーカス賞[新ビジネスデザイン]」を受賞しました。

・ASPIC IoT・AI・クラウドアワード 社会業界特化系ASP・SaaS部門 先進技術賞(2021)
日本国内で提供されている優秀かつ社会に有益なIoT・AI・クラウドサービスを表彰するイベント。保育施設向け総合 ICT/研修サービス「ルクミー」が、社会業界特化系ASP・SaaS部門において先進技術賞を受賞しました。

・ディープラーニングビジネス活用アワード(2019)
日経クロストレンドと日経 xTECHが主催する、ディープラーニングを活用して新たな事業を生み出した産業・社会的なインパクトの大きなプロジェクトを表彰するアワード。「ルクミーフォト」で活用しているディープラーニングを用いた写真自動判定システムが特別賞を受賞しました。

・BabyTech® Award Japan 2020 powered by DNP 大日本印刷(2020)
BTAJ2020は、日本唯一のベビーテック専門メディア「BabyTech.jp」を運営する株式会社パパスマイル主催のもと、国産ベビーテック商品やサービスを表彰するイベントです。ユニファは「ルクミーシフト管理」が、保育ICT部門で優秀賞を受賞しました。

・第12回キッズデザイン賞(2018)
キッズデザイン賞は、子どもや子どもの産み育てに配慮したすべての製品・空間・サービス・活動・研究を対象とする顕彰制度です。ユニファは、「ルクミー午睡チェック」においてキッズデザイン賞を受賞しました。