1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

【PTC流のインサイドセールスとは?その魅力に迫る!】 Vol.4 BDRの仕事内容について。HVSのミスターインテリジェンス、鈴木さんが語ります!

こんにちは、PTCジャパン人事部の佐藤です! 第4回目ということで、今回もインサイドセールス部門(ハイベロシティセールス、以下HVS)マネージャーの山本さんにお話をお伺いしましょう。


▼山本さんのプロフィールはこちら

▼前回の記事はこちら


佐藤:さて、今回もチームの他メンバーにお話を伺う予定ですが、どなたにお越しいただいたのでしょうか?

山本:はい、今回は我がインサイドセールスチームのミスターインテリジェンス、鈴木さんです!(ちなみに私は自称2位です…笑)。今日は鈴木さんの仕事を色々深堀りするのでよろしくね!


鈴木 陽己(Haruki Suzuki)

PTCジャパン インサイドセールスBDR(Business Development Representative)

【経歴】

大学卒業後、化学メーカーにて約1年勤務し、その後2019年2月にPTCへ第二新卒として入社。現在はBDRとしてインバウンドリード担当。

昨年はボストン本社においてIoT/AR研修を受け、さらなる知識を持って帰国し、現在に至る。

▼その時のインタビュー記事はこちら


鈴木:よろしくお願いします!あれ、山本さん、今日はなんで眼鏡なんすか?

山本:さすがミスターインテリジェンス、いきなり分析してきたね!鈴木さんの真似してみた(笑)。俺もインテリジェンスになりたいんだよ!

鈴木:あはは、マジっすか。

佐藤:…(苦笑)。

山本:さて…気を取り直していきましょう(笑)。鈴木さんはインサイドセールの中でも、BDRという役割を担っています。主にマーケティングチームからのリード(見込み客)へのコールを担当しています。

佐藤:マーケティングチームからのリードって、どんな種類のリードがあるんですか?

山本:具体的には、PTCが開催しているイベントでアンケートを頂いた方、PTCのHPよりお問い合わせいただいた方、チャットでのお問い合わせなど、少しでも興味を頂いているお客様に連絡していきます。

佐藤:なるほど。

山本:鈴木さんはロジカルシンキングを得意としています。結果についてはいつもデータを使って話してもらっているので次の施策が見えやすくなりますし、そのようなデータドリブンでの戦略でパイプライン創出に貢献してくれています。じゃあ鈴木さん、BDRの仕事の流れについて説明してくれるかな?

鈴木:はい、こちらが一週間の仕事の流れです。


【BDR 鈴木さん:一週間のスケジュール】----------------------------------------------------------------------------------------

◆月曜日:マーケティングチームとリードフォローアップ状況の情報共有

データを基にイベントのリードフォロー状況をお伝えすることで、マーケットのトレンドやインサイトを理解していただき次のイベント施策に貢献をしています。

◆火曜日~木曜日:コールブリッツDay

基本的には電話が繋がりやすい火、水、木曜日に集中的にコールをしていますが、フォローの進捗状況に応じて月、金曜日もコールの時間に充てることもあります。また、電話だけでなくオンラインデモも行いながら効果的にお客様にアプローチをしています。

◆金曜日: BDRミーティング

山本さん主催で、1週間のリードフォローの進捗状況やアクティビティ、案件作成数をチェックし、翌週以降のコールプランを共有します。山本さんとダッシュボードやデータを見ながら会話をするので、自身の立ち位置を把握できる重要な時間だと思っています。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


山本:ありがとう。マーケティングチームとの協業が多いので、その時間もしっかり確保しているし、金曜のミーティングでもDashboardを使ってしっかりと効果測定できてますね。後は、一日の仕事の流れも説明してもらっていい?

鈴木:承知いたしました!


【BDR 鈴木さん:一日のスケジュール】-------------------------------------------------------------------------------------------

◆9:00~ メールチェック、問い合わせ確認、コールリスト整理

Webページにお問い合わせを頂いた方の対応や、どのリードに対してコールするのか確認します。

◆10:00~12:00 コール

PTCのお客様は製造業が多いので、お客様によっては10時より前にもコールをすることもあります。

◆12:00~13:00 お昼休み

最近は在宅勤務なのでUber Eats をめっちゃ利用しています!

◆13:00~17:00 コール

とにかくお客様と会話する回数を増やすことを意識して集中してコールしています。

◆17:00~18:00 メールチェック、CRM(顧客管理システム)確認

17時以降はメールやCRMの更新、翌日のコール準備を行います。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


山本:鈴木さん、ありがとう!インサイドセールス、特にインバウンドリード処理で基本となる「量」をこなせるような工夫をしっかりとしているね。そして、ただ「量」をこなすだけでなく、「優先順位」にも気を配って、しっかりと「戦略」と「準備」をすることが必要になりますが、その指示をしなくても自分で完璧に組み立てられるところが、鈴木さんの凄いところです。

鈴木:ありがとうございます!

山本:最後になるけど前回と同様、鈴木さんが思うPTCインサイドセールスの良いところ、チャレンジなところを教えて欲しいんだけど、何かある?

鈴木:良いところは、若手中心となっているので結束力が強く、バイタリティに溢れているチームなところです!インタラクティブに意見交換ができ、皆さんが成功体験をシェアしてくれるお陰で、スキルアップやPDCAを回すのに最高の環境だと思います。チャレンジなところは、若さが故にトークスキルや思考プロセスが浅くなってしまうところですかね。ただ、PTCにはベテランの営業の方も多いので先輩方のお知恵も拝借しながら成長できるので問題はないと思います。

山本:そうだね、鈴木さんは本当に「タフ」で「頭がいい」と思う。方々からどんな厳しい言葉を受けても、それを良い面に変える「強さ」と「柔軟さ」があるし、そこを自分のスキルに生かしている、抜け目ない人です。そして、私が口癖のように伝えている、「データドリブンでの行動」、「PDCAワークフレーム」、「人との共感力を鍛える」の教えを忠実に再現している唯一の存在だと思ってます。このまま順調に経験をつけていったら、かなりの手練れになっていくんじゃないかな。

鈴木:引き続き山本さんを見習いながら頑張っていきます!

山本:俺も鈴木さんの存在がいい刺激になっています。今日は色々話してくれてありがとね!

鈴木:こちらこそ、このような機会を頂けてありがとうございます!

佐藤:今日はお二人ともお時間いただきありがとうございました。引き続き次回もよろしくお願いいたします!

PTCジャパン株式会社's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more