This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

What we do

総会員数170万人以上のスマホアプリ「Powl(ポール)」
モバイルに特化したサービスを展開
「心地よいモバイル体験を届ける」という企業理念のもと チャット型アンケートアプリを軸にリサーチ・広告事業を展開中。 チャットボットの活用や運営の見える化により 無機質で人間味がなく冷たいと感じる インターネットサービスの課題を解消する。 体温を感じるwebサービスを提供することで 世の中のモバイル体験を向上させることを目指しています。 「Powl」はBtoC向けのモバイルに特化したアンケートアプリ。 チャットボットを活用することにより、 従来ではまとまった時間が必要であり手間の掛かったアンケートが、 スキマ時間で簡単に回答可能になります。 スマホ移行の遅れによりリーチできなかった層へのリサーチや、 チャットボットを利用した新しい広告商材を提供。 アプリのインフィード広告収益に加えて、 チャット型広告とリサーチの案件を流通させて、収益を上げています。 チャットボットを利用した会員が運営に雑談や悩み相談が可能なお問い合わせ、 会話調のアンケート配信などを行っています。 インターネットサービスは運営者の顔が見えないため、 どうしても無機質で人間味がなく冷たいという課題があります。 チャットボットの活用や運営の見える化により、 今まで重要視されてこなかった、温かみのあるサービス提供が可能になりました。 加えて、非金銭的報酬を軸にしたサービス運用により、 実現難易度の高いネットサービスにおけるユーザとの信頼を築き上げ、 心地よいモバイル体験を提供しています。 TesTeeのミッションは「人の時間価値を高める」 Powlはスキマ時間を価値化し、心地よいモバイル体験を提供することで個人の時間を高めるプロダクト。 TesTeeは金銭・非金銭報酬の提供により、 心地よいモバイル体験を届け、人の時間価値を高める手段となれる事業を作り続けます。

Why we do

インターネットに接続するデバイスがPCからスマートフォンに移行する中で、スマホ最適化されていないという理由でユーザー体験を損ねたり、マーケティング活動が十分に行えていない領域があります。 テスティーではスマホ移行の進んでいないリサーチ領域に注目し、チャットのインターフェースを用いてマーケティングを最適化していくというアプローチをアプリを通じて行っています。 また、デジタルマーケティング領域では「ユーザー属性のリッチ化」をテーマに、アンケートデータを中心としたユーザーインサイトを提供しています。 もちろん、リサーチ結果は個人を表す全てではありませんが、そこにWeb上の行動履歴やアドテクノロジー分野を掛け合わせることでよりユーザー属性に沿った情報や広告の提供を目指すデジタルマーケティング分野に挑戦しています。

How we do

全社員での定例会(通称:締め会)
フリースペースを利用したランチコミュニケーション
テスティーの掲げるミッションは"人の時間価値を高める"です。 これはユーザーやクライアントだけでなく、共に働くメンバーに対しても同様の思いを持っています。 ともに仕事を行う上で、自分の人生をよくするために会社を使ってほしい。 会社の歯車になるのではなく、会社を人生の歯車として使ってほしいと考えています。 また、1日の多くを仕事に使う中で、環境が何よりも大事であると考え、 人(誰と働くか)>金(収益性)>事業内容(何をしているか)という優先順位で運営をしています。特にコミュニケーションに重きを置いているため、週次の1on1、ご飯会、締め会などを実施しています。 共に働くメンバーとして、互いに学びの場となるような制度作りを心がけています。