1
/
5

【新卒から役員へインタビュー】インターンから新卒内定。取締役に私の合格理由を聞いてみた!

こんにちは!サイトエンジン ライターの満永です。

弊社は大学生のインターンを受け入れています。インターン生の中で優秀な方には、そのまま新卒採用の内定を出し、入社していただくことがあります。

この度、熊本オフィスの倉田さんが、インターンからの新卒入社第1号となりました。おめでとうございます!

そんな倉田さんが、上司である橋本COO(以下、橋本)に自身の合格理由をインタビューしました。その模様をお届けします。


サイトエンジンがインターンを受け入れる理由

若い感覚を取り入れたい

倉田:
インターン生には、どんなことを期待されているのですか?

橋本:
馬車馬のように働く!…というのは冗談で(笑)

インターン生に期待していることは、一つは若い子の感覚。

あとは、将来的に一緒に仕事していけたらいいなっていうところ。インターンは、いろんな社会人と特別なつながりを作るのにいい制度だと思っています。

ビジネスは「人と人とのつながり」が重要

橋本:
結局ビジネスって人と人とのつながりなんです。

まだ社会経験の少ないインターン生であっても、才能や能力のある人とは、できるだけ早い段階からコミュニケーションをとっておきたいと思っています。そうすることで、いろんな業界につながりを作れるから。

必ずしもサイトエンジンに入社してもらわなくても、どこかのタイミングでまた一緒に仕事できたらいいなと思っています。

内定の決め手

倉田さんの第一印象について

倉田:
私が最初に応募したときに、どんな印象を持ちましたか?

橋本:
真面目そうで、素直な子だなという印象でした。

倉田:
私を正社員として採用していただいた決め手は、どんなことでしょうか?

橋本:
ポイントは素直さです。素直さというのは後から身に着けることはできない要素なので、すごく大事なんですよ。ご両親の教育が良かったんだと思います。

倉田:
ありがとうございます(笑)


教育では変えられない元々の資質が重要

橋本:
今、専門家の協力の下、人材の適性や才能の見極めについて方法をいろいろ考えているところです。

プレスリリース 職種適正チェックテストを公開

その中で行った職業適性に関するアンケート調査で、「教育で伸びる部分よりも、素直さなど、元々の資質の部分が重要だ」ということが分かりました。

「やってみよう」という感覚を持てる人は貴重な存在

橋本:
大学生のうちから「自分でアフィリエイトやって稼いでます」とか、「○○がやりたいです」という子は結構たくさんいるけれど、会社から「これをやってほしい」と言われたときに、「やります」「やってみます」って言ってくれる子は少ないんです。

どんなことでも「やってみよう」と思えたり、「自分と視点が違う人の意見を取り入れてみよう」と思えたりするのは重要な資質だと思います。

メンバーと仲良くできるコミュニケーション能力を評価した

倉田:
インターン時代の働きぶりで、どのようなところを評価していただけましたか。

橋本:
コミュニケーション能力かな。メンターの濱田さんや他のみんなと仲良くやっていくための気配りができていて、雰囲気を良くしてくれていると思います。

意識が人に向く人は、いいアウトプットを出せる

橋本:
意識が人に向くっていうのは重要です。

何か仕事に取り掛かるときに、その仕事がどういう価値を発生させて、人にどういう影響を及ぼすかを意識することで、いいアウトプットが出せます。例えば次の人が読みやすいようにとか、いらないところを削除しておくとか。

意識が人に向く人、すなわち、コミュニケーション能力のある人は、「作業」ではなく「仕事」ができる人だと思います。

橋本COOからのアドバイス

インターンと正社員の働く姿勢の違い

倉田:
インターンから正社員になるにあたって、気持ちの切り替え方や、働き方の姿勢など、アドバイスをお願いします。

橋本:
チームや会社、他のスタッフの手元に、できるだけ多く資産として残るような仕事をしてほしいな。

インターン時代は、誰かに依頼されたことを即物的にアウトプットとして出して終わり、ということが多かったと思うけれど、今後は、自分たちが会社組織を大きくしていく、形を整えていくということを意識しながら仕事をしていってほしいと思います。

新しいことを始める際の注意点

倉田:
今、ディレクター業務を覚えていっているところですが、新しいことに取り組む時に大事なことはありますか?

橋本:
新しいことを始める上で発生する、「いやだなぁ」という気持ちを、できるだけ抑えるように意識すること。
新しいことをやる、ということは、ワクワクすることばかりじゃなくて、しんどいこともあるから、誰しも心理的な抵抗があると思います。

だけど、実際それをやるかどうかで大きな差がつくと思います。新しいことや、人がやりたがらない仕事ほどきつい仕事だけれど、きつい仕事ほど重要な仕事が多い。

ハードな仕事も率先してやることで、重要な仕事を任せてもらえるようになります。

ストレス解消法について

倉田:
橋本さんおすすめのストレス解消法はありますか?

橋本:
仕事を忘れること!意識してコントロールしないと、ほぼ常に仕事のことを考えてしまうから。

今お世話になっている研究者の方も、「テレワークが増えてから、一日中ずっと自宅で仕事することによって、自分を仕事から切り離せなくなってしまっている」と仰っていました。なので、強制的にでも頭から仕事のことを追い出すのを意識してます。

若いころは、仕事が行き詰まっているときは1時間くらい外を走っていました。最近は釣りに行ってます。

若いころやっておいてよかったこと

倉田:
橋本さんが、20代半ばの若い頃にやっていて良かったことはありますか?
先日、「海外に行ったことがない」と言ったら、毛塚社長に「明日にでもパスポートを取りに行くべきだ!」と言われましたが。

橋本:
社会人になったころ、年収の目標と、どんな役職に就きたいかという目標を書いて、壁に貼っていたよ。

倉田:
へ~!

橋本:
役職の目標は達成できなかったけど、年収は達成できた。若いうちはそういう目標でもいい気がする。

あとは、社内外問わず、目標になる人を見つけるっていうのは結構重要かも。年齢が自分よりずっと上の人から学ぶことは多い。コミュニケーションを取る人を増やすのがおすすめです。

倉田:
なるほど…!

インターンから入社した第1号の倉田さんへメッセージ

橋本:
倉田君が決断した分だけ、次に入ってくる子たちはそれに対する答えを持ちます。後輩たちのいい道しるべになれるように、いろいろ悩みながら頑張ってください!

倉田:
ありがとうございます!


インターンのご応募をお待ちしています

サイトエンジンでは、今回新卒入社した倉田さんのように、一緒に会社を作り上げていってくれる仲間を募集しています。インターンに興味をお持ちの方はぜひご応募ください。

インターンの業務内容については、こちらの記事もご覧ください。

【インターン生に聞いてみた】大学生のインターン事情と、サイトエンジンで学んだこと

サイトエンジンのインターンとは(インターン生活に入ってから1年4か月で感じていること)

倉田さんがサイトエンジンに入社を決めた理由については、下記のインタビュー記事でご紹介しています。

インターン後、新卒入社することを決意した大学生に理由を聞いてみた

サイトエンジン株式会社's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from サイトエンジン株式会社
If this story triggered your interest, have a chat with the team?