1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

What we do

ZERO TO ONEは2015年にアップガレージからスピンオフして誕生し、2020年4月より株式会社クルーバーの傘下でZERO TO ONE事業部としてIT事業を展開しています。 グループ企業のデジタル化を担っているだけでなく、Webアプリケーション・システム等の自社サービスの開発・運用を手掛けています。 前身のアップガレージはカーパーツ・バイクパーツに特化した中古品買取販売業です。全国180店舗以上のフランチャイズチェーン展開への挑戦を支えてきたのは、販売・在庫・査定をサポートする独自の基幹システムであり、私たちは一部門としてシステムの開発・運用を担い、成長と発展に貢献してきました。 そこで培った知見を元に、「クルマ・バイクのカスタマイズを楽しむユーザーの皆様・パーツを取り扱う業界の皆様にとって価値あるサービスをグローバルで提供する」という更なるミッションを達成すべく、失敗を恐れずチャレンジしてまいります。

Why we do

テクノロジーとアイディアを駆使して、未開のサービスを創造していく、『世界をあっといわせるプラットフォームを創る』のがZERO TO ONEの達成したいビジョンです。 そのために、以下のような3つの目標を掲げています。 Ⅰ.世界を舞台にたたかう Ⅱ.業界に新たな風穴をあける Ⅲ.個人のマーケットバリューを高める 現在、自社サービスとなるクルマ・バイク好きの集まるECサイト『Croooober』でこの3つの目標を達成すべく開発に取り組んでいます。 ITの導入が遅れているといわれている車のアフタ―マーケット(中古部品)業界。中古のアフターパーツ業界の市場規模は1000億円といわれています。この1000億円というマーケットは大手が参入しづらい規模です。また、中古用品は在庫の確保が新品よりも難しいため、参入障壁の高い市場でもあります。 日本製品だからこその信頼感、品質の高さを世界へ。”日本の価値あるもの”で世界を舞台に事業を展開しています。

How we do

◆開発チームについて 事業ごとに、エンジニア・デザイナーがチームを組んでいます。最新技術の導入にもチャレンジできますし、スキルアップのための勉強会や研修も体制が整いつつあります。社員の意見を取り入れて、よい施策があれば積極的に検討していきます。 ◆働く場所は横浜・青葉台 最寄駅は、東急田園都市線「青葉台駅」。駅から徒歩7分程、閑静な住宅街に弊社オフィスがあります。都内へのアクセスも良く、渋谷なら乗り換えなし・30分弱で着きます。また、服装自由・転勤なしなので、開発に集中できる環境が弊社にはあります。