This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

2019年ホワイトプラスは「進」むことを恐れない。気づいたらすぐ行動し、心遣いで仲間を笑顔にし、のびしろで戦っていく。

こんにちは。お久しぶりです、ホワイトプラス採用担当の高見です。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、新年になったということで、
2019年1月18日(金)に、ホワイトプラスの新年会を実施いたしました。

新年会は、1部と2部に分かれ、1部では
①2018年振り返り
②2019年方針発表、全社目標
③2019年スローガン発表
④表彰式(Value Awards 2018下半期)

2部では
⑤書道パフォーマンス
⑥懇親会
⑦各チーム抱負発表
を実施し、大変盛り上がった新年会となりました。今回はその様子を皆さんにお届けいたします。

(司会は2018年の9周年創業パーティーに続き、マーケティンググループの田中さんと伊藤さんです)

①2018年振り返り/2018年は事業も組織も土台固めの年

さて、まずは代表の井下さんから、2018年の振り返りについて発表がありました。



2018年は、組織としては社員の皆の行動指針であるバリューが出来上がり、Uniposやwevoxやカオナビを導入し、各部門、各グループ、過去最高の強い組織となりました。加えて管理部門の体制も強くなり、様々な対応ができるようになりました。

一方で事業としては、創業時からの念願だった「今日出したら、仕上がったものが明日には届く」という短納期クリーニングが実現できました。それ以外にもクリーニング自体の品質やお客様対応の品質も着実に向上してきました。

強い組織作りと、事業面では利便性と品質。ホワイトプラスの「新しい日常を創る」というビジョンに向けて、2018年はこの土台作りができた1年でした。

②2019年方針発表、全社目標/2019年は成長スピードの変革を起こす年

続いて、2019年の方針発表、全社目標についての発表です。

”ひとりひとりの価値創造力を高め、生産性の高い圧倒的に強い会社へ”

そもそも私たちが目指している会社はどんな会社か?

それは、「新しい日常を創る」会社。

ただ儲けるためだけに仕事をするのではなく、世の中に対して新しい付加価値を提供するために仕事をする会社。一人ひとりが、価値をつくることに本気になれて、情熱と能力を発揮できて、そういう人が集まって、堅い協力の精神のもとに、成果を発揮し続けられたら、どれだけ楽しいだろうかって。

会社全体だけでなく、一人一人の価値創造力が、圧倒的に高い会社をつくりたい。ホワイトプラスの社員はすごいねって言われる会社になりたい。そのためには、2019年からは一人一人の生産性が高い会社を目指したい。今まで以上に1人1人が生産性を追い求めていって強くなってほしい。今年は一人ひとり、そして各部門、どうすれば生産性を高められるのか問い続けて実行してほしい。その結果、同じ時間でできることが増えて個人も事業も成長し、また新しいことができるようになっていく。

そして、世の中に新しい価値を創り出して、より素晴しい体験をお客様にしていただくことで、お客様の生活にゆとりと豊かさを提供する、新しい日常を創っていける会社になれると思っています。

③2019年スローガン発表/2019年のスローガンは「進」

そんな未来を創っていくために、今年のスローガンは「進」です。
この「進」には、前進、進化、革新(進)の意味が込められています。



2019年は前に進むために、とにかく挑戦と進化が必要。
挑戦には不確実性の高い案件も進める必要がある。
上手くいけば、大躍進、ではうまくいかなければ進まないのか、
否、やったからこそ見える未来がある。
結果をもとにまた前に向かって未来を進む。

だからこそ、「進」を選び、進むことを恐れない1年にしたいと。
そして一人ひとりの価値創造力を高めて、生産性の高い圧倒的に強い会社になること。
自分自身を、そして仕事の進め方を進化、革新(進)していってほしい。
そんな願いを込めて。

④表彰式/「新しい日常を創る」ために会社として大切にしたい価値観=Valueとは。

ホワイトプラスでは2018年6月に3つのValueができました。
・「のびしろで戦う〜White Space」
・「心遣いで仲間を笑顔にする〜All Happy〜」
・「気づいたらすぐ行動〜From You〜」

Value策定の検討開始をしたのは2017年10月。全社員でワークショップをしたりして、策定するまでになんと8か月もの期間をかけて、漏れがないかどうか被りがないかどうかを確認しながら、丁寧に作成しました。このあたりについては、また機会をあらためて書けたらと思います。バリューの策定後、バリューTシャツも製作しました。

(White Plusが大切にしたい価値観=White Plus's Value)

(いくつかのデザインから最終的に決定し、出来上がったバリューTシャツ)


2018年7月の9周年創業記念パーティーでValue Awards Vol.0をスタート。
今回は2回目の表彰となりました。Value Awardsは「のびしろで戦う〜White Space〜」「心遣いで仲間を笑顔にする〜All Happy〜」「気づいたらすぐ行動〜From You〜」の3つのバリューごとに表彰されます。


目標設定内の半期バリュー行動の振り返り内容やUniposの投稿された数、グループマネージャーやプロダクトオーナーからの推薦をもとに、経営陣での検討によって決められました。

「のびしろで戦う〜White Space~」部門では、「社内でも誰もやったことのない未知なる挑戦に、社内および社外の人を巻き込みながら、果敢に挑んだ姿勢と行動」を称して、プロダクトグループの前原さんが受賞。

「心遣いで仲間を笑顔にする〜All Happy~」部門では、「従来のブランドコンセプトと、新しいユーザーインサイトやペルソナの概念を組み合わせたイメージを、経営陣の意図を汲む形でUSER MIND STEPとして巧みにまとめあげたり、採用活動のフォロー・メンバーサポート・社内イベントへの積極的な関わりなど、上司やリーダーの意図を汲み取り具現化し、部署や役割とは関係なく仲間を助け、周りに良い影響を与えた行動」を称して、デザイングループの野末さんが受賞。

「気づいたらすぐ行動〜From You~」部門では、「過去の失敗から学び、1年越しでリベンジを果たすために、圧倒的な当事者意識を持ち、自発的な行動をし、最後までやり抜く姿勢」を称して、リネット保管チームの上田さんが受賞。

また今回は、全てのバリュー表彰候補としてノミネートされたとして、CSグループの角田さんが特別賞を受賞。表彰者の4名には井下さんからバリュー行動体現エピソードが書かれた手紙を読み上げたのち、トロフィーが授与されました。受賞者のみなさん、おめでとうございました!


(表彰者に向けて代表からのコメント読み上げ場面)


(表彰者3名と井下さん)


(特別賞の角田さんはリモートで参加し、特別賞を受賞という珍しい構図になりました笑)


⑤書道パフォーマンス/旧来の固定概念や枠をはみ出し、創造、成長する姿を描く。

第一部のかしこまった雰囲気とは一変して、第二部の懇親会はカジュアルな会となりました。

(第二部の司会はCSの石坂さんとエンジニアの大塚さん)


乾杯に行く前に、ここでようやくTOP画にもあるように、書道家の小川啓華さんに登場していただきました!

小川啓華さんプロフィール
16歳で師範免許を取得。24歳で埼玉スーパーアリーナ内で書道教室を開講する。その後、広尾に和敬書道院を開講。2008年には映画 『天地明察』(岡田准一、宮崎あおい出演)の題字制作を始め、ドラマ『ソドムの林檎』(寺島しのぶ主演)の題字、Dr.コパ監修『結美』(NATURAL LAWSON)や日本酒『海女』『酒魂』(宮崎酒造)のラベル、Wired TOKYOの看板など、多くの作品を手掛ける。メディアにも多数出演。雑誌でも数多く取り上げられる。フランスをはじめ、日本各地で書のパフォーマンスを行い、国内外で活躍している。

お打ち合わせのときとは違って衣装に着替え、凛とした佇まいで登場された啓華さんの姿を見て、会場も息を飲みました。準備が整うと、音楽に合わせて書道パフォーマンスが始まります。


とても力強くも字のバランスや配置などを繊細に調整し、完成した書がこちら。
第一部で発表した2019年今年のスローガンである「進」を書いていただきました。
前進、進化、革新(進)のイメージでとのオーダーに対して、「進」むことで旧来の固定概念や枠をはみ出し、創造、成長する姿をイメージして書いていただきました。また写真では見えないですが、所々に金色で模様付けや装飾もしていただき、商売繁盛の願いも込めていただきました。こちらの書は表具していただき、後日オフィスに飾る予定です。小川啓華さん、素敵な書をありがとうございました!

⑥懇親会/盛り上がりを見せた懇親会に潜入。

素晴らしい書道パフォーマンスが終わり、乾杯へ。
乾杯の挨拶はリネット衣類のプロダクトオーナーの安藤さんがしてくれました。
その後は歓談の時間。歓談の様子を写真でお届けします。


(誰だ、こんなシュールな構図で撮ったのは・・・笑)


⑦各チーム抱負発表/シャッフルされたチームごとに2019年の意気込みを語る。

運営側であらかじめいくつかのチームに分け、チームごとに今年の抱負を考えていただき、その抱負を書道家の小川さんが色紙に書いてくださいました。



全部は紹介しきれないので、今回は新卒若手チームと経営陣チームの抱負を紹介します。

*新卒若手チーム*
今年の抱負は「一進同体」です。

一心同体
心も体も一つの人間であるかのように、強い絆を持っていること。

全社スローガンの「進」を入れたいと思い、一心同体の心を「進」に変え、書いていただいたようです。年々採用強化している、新卒メンバーが互いを励まし、切磋琢磨しながら、強い絆を持ち、ホワイトプラスの中心メンバーとなり、顔になることを願っています!

(新卒若手チームの今年の抱負について語る内定者の飯塚くん

(新卒若手チームで「一進同体」を持って記念撮影)


*経営陣チーム*
今年の抱負は「躍進」です。こちらも全社スローガンの「進」を入れています。

躍進
めざましい勢いで進出すること。飛躍的に進歩、発展すること。

まさに前進・進化・革新(進)を表す「進」の2019年スローガンを、社内に呼びかけ、浸透させ、実現させ、個人も会社も成長していこうという姿勢がうかがえます。

(書道家の小川さんに書いていただいた「躍進」)

(経営陣チームの抱負を説明する取締役の斎藤さん)

(経営陣チームで「躍進」を持って記念撮影)


2019年。更なる前進、進化、革新(進)をするために、私たちは新しい仲間を探しています。

2018年の振り返りから始まり、2019年の方針発表、全社目標、スローガン発表、そしてValue Awardsの表彰式。第二部では書道パフォーマンスやシャッフルチームでの2019年の抱負発表など、盛り上がりを見せた新年会。土台を作った2018年、その土台をもとに前進、進化、革新(進)を実現し、個人も会社もさらなる成長に向けた2019年がスタートしました。

更なる成長のためには組織をより強くしていかなければいけないと考えており、いっしょに事業創りと組織創りをしたいと思っていただける新しい仲間を探しています。よろしければ気軽にオンライン面談でお話しましょう。いつでもお待ちしております。最後になりましたが、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


ちなみに会場は弊社社員の元職場の株式会社エスクリさんのロザンジュイア広尾迎賓館にお世話になりました。(エントランスからオシャレでした)

ホワイトプラスがどんな会社か気になった方はこちらのまとめ記事をご覧ください。


株式会社ホワイトプラス's job postings
20 Likes
20 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more