1
/
5

オズビジョン初 新卒1年目人事の"今"を振り返る Part3 入社して思うこと編

Photo by Chang Duong on Unsplash

こんにちは!オズビジョンで新卒採用及び広報の担当をしています小柳郁也です。

こちらの記事は広報担当として、内定承諾時期から入社を経て1ヶ月の研修を通して学んだこと、感じたことを3回に分けて書いたうちの、Part3「入社して思うこと編」です。

Part1「選考-承諾-内定者研修」編 Part2「入社式-研修」編はこちらです!
まだ読んでいない方はぜひご一読ください🙇

いいなと思ったら、是非ハートボタンやTwitter等SNSシェアのご協力も何卒よろしくお願いします!

目次

◉入社後のギャップ
◉オズビジョンはどんな会社だと思うか
◉仕事についての今後の目標
◉現在就活をしている学生の皆さんに向けて
◉最後に

入社後のギャップ

社員の皆さんが新入社員に対してとても優しくサポートしてくださり気にかけてくれたことです。

オフィスですれ違った際に、名前や自己紹介で話した内容、選考中で面接官を務めた方が実際に顔を覚えていてくれたこと、各業務体験で行き詰まった時に真っ先に気にかけてくださったことなどなど他にも沢山あるのですが、想像していたよりも自分達新入社員に対して関心を示してくれる人が部署問わず会社全体で多いことにとても温かさを感じました😆

まさにオズビジョンの”人を大切にする”という文化や伝統、行動指針の一つでもある「Best Team」が根付いているのだなと改めて感じる事ができました。

※仕事(=Best work)、チーム(=Best team)、そして自分自身(=Best self)の在り方すべてにおいてベストな状態でいるために、オズビジョンには「クレド」と呼ばれる行動を起こす際に、どうするべきかの判断基準があります。

詳細は下記URLからご覧ください。

またOZVでは上司や先輩方との「1on1」と呼ばれる個人面談が定期的にあり、仕事の話から個人的な悩みまで相談できます。

このギャップがあったことで、新人という立場でも心の壁や精神的な不安を取り除く事ができ、社会人のスタートを気持ち良く迎えることができました。

これまでの学生生活とは一転し、自ら主体的に考え行動していかないといけないからこそ、悩み事や疑問に思ったこと、迷ったことをすぐに相談できる関係性を作ることができ、安心して仕事に取り組むことができる恵まれた環境がオズビジョンの良さだと感じました😣


オズビジョンはどんな会社だと思うか

フラットな関係性が社員間で築かれている会社だと思います。

前述した通り常に気にかけてくれる社員の方が多いですし、入社1ヶ月しか経っていませんがリモートでもコミュニケーションをとる機会がとても多いため精神的な不安なく日々業務に取り組めています。

会社には優しく朗らかな方が多いですが、業務は前向きに熱量をもって向き合う方ばかりで日々刺激を受けています。

また人に任せる、信頼する文化が浸透しているからこそ、スキルや経歴に拘らず自分の意見を聞いてもらえますし、自ら考え、主張・提案することを求められている会社だと思います✋

私の選考中でも、本来はなかった新卒での人事ポジションに配属して頂いたことは、ある意味「人に任せ信頼する文化があってのこと」だと思います。

新卒ビジネス職の募集ポジションであったメディア営業やマーケティングより、自分の良さや強みを最大限発揮するには人事という職種が一番向いていると考えました。

人事としての目標ややりたいこと、自分自身の経験や個性が会社にどんな変化を与えることができるのか選考を通して社員の方々が真摯に向き合ってくださったからこそ、人事というポジションを任せて頂けたのだと感じています😌


仕事についての今後の目標

私は、オズビジョンの人事として「笑顔で働く人を増やすこと」に加えて「どんな個性やバックグラウンドを持っていたとしても疎外感を感じる事がない受け入れ合う事ができる環境を作る」ということを目標としています✨

私自身、元々どの環境でもすぐに馴染めるような性格ではなく、これまで多くの苦労や辛さを感じてきました😞

だからこそ、社会人になるからには環境のせいにするのではなく自らが環境を作り上げられる存在になれば、仕事を楽しみ最高のパフォーマンスを発揮できるのではないかと思いました。

現状オズビジョンは組織として制度面や方針、マニュアルの不整備による社内での認識のズレなど、、、不完全なところもあり変化の多い環境です💨💦

その課題に自ら取り組んでいき、安心して仕事に取り組めるよう、そして其々の個性を引き伸ばすことができる人事としてオズビジョンで働く人の笑顔を増やしていきたいです。

「仕事が嫌だ、人間関係がうまくいかない、会社を辞めたい」と思いながら働くことほど、辛いことはありません😢

そういった感情を少しずつ無くしていき、オズビジョンという会社で働けて良かった、ここで働くことが楽しいと思える人を増やしていきたいです🤝

また、個々の違いを受け入れて、認め合える、生かしていくという文化が根付いているからこそ、今後もこの良さを伸ばしていけるような人事になりたいと思っています🔥

直近の目標として新卒採用における広報活動を通して、より多くの学生の皆様にオズビジョンという会社を知ってもらい、就活における企業選択の幅を広げてもらうこと、オズビジョンとのマッチングする機会を増やしていくことを目指しています。

その為にこの会社で働くイメージをつけやすくなるようなコンテンツを作り発信すること、またご縁があって入社に至った方には不安な気持ちを取り除く事ができるようになんでも相談できるサポーターとして役割を発揮したいと考えています。

入社1年目の人事だからこそ、新鮮な目線で見えてくる社内の課題や学生の感情を汲み取ることができるため、今後ガシガシと変化を与えることができる人事になりたいです✊


現在就活をしている学生の皆さんに向けて

今就活真っ只中の23卒、徐々に動き始めた24卒の学生の皆様には「焦り💦」や「不安😓」、「社会人としての未来が見えない」といった気持ちや悩みが多いと思います。

私は元々観光業界を志望し観光を専門的に学べる大学に進学しました。
しかしコロナ禍の影響もあり観光業界の採用活動は停止し、諦めざるを得ない状況になりました。

その時に自分がどんなことがやりたいのか進むべき道に迷ったときにやったことは、
「周りの人に褒められること、自分の行動に対してありがとうと言われること、よくチームのメンバーから頼まれたこと」を思い出したのです。

私はこれまでどのコミュニティやチームに所属していたとしても、視野を広く持ってサポートする縁の下の力持ちタイプの人間でした💪

そこから、「組織やチームのサポートをしてメンバーにとって心地よい環境を作り上げていくこと」が自分に向いている得意とする貢献の仕方だと分かるようになり、人事として採用して頂くことになりました。

なので元々志望していた業界や職種ではなかったとしても、自分次第の行動ではいくらでも社会や企業に対して業務を通じて貢献することができ選択肢も広がっていくと思います。

オズビジョンはまさにそうした環境がある会社で、個人の意見や行動を尊重し汲み上げてくれるからこそ、自分が得意とすること、やりたいことができると思っています。

まだどんな社会人になりたいのか模索している学生さんも多いと思いますが、オズビジョンの選考過程では自分が何をしたいかを突き詰めることができ、考え向き合う場面が沢山あります。

そして周りと比べて焦って就活を終わらせてしまうことは絶対にしてほしくないです🙅

焦って決断をしてしまう気持ちも分かりますが、自分が本当にその会社でやりたい事ができるのか、働いている姿を想像する事ができるのかを一度立ち止まって考えてみるのがいいと思います🙆‍♂️

皆さんが最後まで納得のいく就活ができるよう願っています💫

最後に

ここまで読んでいただいて、本当にありがとうございます。
私にとって広報担当として初めての記事投稿でしたが、いかがでしたでしょうか?

2022年までには落ち着くだろうと思っていたコロナ禍も、気が付けば3年目でオンライン就活という言葉も一般的になりました。

なかなか先を見通すことの難しい状況ですが、だからこそ、23,24卒、そして更にその先に就職活動を控えている学生の皆さんには最後の最後まで後悔のない選択をしていただきたいと思います。

そのためには、自分にとって大事なことこれまでの人生の中でブレずに心に残り続けている価値観が何なのかを振り返り、その価値観が企業とマッチしているのか見定めることが重要です。

オンライン就活の良いところは、以前と比べても圧倒的に時間があることです。

その利点を活かして是非ご自身と丁寧に向き合ってみてください。

その結果として、オズビジョンに興味を持って頂けたらとても嬉しいです✨


「誰かを喜ばせる事が好き、未経験なことでもワクワクして取り組める、最後まで諦めない、チームで何かに取り組む事が好き、自分の中で出来ることを増やしていきたい」という学生さんのご応募お待ちしております!

引き続き、オズビジョンの広報担当として精進して参りますので、今後発信するコンテンツもチェックしていただけると幸いです😌🙌

今回の記事が良かったら、いいね拡散をしてもらえると嬉しいです🙏

Part1,Part2の記事も是非ご一読お願いします。




株式会社オズビジョン's job postings
37 Likes
37 Likes

Weekly ranking

Show other rankings