Shota Okubo

Bytedance株式会社 / Casting Producer東京都

Shota Okubo

Bytedance株式会社 / Casting Producer

大学を卒業後、デジタル広告代理店の企画営業職からキャリアをスタート。 入社直後、新規事業領域となるSNSインフルエンサーマーケティング事業の立ち上げに抜擢。 約3年間に渡って企業とのコラボレーション及び、インフルエンサーとのリレーション構築に従事。

Bytedance株式会社3 years

Casting Producer現在

- 現在
  • #BPM100 DANCE PROJECT

    日本赤十字社、TBWA HAKUHODO、TikTokの3社が協力し、立ち上げたプロジェクト「#BPM100 DANCE PROJECT」は、心肺蘇生の普及を、ダンスと音楽によるエンターテインメントコンテンツとして幅広い世代に訴求したことが高く評価され、「Spikes Asia 2019」において、エンターテインメント部門で銀賞、ミュージック部門で銅賞を受賞。TikTokをショートムービープラットフォームとして活用した作品が国際的広告賞で受賞したのは史上初。 100人を超えるインフルエンサーの協力を仰ぎ、大規模な投稿プロモーションを実現。

  • @cosme TOKYOオープニングスペシャルLIVE

    新体験フラッグシップショップ「@cosme TOKYO(アットコスメトーキョー)」のオープン記念として、Influencerを起用した番組を制作しライブ番組で配信。タレントのSNS投稿に加え、TikTok事前インフィード広告配信によってリアル店舗の800人集客に繋げた。

  • #アゲリシャスバイト

    ゼスプリキウイは高揚感を得られるようなおいしさを味わえることから、「気分をアゲる、デリシャスなキウイ」の造語「アゲリシャス」というキーワードを、歌とダンスで表現した広告キャンペーンを実施。その中で、拡散役となるインフルエンサーのCastingを一貫して担当。

  • #ドミノチーズ100万

    ドミノ・ピザの新商品「ウルトラチーズ™」発売に伴い、チーズの伸びを動画でもっとも美しく表現した1名が、日給100万円の夢の仕事「最高チーズ責任者(CCO:チーフ・チーズ・オフィサー)」に採用される、SNS動画投稿キャンペーン「求ム! ドミノ 最高チーズ責任者」を実施。 食に精通するInfluencerの起用とMEME要素を取り入れた企画で、マストバイキャンペーンにもかかわらず、UGC投稿800件~を記録。



言語

  • Japanese - Native

アプリをインストールして、知り合いの最新の活躍をフォローしよう