This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

今、卓球が大注目!?職場でも卓球ガールが活躍しています!

最近、卓球日本代表が大活躍をしています。ニュースでよく見かける人も多いのではないでしょうか?

タクティブでは卓球ガールたちが大活躍しています。

今回、入社3年目の天野さんにインタビューを行いました!



―入社してから現在までどのような業務を行っていますか?

2016年に入社し、今年で3年目になります。入社当初はインストラクター業務に専念していました。
2017年4月に川崎店店長に就任させていただき、この春から店長と兼任しまして新卒採用も担当しています。


―どのような就職活動をしていましたか?


私ができること、本当にやりたいことは「卓球」だと気づきタクティブだけに絞った。

就職活動当初は民間企業の説明会にも参加しておりましたが、正直本当に魅力のある会社に出会うことはできませんでした。そんな時、学生時代の先輩のご縁で弊社に出会いました。
自分が本当にやりたい仕事は何かを考えた際に、思い浮かぶのは卓球から得たこと活かすことでした。そして卓球を通して出会えた人は私にとって財産だと思っています。
元々人の役に立つ仕事をしたいという想いがありましたし、大学時代に福祉の勉強をしていたこともあり、タクティブの「卓球で健康増進に貢献する」という理念に、卓球と福祉を学んできた自分が貢献できることがあるのではないかと考えました。


―入社2年目で店長に就任されましたが、店長としてのやりがいはどんなことですか?

店舗のスタッフが成長していく姿や、うまくいったときは自分のことのようにうれしいですね。卓球の実績に限らずスタッフそれぞれに役割がありますし、チームとして仕事をしていくので、店舗としての目標を達成できたときは、現役の時に試合で勝ったときよりもうれしいです!それくらい達成感ややりがいを得られます。
店長として学ぶことはたくさんあります。もちろん責任のある仕事ですし、大変なことも多いですが、タクティブは年齢や性別に関わらず様々な業務に挑戦させていただける会社です!


―普段の業務で大切にしていることは何ですか?

お客様との信頼関係を築いていくいことを意識しています。
私は、レッスンではやはり卓球を教えるといっても人と人との関わりであると思っています。
内面や人間的な部分である、「挨拶」や「感謝する心」、「相手の気持ちを感じとること」は、お客様に対しても一緒に働くスタッフに対しても大切にしていますし、今後も人として大切にしていきたいことですね。




―女性の働く環境についはどう思いますか?

在籍している女性社員がそれぞれの場所で活躍することで、女性が輝いていける環境を作っていきたい。

「結婚・出産の際には、産休、育休はもちろんですが看護休暇などお子さんができてからも働きやすい制度が充実しており、実際に主婦の方も多く働いています。
タクティブは女性が輝いていける会社だと感じております。
私も実際に店長、採用担当を務めさせていただいていますし、その他にも、現場で圧倒的な人気の女性スタッフがいたり、本部スタッフとして会社を裏側からサポートしている女性スタッフもいます。
また、女性のお客様もたくさんいらっしゃいます。女性目線としての意見も重要ですので、男性や女性という枠を越えて、目標に向かって意見を出し合い仕事をしています。


―では最後に、今後の目標を教えて下さい!

「卓球インストラクター」という職業をもっと広めたい!

最近、卓球の露出度が非常に高まってきていると実感しています。
その中でわたしたちが日々目標に向かい、卓球ビジネスという分野で成長していくことでこれから就職される方々の選択肢を広げていきたいです。
現場でのレッスンと採用担当、両方を通して感じることは、卓球をどんなに頑張ってきても成績がないとこの先卓球に関わっていけないのではないかと思われている方が多いと感じます。
卓球を頑張ってきたこと、卓球に対する強い想を生かして活躍できる場を作っていきたいですし、キャリアに関わらず一人一人が輝けるチームワークを作っていきたいですね。
そして今後事業を拡大していっても、何よりお客様の想いに寄り添えるコーチでありたいと思っています。







ーーーーーー

天野さんは卓球の経験を活かし、女性の目線からタクティブを支えています!

タクティブの卓球ガールたちは、強く、たくましく、男性陣にも負けずと活躍しています!(笑)

株式会社タクティブ's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings