This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

「スキルシェア」 の今と未来をストアカCEOと語るmeetupを初開催しました!

こんにちは、マーケティング&ブランディング担当の小坂です。

先日、ストアカ初の採用向けmeetupイベントを開催しました。WANTEDLYの「meetup機能」を利用するのも初めて。初めてづくしの中、企画してみての気づきや“まなび”を整理してみました。

「スキルシェア 」ビジネスのリアルを共有したい。

meetup企画の発端は、ひとつのデータでした。それは今後数年で「スキルシェア 」市場はどんどん拡大していくというもの。(詳細はコチラのエントリーをご覧ください)

確かにデータを見る限り、年々市場は拡大していきそうです。しかし一方で、スキルシェア はシェアリングエコノミーという括りの中ではまだ比較的認知されておらず、実際のビジネスの現場で何が起きているのか? なぜ伸びていくのか? といった情報はあまり出回っていないように感じています。

そこで、ストアカのサービスで起きていることを紹介しつつ、「スキルシェア 」の現在そして未来の展望についてお話し、意見交換をする機会を設けることにしました。

応募者数にビックリ!関心の高さが明白に。

ストアカには採用担当者がいないため、企画の発起人となった私がWANTEDLYでイベントを作成しました。自分で企画したものの、実際のところエントリーが来るのか…?という不安に苛まれ、社内には「応募が来ないかもなので、その時はフェイドアウトします!」と逃げの布石を打ったほどです。

しかし蓋を開けてみれば、8名の枠になんと46名ものエントリーが!

もちろん無料イベントなので限りなく参加ハードルが低いのもあるとは思いますが、とはいえ無名ベンチャーのmeetupにこれだけの応募が来るとは…

世の中的な(特にビジネス界隈における)スキルシェア 市場への関心の高さがうかがえたのと同時に、「これはちゃんとやらないとアカンやつや…」と気が引き締まる思いでした。

質問と意見交換の応酬が絶えない、活気あるイベントに。

当日はCEO藤本による講演ではじまりました。キーワードとしては、「検索で簡単に知識を得られる時代に、なぜお金を払ってリアルなまなびが利用されるのか?」というもの。

スキルシェアサービスにも色々な種類がありますが、ストアカでは対面でのまなびによる、人と人のインスピレーションが人生を豊かにするものと捉えています。そのため、マッチングはオンラインですが、実際にはオフラインで会ってまなぶ仕組みになっています。

藤本の話の中でも、実際の先生ユーザー、生徒ユーザーそれぞれの実際の事例から、リアルなまなびを魅力に感じる理由を紐解きました。講演後には参加者からいくつも質問が寄せられました。

その後、ストアカの各職種の社員も交えて交流会へ。恵比寿の地酒?であるビールを飲みつつカジュアルな雰囲気の中、時には社員への鋭い質問も飛び交いつつ。もう少し緩い会になるかなという予想を裏切り(良い意味で)、皆さんからも率直なご意見もいただきました。

「もっと詳しい話が聞きたい」「ストアカに遊びに来たい」という声も。

後日談として。参加された方々より、スキルシェア市場・業界についてもっと知りたい、意見交換をしたい!という声や、「ストアカにも興味を持った」といううれしい反応もいただきました。

今回のイベントの反響もあり、次回のmeetupも仕込んでいこうかと考えています!まだテーマも時期も未定ですがお楽しみに!

ストリートアカデミー株式会社's job postings
Anonymous
3b1862c2 6002 4561 9865 3ce05520969a?1550042012
23321cba 9d15 43b1 8640 eeab9b5b97eb?1510128661
Picture?height=40&width=40
19400163 1426226864109862 1170322619946814570 n
Picture?1522984997
7 Likes
Anonymous
3b1862c2 6002 4561 9865 3ce05520969a?1550042012
23321cba 9d15 43b1 8640 eeab9b5b97eb?1510128661
Picture?height=40&width=40
19400163 1426226864109862 1170322619946814570 n
Picture?1522984997
7 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon