1
/
5

デザインとアートを大事にする私が、The Chain MuseumでArtStickerのUX向上と最善なUIを制作することにチャレンジする理由。

アート・コミュニケーションプラットフォーム「ArtSticker(アートスティッカー)」を軸にアートビジネスを展開するスタートアップ「The Chain Museum」に、2024年4月から新たなメンバー「佐藤 宜也(さとう・よしなり)さん」がジョインしました。

これまでのキャリア、The Chain Museumへの入社の決め手や、今後チャレンジしていきたいことなどをインタビューしました。ぜひご覧ください!


■社員プロフィール

佐藤 宜也さん/UI/UX Designer

洋服屋の店員をやりながら趣味で触っていたIllustratorとPhotoshopのスキルをきっかけにWebデザイナーのキャリアをスタート。サービスの立ち上げ、運用、広告クリエイティブ等、Webを通じたデザイン業務を一通り経験。

プライベートでは、グラフィックや絵画制作などに時間を費やすことが多く、公私共にアートに関わる時間をもっと増やしていきたいと考えていた時に、The Chain Museumに出会う。

現在は株式会社The Chain Museumにて「ArtSticker」のUI / UXデザインを担当している。


佐藤宜也さんへの3つの質問〜

Q1:入社前はどんなことをされていましたか?

ベンチャーでのWebデザイン、某有名キャラクターサイトのECサイトディレクション、CyberAgentでの広告メディアのサービスデザインを経て、前職の「株式会社クイック」へ入社。人材事業の会社なのですが、そこで転職サービスのUI / UXデザインに従事しました。ユーザーファーストに本気で向き合っている組織で、ユーザー体験向上を重要視しながら様々なプロジェクトでUI / UXデザイナーとしての経験を積みました。

また、マネジメントの経験もしたことで、デザイナーとしてのキャリアに厚みを出すことができ、ビジネスパーソンとしても成長できたと感じています。

一方、プライベートではアートに向き合う時間を意識的に増やすことをしていて、どんなに仕事が忙しくても、毎日絵を描くことをルーティーンとして課していました。

「趣味が仕事になると嫌いになる」みたいな考え方がありますが、僕の中ではイマイチしっくりこなくて。実際どうなんだろう?という疑問があったため、自分自身で実験してみたんです。やってみて、ずっと好きだったアートを嫌いになったらそれもしょうがないかなとも思っていたのですが、1年半くらい続けていたら、むしろどんどん好きになったのを実感できたことに不思議と嬉しく感じました。今までの自分が嘘じゃなかったんだなと思えて安心したのかもしれません。

この経験から、デザインもアートも僕の中ではすごく大事で、この両軸を磨いていくことが自分の人生をより豊かにしていくことなのだと気づきました。


Q2:入社のきっかけとして、The Chain Museumにどんな魅力を感じてくださったのですか?

入社のきっかけは、The Chain Museumでデザイナーとして活躍している、佐藤綾子さんからのご紹介です。

The Chain Museumとの出会いは、タイミングの良い、不思議なご縁から始まりました。「もっとアートに向き合う時間を増やしていきたい」と感じ始めていた頃に、友人であった佐藤綾子さんとたまたま再会をし、仕事の話を聞かせてもらったんです。そこで、The Chain Museumの「気付きのトリガーを、芸術にも生活にも。」というミッションや、代表である遠山の「アートはビジネスではないが、ビジネスはアートに似ている」という考え方を聞かせてもらい、強く共感したことを覚えています。

また、代表自身がアーティストでもあるということも魅力に感じました。経営者とアーティストの両軸で生きている人のもとで仕事をすることが、僕自身の成長につながると直感的に感じたんです。

当時は、デザイナーという役割を活かして、自分自身は本質的にどういう事業に携わっていきたいのかをちょうど考えていた時期でもあり、そこで辿り着いた答えが「文化貢献」だったんです。これまで培ってきたデザイナーとしての職能を武器に「文化貢献」に関わりたい。それであれば、アートへの貢献に関わりたいという答えに辿り着いたタイミングだったので、The Chain Museumの事業が、まさに関わっていきたい事業だと確信しました。


Q3:今後、The Chain Museumでチャレンジしていきたいことは?

まずは、ArtStickerのUX向上とそれに最善なUIを制作していき、より良いサービスにしていきたいと思っています。ArtStickerをより大きな影響力を持つサービスにしていきたくて、それに貢献している人でありたいです。

もちろん沢山の課題があると思いますが、課題があるということは伸び代があるということなので、脳みそに汗をかきながら諦めずに愚直に向き合い続けていきます。

また、The Chain Museumは「ArtSticker事業」以外にも「Gallery事業」や「Coordination事業」など、リアルでのアートの体験価値を広げる魅力的な事業を運営しています。それらの事業にもデザイナーとして関われるように、活躍できる領域を増やして、様々な接点でアート業界に貢献していけたら嬉しいです。


The Chain Museumでは、Art × Business × Technology の融合に興味を持つメンバーを募集中です!

ご興味のある方は、ぜひ以下よりご応募ください!リモート面談も実施中です

The Chain Museumの募集・採用・求人情報 - Wantedly
The Chain Museumの新卒・中途・インターンの募集が7件あります。気軽に面談して話を聞いてみよう。職種や採用形態からあなたにあった募集を見つけることができます。募集では「どんなことをやるのか」はもちろん、「なぜやるのか」「どうやるのか」や実際に一緒に働くメンバーについて知ることができます。
https://www.wantedly.com/companies/t-c-m/projects


会社紹介資料・採用FAQはこちら

The Chain Museumで働くことにご興味をお持ちの方へ | Corporate
株式会社The Chain Museumへの採用応募にご興味のある方に向けて、「会社紹介資料」と「採用FAQ」を公開しました。「会社紹介資料」は弊社が大切にする価値観・事業・働き方を知っていただ...
https://www.wantedly.com/companies/t-c-m/post_articles/887437



The Chain Museum's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings