1
/
5

『消滅都市』『アナザーエデン』を手がけたWFS、新代表・柳原が話すチームのビジョン

私たちWright Flyer Studios(以下、WFS)は、2014年2月に設立されたスマホ向けアプリを開発するコンテンツスタジオです。 代表作には、全世界で900万ダウンロードを記録したドラマアクションRPG『消滅都市』や、シングルプレイRPG『アナザーエデン 時空を越える猫』があり、設立以来、約20タイトルのモバイル向けゲームをリリースしています。 設立後はIPタイトルも手がけており、2017年には『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 〜メモリア・フレーゼ〜』を開発。 私たちWFSは2021年10月に役員人事を行ない、新体制で事業に取り組もうとしています。今回は代表に就任したばかりの柳原陽太にWFSのビジョンやカルチャーをインタビューしました。

>>続きを読む

>>積極採用中!同じ飛行機に乗ってくれる仲間を募集しています。

株式会社WFS's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more