1
/
5

Kotlin Multiplatform Mobile勉強会 Wantedly × チームラボ #1

Kotlin Multiplatform Mobile勉強会をWantedlyさんと共催していきます。

こんにちは、チームラボスマフォアプリチームの新田です。普段はスマートフォンのアプリケーション開発に関わっています。Kotlin Multiplatform Mobile(KMM)がスマホエンジニア界隈で盛り上がってきているのを受け、チームラボでも2020年からKMMを取り組みを始めています。

なぜKMMを導入しているか

チームラボではこれまで様々なプロジェクトでスマートフォン向けのアプリケーションを開発してきました。多くの場合、iOS・Androidの2つのOS向けのアプリケーションを同時に作ります。
そのときにそれぞれをネイティブで開発すると、どれだけ事前にドキュメントを作成したり、認識合わせをしたとしても、仕様差異を0にすることは難しいです。もちろん最終的なリリースまでにテスト等を通して仕様差異を無くしていきますが、iOS・Androidで異なるコードを実装する以上避けられません。
KMMの良い点は iOS・Androidでロジックの部分を1つのコードで共通化して、この問題を避けられることです。また他のクロスプラットフォームツールと比較して、KMMはロジックの共通化までを推奨している点も良いですね。チームラボではFlutterも利用していますが、UIを共通化しない場合はFlutterのメリットが少なく、そのような場合にはKMMの利用が適しているでしょう。

KMMの概要についてはWantedlyの久保出さんが今回発表された内容が参考になります。


KMM勉強会開催

Wantedlyの久保出さんがKMMの記事を投稿されたときに声をかけさせていただいたのがきっかけで、connpassで勉強会を一緒にやることになりました。

KMM勉強会では、チームラボから新田、マルコ、Wantedlyから久保出さん、malvinさんの4人で実施することになりました。

登壇者たち

1. 久保出 雅俊(Wantedly)
Wantedlyでモバイルのリードしてます。KotlinはBetaあたりから触って好きになりました。
https://twitter.com/swiz_ard


2. Malvin Sutanto(Wantedly)
WantedlyでAndroidエンジニアしています。2018年頃からKotlinを使ってAndroidアプリを開発してます。最近KMMやっています。
https://twitter.com/MalvinSutanto


3. 新田 陸(チームラボ)
iOSエンジニアとして働き始めて3年目です。最近KMMを使ったプロジェクトの運用を始めました。
https://github.com/hal1437


4. Marco Valentino(チームラボ)
2019年からチームラボに働き始め、半年のiOS開発と一年半のAndroid開発をしました。2020年からKotlin Multiplatformを利用して開発しています。 https://github.com/gmvalentino8


オンライン勉強会の様子

KMM勉強会ではZoomを用いてオンラインでの開催となりました。各発表者はプレゼンテーションの画面を共有し、チャットは参加者が自由にコメントや質問を書いて良い場としました。


質問はSlidoでの投稿やチャット上での発言、Twitterハッシュタグ #KMM勉強会 で頂いたコメントなどを発表の最後にまとめて質疑応答の時間を設け、まとめて返答する形となりました。

それぞれ共通したテーマで行っているので、一つの質疑応答に対して複数の発表者が回答をできる形はオンラインならではかと思います。