1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

What we do

13万以上の事業者が利用している助太刀。アプリ内では職種や居住地を入力するだけで、ユーザーにピッタリあう職人や工事会社が自動でおすすめされるのでカンタンに仕様できます。
BtoBマッチングの助太刀アプリだけではなく、正社員の求人サービスにも事業展開。その他、個人の決済、ECなど建設現場に働くすべての人たちのビジネスを加速させます。
株式会社助太刀は「建設現場を魅力ある職場に。」というミッションを掲げています。 職人さんと工事会社をつなぐマッチング機能を中軸に、資金繰りを支援するペイメントサービス、労災事故に備えた保険サービス、現場で使う工具の修理やレンタル、そしてアプリ内広告など、様々なサービスをプラットフォーム上で提供しています。 建設現場で働くすべての人を支えるアプリを目指して、これからも多くのサービスを展開していきます。 「助太刀をアプリに入れておけば、仕事を依頼されるし、応援も呼べる。仕事に必要な材料、工具は助太刀から頼めばその日のうちに現場に届き、支払いは助太刀カードで。工事代金は助太刀あんしん払いで確実に受け取りができる。」 そんな世界観を目指しています。

Why we do

経営陣は、工事会社の経営者、元インテリジェンス経営企画、大和証券IBD出身など多彩なメンバー。
ファミリーデー。助太刀ではパパママが働きやすい環境を目指しています。
建設業界は国内だけでも500万人が働く超巨大な市場です。 しかし重層下請け構造などの問題によってICT化は遅々として進まず、古い慣習もまだまだ多く残っています。 国を支える重要な産業にも関わらず3K(きつい・汚い・危険)と呼ばれているため、若手の入植者が少なく高齢化もほか産業よりも進行しています。 過去を振り返ると、大手人材系企業の職人向け求人誌などのサービスも存在しましたが、規模を縮小したりサービスを停止するなど今もそのまま継続しているものは少ない状況です。 何重にもわたる下請け構造や、大工にもいくつも種類があるといった何十もの専門的な職種分類、旧来の囲い込みの慣習など多くの根深い課題が原因となり、業界の慣習を打ち破ることはできませんでした。 助太刀はそんな職人さんの課題をテクノロジーの力を使って変えていきます。 300万人以上いると言われる職人さんがよりよくはたらけることを目指して、平等な機会の提供、報酬の向上や品質の向上に貢献すべくサービス提供していきます。

How we do

参加者150人の大規模イベント「助太刀職人新年会2020」を2月に開催。普段、接点のない他職種同士が顔を合わせ、新しい繋がりが生まれました。
日産キャラバンに積み込んだDyDoデミタスコーヒーを助太刀で集めた職人さんが工事現場に届ける。「ドラム缶コーヒープロジェクト」
助太刀は2017年3月、電気工事会社を11年経営した代表の我妻によって設立されました。そのとき抱えていた建設業界の課題をテクノロジーで変えることを目的としています。 ■多彩なメンバー そんな課題を解決していくために様々なバックグラウンドの仲間たちが集まっています。 金融機関、広告代理店、大手商社など大手から転身してきたメンバーがいるかと思えば、起業経験者やスタートアップからのメンバーなど様々です。 意外にも建設業界の出身はごく僅か。ユーザーとの対話を通じて建設現場の課題をインプットし、それぞれが専門性を活かして、ミッションの実現に向けて日々取り組んでいます。 ■自律的に学習していく組織 経営層と距離が近く、アイディアはすぐに相談、実行に移すことができます。 またサービス向上や課題が発生した際は、たとえ担当業務でなくてもメンバーが集まってディスカッション。チーム全体で課題に向き合う姿勢が特徴的です。 ■自由な働き方 助太刀ではフレックスタイム制を採用し、服装も自由にしています。それぞれが生産性を高めながら自律的に働くことを推奨しています。 また、残業は月20時間までを目標に働いています。生産性の向上とオンオフの切り替えを大事にしています。 ■ユニークな福利厚生 ・フリードリンク:オフィスには多数のドリンクをご用意。アルコールも揃っていて就業後は仲間同士でコミュニケーションすることも。 ・ツール:いつも最新のPCを支給。デュアルディスプレイの希望者には全職種支給しています。 ・書籍購入:仕事やスキルアップに必要な書籍は簡単な申請、会社負担で購入します。 ・勉強会参加支援:セミナーや勉強会も就業時間内でも参加OK!会社が全額負担します。 ・シャッフルランチ:部署をまたいだランチは会社がランチ代を負担します。