This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

SXSW2018ファイナリストに選出! デジタル卓球アクティビティ『PONG!PONG!』制作秘話

みなさんは最近、ゲームで遊んでいますか?

最近のゲームといえば、スマートフォンゲームやNintendo Switchなどを思い浮かべますよね。中にはハマって結構な額のお金をつぎ込んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は私達が制作に携わったゲームのお話ですが、それはスマートフォンアプリでもテレビゲームでもありません。私たちが作ったのは、世界初・デジタル卓球アクティビティ『PONG!PONG!。日本ではもちろん、海外のニュースやメディアでも取り上げられたので、知っている方がいらっしゃるかもしれませんね。

そんなPONG!PONG!が、テキサス・オースティンで開催される世界最大のクリエイティブ・ビジネス・フェスティバル「SXSW2018」において、Interactive Innovation Awards のAI & MACHINE LEARNING部門でファイナリストにノミネートされました!!!

世界から計13部門、65のノミネートが発表され、日本からは唯一のノミネートです。

https://aktsk.jp/press/8331/

本記事では、そんな『PONG!PONG!』の企画やデザインに関する裏話をこっそりお伝えしたいと思います。

球技 ✕ テクノロジーが生み出す新しい体験

2017年のとある日、日本最大級のゲームパブリッシャーである株式会社アカツキから、SEESAWのディレクターにこのような相談がありました。

「最近、子供も大人もこぞってスマートフォンのゲームをやっている。それは確かに面白いけれど、やっぱり老若男女が揃って熱くなるものって”球技”なんじゃないか?”新しいアクティビティ”になる球技を作りましょうよ!」

確かに最近は球技ができる公園も減り、ボールに触れる機会は子供も大人も少なくなっています。でも、誰もが熱くなれるような”新しいアクティビティ”ってなんだろう?

話をしているうちに、浮かんだひとつの案が「球技とデジタルゲームの掛け合わせ」でした。昨今、球技の競技人口は減少傾向にあります。もちろんゲームの普及もひとつですが、都会だと体を動かせる広い場所を確保できなかったり、年を重ねるにつれ大勢で集まることが難しくなったり、その理由はたくさんあるようです。少人数で遊ぶことが難しい球技は、現代の遊び方にマッチしていないのかもしれません。

ですが、球技を始めとしたスポーツは人々を熱狂させる力があります。それは今も昔も同じです。

そんな球技にクライアントが培ってきた最新のテクノロジーの力を加えたら、現代のニーズに合った”新しいアクティビティ”が生まれるはず……と考えた私達は『PONG!PONG!』のプロジェクトをスタートさせたのです。

”卓球”を選んだ3つの理由

プロジェクトを発足して程無くし、私達は”卓球”に目をつけました。なぜ卓球を選んだのか?それには3つの理由があります。

①場所を取らない

スポーツをやるハードルのひとつは、場所にあります。フットサルをするにはフットサルコートへ、バスケをするにはバスケットコートへ行かなくてはなりません。軽い気持ちでキャッチボールをやるにも、それなりの広さや開けた場所がないと危険を伴います。

その点卓球は、一畳程度の卓球台さえ設置できれば、そこまで大きなスペースは必要ありません。ちょっとしたゲームセンターや宿泊施設、なんならレストランなんかにも設置することが可能です。海外だと家に所有している方も多かったりします。また、卓球台という限定されたエリアへのプロジェクションはそこまで大掛かりな機材を必要としないため、導入も低コストで済むところも重要なポイントでした。

②初心者でも楽しく遊べる+やりこみ要素がある

卓球に触れたことがある人は意外と多いと思います。特に日本人であれば、学校や温泉などで触れる機会が多くありますよね。それくらい身近にあって、老若男女が公平に楽しめるスポーツです。テニスは難しいと思う方でも、卓球は「ちょっとやってみようかな」という気持ちになりやすいでしょう。

ライトにプレイできる一方で、極めれば終わりがないほどやり込めるのも卓球の特徴のひとつ。オリンピックで見るような卓球選手のプレイには圧巻されますし、大会があればテレビ中継されて盛り上がる国民的スポーツでもあります。

③手軽にプレイできる

ユーザーにとっての「手軽さ」は普及につながる一歩だと考えました。『PONG!PONG!』のプレイヤーは従来の卓球用ラケットとピンポン玉さえあればすぐにプレイできます

デジタルとスポーツの掛け合わせは、VRのスコープを使ったり、スマホと連動させたりなど、ガジェット次第でいくらでも面白いものが作れます。ただ、”球技”と考えた時にガジェットを使用することはプレイの障害になりかねません。今回は「プロジェクション」と「高性能トラッキングセンサー」を使った仕組みを採用し、プレイヤーが特別なガジェットを用意する手間を省きました。これを野球やサッカーなど大きなフィールドでやるには壮大な開発とコストがかかってしまいますが、卓球台くらいの大きさであれば実現できると踏みました。

ゲームデザインに初挑戦!「幅広く愛されるキャラクター」を作るには?

「卓球✕テクノロジー」というコンセプトが決まり、ゲームの内容も決まりました。

相手の陣地に投影されたブロックをピンポン玉で崩し、得点を競うゲームです。ところどころに逆転が狙える特別なブロックがあり、最後まで飽きずに楽しめます。ラリーをするだけで遊べるので卓球の技術は問われず、初心者から上級者まで同じように遊べることにこだわって制作しました。

大まかにゲームルールや遊び方が決まったら、総合的なアートディレクションがスタートします。このプロジェクトでSEESAWは初めてゲームのデザインに挑戦しました。

テーマは「幅広い世代に受け入れられること」

まず第一に考えたのは、ゲーム全体のトーン&マナー(トンマナ)です。

ひとえにゲームと言えど、美少女がたくさん出てくるゲーム、ロボットが戦うゲーム、美しいカードを集めるゲームなど、ジャンルは様々です。『PONG!PONG!』はより幅広い世代が楽しめることを目的としたゲームなので、総合的なトンマナは誰にでも受け入れられやすいポップでシンプルなフラットデザインを採用しました。

初めてのキャラクターデザイン

ゲームの世界観には「宇宙」というテーマを選択。プロジェクションやトラッキングを使用したこのゲームの大きな特徴である最先端テクノロジーのイメージと、未知の空間というワクワクする雰囲気が「宇宙」によって表せるのではないかと考えたのです。

ゲームのメインビジュアルやプレイ画面では、壮大な宇宙を可愛らしい球体のキャラクターがポンポン飛び回ります。その中に登場するキャラクターは全4体。花を咲かせて攻撃するキャラは植物モチーフにし、それぞれの攻撃方法や設定と見た目のデザインをリンクさせました。こういったキャラクターデザインは普段SEESAWが制作しているグラフィックデザインにはあまりないものなので、難しくも楽しい、新たな経験になりました。彼らがユーザーに愛されるキャラクターになりますように……!

--------------------------------

こんな経緯があり、球技とテクノロジーをかけ合わせた、なんだかワクワクするデジタル卓球アクティビティ『PONG!PONG!』が誕生したのです。

現在は渋谷の複合型卓球施設『T4 TOKYO』で体験できるので、是非遊びに行ってみてくださいね。イベント予約サービス・Wowfulから予約可能です。

--------------------------------

「紙面やWEBのデザインだけじゃ物足りない!もっと幅広いものをデザインしたい!」という思いを持ったWEBデザイナー、WEBディレクター、フロントエンドエンジニアの方は、ぜひ一度SEESAWに遊びに来てください。

SEESAWならやりたいことがきっとできるはずです。

🍣寿司SEESAW開催のお知らせ🍣

SEESAWは月に一度、お寿司を食べながらSEESAW社員とわいわい交流することができる会「SUSHI-SEESAW」を開催しています!次回は、3月16日(金)20時〜SEESAWオフィスで開催します!

なんと次回は特別版。今月開催されるSXSW 2018に参加してきたSEESAWメンバーが、「SXSWの報告会」を行います!SEESAWに興味がある方も、SXSWの内容に興味がある方も、ぜひご参加いただければと思います!

★ 詳細はURLをご確認ください! https://www.wantedly.com/projects/190934

みなさんにお会いできること、楽しみにしています!

株式会社SEESAW's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings