This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

What we do

学習トレーナーが生徒を指導している様子。学習トレーナー制度で生徒一人ひとりにあったカリキュラムを提供します。
塾のメソッドをまとめ出版した「現役東大生が伝えたい やってはいけない勉強法」。
◆ 「大学受験にもパーソナルトレーナーを」がコンセプトの学習塾 受験生が悩みがちな学習計画・学習管理を学習トレーナーが行う「学習塾STRUX」を運営。年間計画から逆算した学習計画の作成、Studyplusでの勉強時間・質問の管理などで、生徒それぞれの志望校に最適な学習に迷わず取り組むことができるようにします。 ・https://strux.oner.jp ◆ 勉強法メソッドを全国へ!勉強法メディア&動画制作 私たちはなるべく多くの高校生の悩みを解決したいと思っています。効率の良い勉強法や志望校の選び方といった受験のノウハウを「STRUX大学受験マガジン」や関連YouTubeチャンネルで全国の受験生に発信しています。 ・https://daigakujukensenryaku.com 塾長の思いはこちらのページにございます。 ・https://daigakujukensenryaku.com/about-director/ ◆ 累計3万部突破!塾のメソッドを書籍化 2017年4月に学研さまより「現役東大生が伝えたいやってはいけない勉強法」を発売し、累計3万部・第6刷を達成しています。今後も改訂や新刊の発行を予定しており、様々な手段で全国の高校生・その保護者様にSTRUXメソッドを提供します。 ・https://amzn.to/35g6hhX

Why we do

勉強のやり方一つ一つにも根拠があります。知っているか知らないかで大きく変わる部分を、なるべく多くの高校生に届けたいと思っています。
社内勉強会の様子。生徒の情報共有や理念の共有を通してやることを明確にしていきます。
◆ Vision《人の人生を少しでも好転させるプロダクトをつくる》 創業時から「ポジティブに生きる」「自信を持って、好きなように生きる」「やりたい選択肢を選んで生きる」ことで、人は幸せに生きることに近づけると考え、それに少しでも寄与できるような事業を目指しています。なにか熱中できること、楽しみなことがあればどれだけ忙しくても「幸せ」と思える人生ではないか。株式会社ONERでは、サービスを利用してくれた人をそんな人生に少しでも近づけることができるように、人生を少しでも直接的に上向きにできる事業・熱中してもらえる事業を提供していきます。 ◆ 教育事業Mission《受験を通した成功体験の提供》 「ポジティブに生きる」上での最初のハードルは、大学受験。いまや大学進学率は6割近くに及び、「大学に行って勉強したい」という人も増えています。そのいっぽうで「頑張ったのに行きたい大学に行けなかった」「行きたいレベルからだいぶ落として受験した」など、思うように行かない高校生も多いです。特に高校入学までは比較的優秀な生徒でも、大学受験では失敗してしまう……というパターンも多く、大学受験で自信を失ってしまうケースがよく見られます。この場合、大学に入ってもなかなか自分の決断に自信が持てず、やりたいことができない、一歩踏み出せない、ということに陥ってしまいがちです。 逆にいえば、大学受験を通して得られることも多く、その一つが「ステップを踏んでクリアしていく」、いわば「成功体験」です。少しでも成績が上がった、できなかった問題が解けるようになった、そして行きたい大学に合格した、など、大学受験を通して得られる成功体験は大小様々なものがあります。この「成功体験」を積み重ねることができれば、自分の決断にも自信を持つことができ、ポジティブな人生を送ることができると我々は考えています。 そんな思いから、「受験を通して成功体験を提供する」ことをMissionとして事業をおこなっています。 ◆ Missionの達成に必要なこと:教育にあるさまざまな格差の解消 この「受験を通した成功体験」を得てもらうには、様々な課題を解消しなければなりません。生徒自身の課題解決はもちろんなのですが、それに大きく関わってくる問題が「格差」の問題です。 「格差」とひとくくりにいっても、勉強においては様々なものがあると考えています。たとえば、進学校に通っている人は知っていて当然のことなのに、同じ大学を目指していても進学校に通っていない人は知らない勉強のやり方だったり。地方にいる高校生の志望校の選択肢としてほぼ「国公立」しかない一方で、東京圏であればそこにいるだけでたくさんの大学の選択肢があったり。あげればきりがありませんが、よく言われる経済的な格差のほかにも、今回挙げたようないわゆる「環境」に起因する情報格差が蔓延しています。 でも、この格差は解決できるものです。今いる環境にかかわらず、ネットや本を通して必要な情報・パーソナライズされた情報を提供し実行の支援をすることが、本質的な意味での「受験における成功体験の創出」につながると考えています。

How we do

学習論文や生徒の学習状況を基に、つねにカリキュラムはアップデートしています。アップデートしたカリキュラムは「STRUX大学受験マガジン」などで無料公開しています。
専属のトレーナーがつくことで受験生は自分の学習に集中することができます。オンラインでも授業を行い、環境によらずやりたい勉強ができるよう指導します。
現在株式会社ONERでは、教育事業に専念し、「地方⇔東京」「進学校⇔非進学校」のような置かれた環境に関わらず、誰もが《受験を通した成功体験》を得られる事業づくりを進めています。 ◆ 専属トレーナーによる個別の学習管理 生徒さんを指導する役割を、学習塾STRUXでは「トレーナー」と位置づけています。スポーツのトレーナーは、選手のコンディションを常に把握し、最適な練習メニューやアドバイスを提供して選手を管理しています。その一方で受験生は、つねに自分で学習内容を決めたりわからないことを調べたりしながら勉強を続けるので、どうしても不安を抱えたままになってしまいます。少しでも不安を取り除き、受験に必要な情報を確実に手に入れながら安心して勉強を進められるよう、スポーツにおけるトレーナーと同じ役割を受験生にも提供しています。 受験生が迷いなく、勉強をすることだけに集中できるような環境の提供を目指しています。 ◆ オンラインも活用した授業システムで、環境によらず同質の授業を提供 学習塾STRUXでは、校舎での授業だけでなくオンラインビデオ通話を利用した授業も実施しており、実際に半数以上の生徒さんはオンラインで通塾されています。「まわりに良い塾がなくて困っている」「少しの勉強時間も無駄にしたくない」という生徒さんでも、安心してご利用いただけるよう全く同じ内容・同じ質の授業を展開しています。 ◆ 自学自習を科学し、常に最善のカリキュラムを提供 わたしたちは、大学受験で合格するためには3つの要素を引き上げることが必要であると考えています。「戦略」「時間」「効率」です。学習塾STRUXでは、この3つの要素を引き上げるための具体的な指導内容を研究し続けています。 講師が指導する勉強方法というと、どうしても個人の経験に紐付いたアドバイスになってしまいがちです。STRUXでは、客観的な勉強法をアドバイスするために、学習に関する論文や生徒さんの成績状況を活用し、常にカリキュラム内容を研究し続けています。その研究成果をじっさいに生徒さんに提供することで成績を引き上げていきます。 ◆ STRUX奨学金制度で「受験を通して夢を叶えたい」熱意のある高校生を支援 毎年春に「奨学金制度」を実施しています。この制度では、学力面を問わず、「何が何でも合格して、やりたいことがある」「将来こういうことがやりたくて、そのために今これを頑張りたい」という熱意のある高校生に対して、STRUXのカリキュラムを無償提供するものです。意思は強いのに、金銭面や環境面でどうしてもそれがかなわない、というのは非常にもったいないことです。環境面での困難を乗り越え、最大限の成功体験を得てもらうために、奨学金制度を通して戦略面・実行面での支援をしています。 当時のプレスリリースはこちら https://www.value-press.com/pressrelease/219418 ◆ 書籍やメディアを通して勉強法を完全公開、全国に伝える 学習塾STRUXで培ったカリキュラムや勉強法ノウハウは、惜しみなく公開しています。せっかくスマホひとつで何でも調べられるわけなので、勉強法や志望校分析など必要な情報はなるべく多くの受験生に知ってもらいたいからです。本、動画など様々なアプローチから必要な情報、受験に本当に役立つ情報を提供していきます。