1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

自分の人生がもっと楽しくなる。語学コンサルタントの仕事【社員インタビュー:加納暁】

社員紹介

SATORU KANO

自由が丘校 コンサルタント。高校時代にイギリスへ留学。大学を卒業後、大学院で英文学を専攻し、留学会社で勤務。併設する日本語学校にて日本語教育に携わる。
スパルタ英会話に入社し、2店舗目自由が丘校のマネージャーとして活躍中。

全員が英語への情熱を持っています

ー入社理由を教えて下さい。

スパルタ英会話を選んだ理由は、ここで働いている「人」に惹かれたからです。スパルタ英会話には、本当に様々なバックグラウンドを持ったコンサルタント・講師がいます。

それぞれが非常に個性的で、良い意味で普通ではない人達。全員が、英語を教えることに真剣で、深い情熱を持っています。この人たちと一緒に働いて夢を共有したいと思ったので、スパルタ英会話を選びました。

ー英語を使った仕事を選んだきっかけは?

海外留学を目指す高校生たちに自分の経験を踏まえて英語を教えたのが、英語を人に教える仕事がしたいと思い始めた最初のきっかけです。

私自身、高校時代にイギリスに留学したことでとてもいい経験ができました。そのため、海外に行きたいと思っている人たちの手助けをしたいと思い、大学卒業後はアクティビティーコーディネーターとして留学会社で外国人の生徒たちに日本の滞在を満喫してもらうイベントを企画していました。

そういった経験の中で、英語を話せるといかに自分の世界を広げ、世界と繋がることができるのかを再認識し、一人でも多くの方に伝えたいと思い、現在スパルタ英会話で働いています。

ー転職を考えたきっかけは?

外国人の生徒たちに日本語を教えたり、日本を楽しんでもらうイベントを企画する仕事もとても楽しんでいましたが、この楽しさは「自分が英語が話せるからこそ」だと感じていました。外国人とコミュニケーションを取ることの楽しさを感じる一方で、もっと多くの日本の人にも英語を話せることの楽しさや素晴らしさを感じてもらいたいと思ったのがきっかけです。

ー英語を教えることへ情熱を持ったきっかけを教えてください。

大学生の頃に、留学を控えた高校生たちに英会話を教えるアルバイトをしていたのですが、それが一番のきっかけです。

自分から留学に行く子、親に行かされる子、英語が好きな子嫌いな子など、様々な生徒がいました。自分が教えることで彼らの後押しになって、英語を好きになってくれるきっかけを作れたことは、今の自分の英語への情熱に確実に繋がっていると思います。

変化と喜びを間近で見られる、語学コンサルタントの仕事

ーやりがいを感じるのはいつですか?

生徒様が見違えるように英語を話せるようになりその喜びを共有したとき、心から喜びを感じます。

日本人が英会話を苦手としている主な理由は、「ミスをするのが怖い」という抵抗感や、恥ずかしさです。学校でも英語を勉強してきたはずなのに、実際に話す機会がないためにそこの殻を破るのがとても難しく感じてしまうんです。

スパルタ英会話の生徒様の中には、長年のトラウマのように英語に苦手意識を持っていて「英語はあまり好きじゃない」とおっしゃる方もいます。そういった方の悩みを解消し、恐怖心なく話せるようになるまでサポートするのがコンサルタントの仕事です。

ーコンサルティングの際に気をつけていることはなんですか?

自分の考えを押し付けないことですね。個人的には教えることが大好きで情熱を持ちすぎて、どうしても自分の意見を伝えそうになってしまいますが、人それぞれ合った勉強方法は異なります。しっかりと生徒様の話を聞いて、その上でその方に合った学習方法を提案するよう心がけています。

ーお客様の成長を感じる瞬間は?

英会話初心者の方がレッスンに参加して積極的に発言されているのを見ると、成長を感じます。特に変化を感じるのは、最初はなかなかレッスンに積極的に参加できなかった方が、勇気を出して最初の一歩を踏み出したとき。

一度その殻を破ってしまえば、すごいスピードで英会話力が上がっていきます。悩みを解消して「そういうことだったのか!」と笑顔になってもらえたときは、本当に嬉しいです。

みなさんに英語を好きになって欲しい、という気持ちが強くあるため、生徒様が英語学習に積極的になり、「英語って楽しいですね!」と言ってもらえたときが一番のやりがいですね。

マネージャーとなって広がった視野

ー入社してから、どんな経験をされましたか?

コンサルタントとしての生徒様への英語学習指導はもちろんのこと、学習コンテンツ作成なども経験しました。自分のアイディアがダイレクトに生徒様の英語力向上に結びついているのを見るのはとても嬉しかったですね。

マネージャーという仕事を任されてからは、対生徒様だけではなく、より店舗全体を見ることが求められるようになりました。

それまではとにかく自分のコンサルタントとしての質を高めることに尽力していましたが、スクール全体のクオリティーをどのように上げていくかと、広い視野を持って考えるようになれたのは非常にいい経験です。

新店舗の立ち上げから運営まで

ー自由が丘校マネージャーとして抜擢された理由はなんだと思いますか?

今までにマネージャー業という業務に携わったことがなかったのですが、仕事の領域を広げるために興味があるということは少し公言していました。経営陣が、そんな私の気持ちを尊重してくれたのが一番の理由だと思います。

ー2店舗目である自由が丘校は、どんな生徒様が多いですか?

自由が丘校は1店舗目の新宿校と違って、ビジネスパーソンが少ない印象です。その代わり、主婦の方やフリーランスの方が多いですね。

ですので、レッスンも夜よりも意外と昼間の時間帯のほうが混むこともあります。仕事のために英語を学びたいという方ももちろんいらっしゃるのですが、自分を高めたい、旅行を楽しみたいなど、自分の人生をより楽しむために英語を学習したいという方が多いと思います。

ー立ち上げに当たって苦労したことは?

とにかく何もない状態から始めたので、まず内装から考えなくてはいけませんでした。最初の1ヶ月はほぼ空間デザイナーのような状態でしたね。どうしたら生徒様にとって居心地の良い空間を作れるのかということを一番に考えていました。

もちろん生徒様の層も他校とは違うので、そういったところを考慮した上で色々なことを考えるのは、楽しくもあり苦労もしたところです。

そうして手間を掛けたぶんだけ、今の店舗と働く仲間にとても愛着があります。今後も英語を通して一人でも多くの生徒様の夢を叶える場として最高の状態を作っていきたいですね。

株式会社スパルタ英会話's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more