1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

自分の手でサービスを大きくする!

Paykeとの出会い

大学卒業後、不動産会社に入社しました。

入社したものの思い描いていた営業とは違い、恥ずかしながら短期間で離職してしまいました。

その後、転職活動をしているときにPaykeを紹介されました。

名前も聞いたことがない企業だったため、まずはPaykeアプリをダウンロードして利用してみたところ、「なんだこの面白いアプリ!」といい意味で衝撃を受けたので選考を受けてみることにしました。

転職先を決めるうえで絶対譲れないと思っていたのが「社長と近い距離で仕事ができる」ということでした。

私が選考を受けていた、2017年春当時、Paykeは東京オフィスの立ち上げメンバーを募集しているフェーズでした。

まさにこれからビジネスを展開していくというフェーズで、社長と一緒に頭を悩ませながら様々なことに挑戦できるという点が決め手となり、ほかの内定先を辞退してPaykeへ入社することを決めました。

業務内容

ナショナルメーカー様と小売店様向けに提案営業を行っています。

提案に行って興味を持ってくださったものの、時にはインバウンド専門の部署がない場合があり、こういうときが一番セールスとして苦戦します。

そのようなときは、社内で複数部署にまたがるプロジェクトを立ち上げてもらったり、自社でのマーケティングだけでは限界じゃないですか?と探ってみたりするなど

インバウンドについて様々な視点でアドバイスをさせていただくこともあります。

今後の野望

今後は自分のチームを持たせてもらえるポジションを目指していきます。

セールスの一人として終わるのではなく新人セールスへの教育を行い、ほかのチームには負けない結束力のあるチームを作っていきたいです。

私は、Paykeに入社したころセールスの基礎さえ知らない状態で飛び込んでいきました。今思い返すとクライアント先での立ち振る舞いもわからなかったので、とても恥ずかしい思いを先輩方にはさせてしまっていたと思います。

しかし、代表をはじめたくさんの方が基礎から手取り足取り教えてくれ、ナショナルメーカー様を相手に営業できるまでに成長することができました。なので、次は私がメンバー教育を担い、会社も仲間も好きになってもらえるチーム作りをしていきたいという思いが強いです。

Paykeに興味を持ってくださった方へ

まずは、Paykeのサービスについてたくさん知ってください。

そのうえで、Paykeのサービスに魅力を感じて頂けたら是非一度ご来社ください!

まだまだ、サービスは成長段階でやるべきこと、これからやらなくてはいけないことはたくさんあります。

困難な局面も待ち受けているはずなので、乗り越えていくために必要になるのは、サービス自体に思い入れがあるかどうかだと私は考えています。

「自分の手でサービスを大きくする!」という前向きな気持ちを持った人と切磋琢磨しながらPaykeを大きくしていきたいです!

株式会社Payke(ペイク)'s job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings