1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

【20卒メンバーのインターン卒業への思い④】チームと自分を「信じる」ということ

卒業生に卒業への思いを聞いていく、こちらの連載。
今回は4人目の岡田くんに質問に答えてもらいました。

サポートチームのメンバーとして、営業を担当していた岡田くんはどのように成長してきたのでしょうか?

Q1. ユアマイスターにジョインしようと思った理由は?

きっかけは、長期インターンの紹介サイトで見つけた募集でした。「一から教えてくれる」という風に書いてあったので、未経験の自分にはぴったりなのでは、と思って、応募してみました。

面接をしてくれたのは、営業チームの社員さん2人だったのですが、2人とも、僕を一人の学生としてではなく、これから社会にで働く人間として向き合って、アドバイスをしてくださいました。こうして正面から向き合ってくださる姿をみて、ここなら成長できると思って、ユアマイスターでインターンをすることに決めました。

また、就職活動を控えた上で、自分に合った仕事を見つけたいと思っていました。そこでまずは文系就職なら一度はやるであろう営業をやってみたいと思い、ユアマイスターの営業インターンに参加しました。


Q2. ユアマイスターに入ってどんなところが成長したと思いますか?

大人と話す時、物怖じしなくなりました。

僕が行ってきたユアマイスターでの営業の仕事は、新規パートナーさん(「あなたのマイスター」に登録されている業者さん)の開拓営業と既存パートナーさんのサポートでした。
どちらの仕事も「大人」の方相手だったのですが、最初はどうしても大人と話すということに対して引け目を感じてしまっていたんです。でも、仕事の中でパートナーさんと頻繁に話すようになったり、自分自身で商談をすることもあったりしたので、だんだん慣れていきました。
自然と大人と話すことが当たり前になり、今では対等な関係で話すことができるようになったと思います。

Q3. ユアマイスターでの印象深いエピソードを教えてください!

2019年10月の営業目標をチームとしても個人としても達成できたことです。

その月の目標は、当時の自分には達成できないだろう、と思うほど高く設定されていたのですが、その目標を達成するために日々のアクションKPIを設定して、進捗管理をしていきました。
でも、その月の営業最終日にはまだ大幅な未達状況だったんです。それでも、チーム全員が「絶対に達成する」と信じていたし、周りの影響もあって普段信じることが少ない自分も、「絶対にいける!」と思い営業を進めることができました。そのおかげで、本当に目標を達成することができました。信じる力が大事なんだなと実感しました。


Q4. これから先の目標は?

これからは、不動産の仲介プラットフォームで、広告を出稿しているお店のサポートをします。まずは3年間就職先の会社で頑張ることしか考えていませんが、3年以内に年間MVPをとるつもりです!

Q3で答えてくれた目標を達成できた月は、オフィスも大盛り上がりでした!
サポートチームのチーム力を強く感じた月でしたね、素敵です。

きっとユアマイスターで大活躍した岡田くんなら4月からの就職先でも目標を達成してくれるでしょう。
岡田くんありがとうございました!

ユアマイスター株式会社's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more