ユーザーファーストを追求するQuicker Vol.13 Creator & Geek 二本松由明子~エンジニアの私が、愛されるプロダクト創出にこだわり続けた結果、気づいたらプランナーになっていた軌跡~

mission:

2013年、弊社初の新卒エンジニアとして入社。現在はサービスプランナーチームでマネージャーを務める。Webサイト・アプリのコンセプト設計からシステム企画まで幅広く担当。また、急拡大している同チームで、組織構築や組織課題解決にも積極的に取り組んでいる。


クイックに入社するまでの経歴を教えて下さい。

筑波大学大学院で情報メディア学を学び、就活では周りと同じようにSIerを中心に受けていました。当時の私は、将来こうなりたい!という夢が特になく、どちらかと言えばゆったり・堅実に仕事ができる会社を探していました。


そんな中、なぜクイックに興味を持ったんですか?

元々ゆったり仕事をしようかなと思っていた私ですが、たまたま参加した説明会でクイックに出会い、「仕事を通して世の中を変えたい!」と本気で想っている社員に沢山お会いしたんです。私に無い価値観で、すごく新鮮に感じました。また、社内システムの開発が職務内容にあったので、ユーザーである社員がすぐ近くにいるということも魅力に感じました。「今開発してるこの機能、見てよ。めっちゃよくない?」「あ、いいねー!」 そんな会話をしながら仕事をしているという話を聞き、熱い想いを持った人たちとやりとりをしながら仕事をするのはとても楽しそうだと思ったのを覚えています。



堅実志向に感じたのですが、クイック初の新卒エンジニア採用という点への不安はなかったのですか?

本音でいうと、ワクワク半分、不安半分でした(笑)。研修制度等もなく、新卒も自分だけということで、大丈夫かな?と。

ただ、室長の小原や部長の中平が、入社前後で、「こういう役割を担ってほしい」「君にしかできないこういう仕事がある」という話を山ほどしてくれて、やれることがあるのであれば、勉強は自分でしていけばいいかなと思い始めました。入社してからは、当時社員数が少なかったこともあり、業務管理システムのプログラミングやヘルプデスクなど、その他人手が足りていない様々な業務を経験しました。最初はただ社内の人の役に立てることが嬉しかったのですが、不思議なものでやっていくうちに新しい課題が次々と見えてきて、もっとこうしたいとアイデアが湧き出してきました。そうすると次第に社内向けの仕事だけでなく、社外向けのBtoCサービスのアプリ開発や、個人ユーザーに対するサービスの開発に携わるようになり、2年目では看護師資格の国家試験対策用アプリの新規立ち上げを任せてもらいました。

そうやって色々な仕事に関わる中で、サービスの企画やブランディングに興味が出てきて、思いのままにやっているといつのまにかプランナーになっていました。(笑)


現在はサービスプランナーとしてプロダクトに携わっていますが、どういった時にやりがいを感じますか?

私自身がユーザーに共感していて、プロダクトを通じて幸せになってほしいと本気で思っているので、単純にその瞬間の「使いやすかった」だけでは満足できなくて。その先でユーザーがどういう状態になり、どのような感情を持つのかというところまでを全て大事にしたいと思っています。

そうやって作ったプロダクトには、自分の意図や思い、価値観がプロダクトにかなり反映されているので、それが世に出てユーザーに喜んでもらえた時、すごくやりがいに思います。



入社して変わったなと思うことはありますか?

とりあえずやってみよう、自分にも何かできるかもしれない、と思えるようになったことですね。

元々自分に自信がなく、考えすぎて行動に移せないタイプだったんです。でも、周囲の人がこんな自分でも受け入れてくれて、一緒にやってみようと言ってくれ、励ましてくれたお陰で自己肯定感が持てるようになりました。大きな目標に対して、一気にゴールに辿り着くことはできなくても、その過程の中で自分にもできることは沢山あるんだと、前向きに考えられるようになりました。

また様々な業務を経験する中で、その時々のユーザーと関係者と向き合っていくことで、自分が携わる範囲が増え、少しずつ自分の視野を広げていくことができましたね。


今後の目標や実現したいことはなんですか?

今自分が力を入れている、Webサービス「看護roo!」をブランドとして確立させ、ユーザーである看護師・看護学生に広く愛されるサービスにしていきたいです。

私たちが何か調べる時、当たり前にgoogle等の検索エンジンを利用するように、看護師が「看護roo!」を利用するような世界観を作りたいんです。もっというと、「看護roo!のサービスならきっといいものなんだろう」と期待してもらえるような、ユーザーに信頼され、愛されるブランドにしていくことが今の目標です。

また組織作りにもっと貢献していきたいと最近強く思うようになりました。

ここ数年で社員がかなり増え、私が入社した頃とは比べ物にならない大きな組織になりました。

ただ、例え大きな組織になったとしても、メンバー同士で能動的・流動的に関わり合いながらプロダクトを生み出すことが、当たり前にできる体制や仕組みを作りたいです。

私がクイックに入ったときに周りがチャンスや自信を与えてくれたように、後に入社した人にもそういった体験をしてほしいのですが、人数が増えていく今、個人の関係性の中でそれを提供することの難しさを感じています。制度面も含めて、うまく仕組み化することで持続的に良い流れを生み出し続けたいと考えています。



二本松さんが思う、クイックで働く魅力とは?

器が大きいメンバーとともに働けることです。

目的が合ってさえいれば、間違った意見も、ずれた意見もまず受け止めてくれる。相手が誰であってもフラットに意見を交換しながら、課題解決のためにどうしたらいいかを一緒に考えられる。それを繰り返していく中で、成長し、事業に貢献できるようになっていく。そういった環境がクイックの魅力です。

また、みんな口を揃えて言っていますが、ユーザーファーストを体現できているのはクイックならではだと思います。プロダクトを作るとき、職種や年次に関係なく、ユーザーを第一に考えて意見を言えることはクイックの強みです。この考えがあるからこそ、ユーザーに愛されるサービスを作ることができます。だからこそ、ユーザーが心から出会えてよかったと思えるサービスを作れるよう、これからもいろんなことにチャレンジしていきたいですね。

株式会社クイック's job postings
13 Likes
13 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more