1
/
5

What we do

ひっくり返すだけで使えるIoTデバイス『FlipCast』
Scirocco Cloudでは多くのAndroid端末を利用できます
「想像力 × テクノロジーで世界にイノベーションを」 ソニックスは、モバイルとIoTで先進的なサービスを展開するテクノロジーカンパニーです。 お客様のアイディアを企画に落とし、モック版の製作、動作確認などの全工程において、極めて早いスピードでPDCAを回してプロトタイプを作成します。 今や世界企業となった日本の自動車メーカーや家電の先達たちのように、私たちは、ソフトウェアと情報通信分野で活躍するグローバル企業を目指しています。 ■「Mobile×IoT」 現在は、IoT分野に本格的に参入し、モバイルとソフトウェア・ハードウェア両面の先進技術(ウェアラブルデバイス、VR/AR、ドローン、全天球カメラ等)を組み合わせ、各業界のリーディングカンパニーをはじめとする多くの企業様の業務をスマート化するMobileを掛け合わせたIoT事業に注力しています。 ■「Scirocco Cloud」 2012年1月に発表し、すでに1800社以上のお客様にご利用いただいている国内およびアジア初となる、クラウドベースのモバイルテストプラットフォーム「Scirocco Cloud(シロッコクラウド)」(特許取得)。 モバイル(スマホ・タブレット)推進に当たって企業の課題の一つであるアプリやモバイルサイトの検証作業。多くのスマホ実機を揃えたり、人海戦術でテストをするという課題に応えるソリューションがありませんでした。 Scirocco Cloudでは、300台以上のスマホ実機がクラウド(データセンター)に設置され、いつでも遠隔でテストができるとともに、強力な「自動テスト機能」によって、これまで人海戦術で実施していたテストをコンピュータが最大50台同時に早く正確にテストを実施します。 http://www.scirocco-cloud.com/ ■「FlipCast」 2017年3月23日リリース。 FlipCastは、太陽光を利用するエナジーハーベスト(環境発電)技術を使った汎用型IoTデバイスで、人の意思を伝えるという作業に新たなユーザ体験を提供します。 デバイスをひっくり返すだけで、オン/オフ、必要/不要、在席/不在(外出中)などの情報を、ほぼリアルタイムで伝達します。 また、太陽光を利用し、BLE(Bluetooth Low Energy)や省電力のセンサーを活用することで、IoTデバイスにおける保守性の問題(特に電池交換)を解決させました。 FlipCastは自由なデザインが可能で、尚且つ3軸加速度センサーを採用しているため、360度傾きに対応することができるので表裏だけでない多相ステータスのデバイスも想定されます。 https://www.flipcast.jp/ <受賞> 『Red Herring Global 100 Winner』を受賞。 ※この賞は、創業期のGoogle、Yahoo、ebay、Salesforce.comなどが受賞した、世界の革新的なベンチャー企業に贈られる賞です。 他にも多数の賞を受賞しています。

Why we do

「Red Herring Global Top 100 Winner」をはじめ、多くの賞を受賞しています
ウェアラブルを用いた開発も日常風景の一部
2015年に入りアメリカ、日本を含む10ヵ国ですでにモバイルからのGoogle検索数がPCからの検索数を上回るように、『モバイルファースト』が当たり前の時代に移行してきました。企業が顧客を獲得し生き残るためには、モバイルから目を背けることはできなくなってきました。 ソニックスでは、2013年2月に、国内初となるモバイルプロジェクト推進の指針「モバイルファースト開発ガイドライン」を発表し、多くの企業のモバイル推進の標準化(ガイドライン化)にいち早く貢献してきました。 ”企業の「モバイル推進」を強力にサポートし、企業の"モバイル戦略”を成功に導くサポーターでありたい。” 特に「モバイル先進国」かつ「コンテンツ大国」である日本企業の“モバイル推進のスピード・品質”を押し上げることには強い使命感を持っています。 こと“品質”に掛ける要望・要求レベルは日本企業が世界でもダントツトップだと思っています。これからのモバイルファースト時代に、その“日本企業”のレベルの高い要求にソニックスは確かな技術力と斬新なアイデアで応えることができると確信しています。

How we do

緑が多く清潔感のあるオフィス
モバイルWebVRなど、最新技術が大好きな社員ばかり
「創意工夫」の繰り返し。 ソニックスでは、事業・サービスを創造するうえで、いくつかの特徴的なビジネスモデルフレームワークとオペレーション施策があります。 〇ビジネスモデルフレームワーク 「グローバルマーケット」×「局地戦(ニッチ)」×「No1戦略」  ※自社サービスは、基本このフレームに当てはまるもののみ取り組みます。アジア圏1位、または欧米含めたグローバル1位を目指してチャレンジします。  ※また、自社サービスは「スケーラビリティ(拡張性)」を追及できる事業を中心に取り組んでいます。 〇コンセプト 「Idea」×「Technology」⇒「Innovation」  ※時にシンプル、時に斬新なアイデアと、それを可能にする一流のテクノロジーがあれば、思ったアイデアを形にでき、新しい価値を創造・提案することが可能です。 〇オペレーション施策 「Lean方式での開発」+「部門横断型コミュニケーション」 〇ビジネスドメイン 「Mobile」×「Web(Technology)」×「Cloud(Scalability)」 ソニックスにはクリエイティブな社員が多く在籍しています。それぞれの長所やアイデアを尊重し、年齢や役職、部門に関係なく意見を交わせる環境のなかでコミュニケーションを非常に重要視しています。そうした、横断的なコミュニケーションの中で生まれる新たなアイデアがソニックスの新規事業立ち上げの要因にもなっています。