1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

【REPカッション】part1りぷの魅力ってなに?

こんにちは。採用担当の今村です。

今回はREPカッションpart1ということで、リプライオリティの魅力について発信していきたいと思います。


REPカッション?

REPカッションとは、REPで働く社員のみなさんに何か1つのお題について対談してもらう企画です。

私がREPが好きな理由の1つに、上との距離がめちゃくちゃ近い!ということがあるので

REPカッションでは敢えて年齢、役職関係なくごちゃ混ぜでお届けしていこうと思います。

REPのメンバーの雰囲気が少しでも伝わると嬉しいです!


今回のお題

今回のお題は「リプライオリティの魅力は?」ということで、ありきたりなようで普段社員同士で語ることがないお題で対談していただきました。


今回の登場人物

左:H DM事業部SV(2017年中途入社)
中:Y DM事業部Leader(2017年中途入社)
右:S DM事業部Leader(2016年新卒入社)


皆さんが思う、リプライオリティの魅力を教えてください


Y)会社にこれだけのメンバーが揃っていたら、嫌いな人の一人や二人くらいいてもおかしくないと 思うんだけど、それがいないのがこの会社の魅力だと思う。苦手な人はいるけどw

S・H)わかるw

S)僕が思うのはなんでも裁量を与えて任せてくれるところ。新卒で入社して、割とすぐに自分の実力を超えるような案件を任せてもらえて。新卒で別の会社に入社した同級生と比べて圧倒的なスピードで成長できたと思う。

Y)いろいろなジャンルの仕事が舞い込んでくるのはスリリングで楽しいよね。自分の適性を見る意味でも、きつくてもいろいろ経験させてもらえるのは良かった。適正というと、山下さんはクライアントとのコミュニケーションに特化してるよね。

S)クライアントに愛される SV ナンバーワンだと思う。

Y)嬉しいですw

苦手な人はいても嫌いな人がいない。絶妙な言葉ですねw

新卒でも中途でも、学歴、年齢、経歴関係なく手を挙げた人、やる気がある人には自分の実力以上の仕事を任せてもらえる所は、本当にリプの大きな魅力の1つだと思います!

私も全く畑違いからの転職でしたが、そんなこと関係なくチャレンジする場を次々に与えてもらいました。もちろん裁量が与えられると同時にそれ以上の負荷はかかりますが、前向きにチャレンジすれば「誰でも成長ってできるんだ」ってことがリプライオリティに入社して1番実感できたことです。

振り返った時に「私めちゃくちゃ成長したな」って思えた時って本当に嬉しいですよね。


次回は、今回のメンバーに「仕事の楽しいこと、辛いところ」についてぶっちゃけトークして頂きます!

是非ご覧ください(^^)

株式会社リプライオリティ's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more