1
/
5

美大生の就活はむずかしい?転職・スキル・やりたいこと…20代でやっておけばよかったことを聞いてみた

この連載では「ニューワールドではたらく人」を取材し、どんなお仕事をしているのか、なぜ今の会社を選んだのか、その人の好きなものなどをご紹介していきます。

読んでみて少しでも「一緒に働いてみたらどんな感じなのかな?」「ちょっとこの人と話してみたいな」と思ってもらえると嬉しいです。

今回の【ニューワールドではたらく人】では、デザイナーの小井沼さんにお話を聞いてみました。

就活はうまくいかなかった

ーー小井沼さんを一言で表すと「即戦力」というイメージです。入社当初からBtoB事業部の制作をバリバリこなしている印象なのですが、どのようなキャリアを歩んで来られたのでしょうか?

美大時代はプロダクトデザインを学んでいましたが就活はうまくいかず、結局小さなウェブ制作会社を転々としながら働いていました。

ーー美大ってみんなアーティストになったり、就活しなさそうだと思っていたのですが就活あるんですね。

僕たちの学科はクリエイターを出すような学科ではなかったので、メーカーに就職する人が多かったですよ。

Adobeソフトは課題制作などで一通り扱えたので、スキルを活かして1社目はシステム開発会社でデザインのアシスタントとして働いていました。ただシステム開発の会社なので、デザイナーとして仕事があるわけではなくあくまでアシスタント業務を越えることはなく……。

ーースキルがあるのになんともったいない!

このままお荷物になるのも申し訳ない気がして転職を決意しました。

ーー小井沼さんの人のよさが滲みでるエピソードですね。その後はどんなお仕事を?

システム開発会社で3年働いたあと、知人に紹介してもらったウェブ制作会社に入社し、デザイナーとして進行管理含めお仕事してきました。

ーーディレクション能力の高さやクライアントとのコミュニケーションが丁寧だな、と思っていたのですがやはり経験者ですね。ニューワールドへの転職は何かきっかけがあったのでしょうか?

デザイナーの清水が大学の同期で。「うちの会社で募集しているんだけどこない?」と声をかけてもらい、そうだ転職しよう。と今に至ります。

そうだ、転職しよう

ーー現在ニューワールドではどんなお仕事をされていますか?

いまはBtoB事業部でMakuakeのプロジェクトページを制作しています。プロジェクトの成功はマーケの仕込みや商品の魅力もあるので、デザイナーにできることはお客さまにデザインのクオリティで満足してもらえるようにやることかな、と思っています。

これまでの代表作で言えば食パン1枚で作れるホットサンドメーカーですかね。

食パン1枚でライトに楽しめる!三角四角の2wayホットサンドメーカー

ーーホットサンドメーカーがうまく行ったので、そこから「ホットサンドといえば小井沼さん」とご指名がかかり、餃子専用のホットサンドメーカーも大ヒットでしたね。

パリッとジューシーな絶品餃子をお家で簡単に!餃子専用ホットサンドメーカー「eN」

冷凍餃子を並べてバリっと焼けるアイデア商品だったのですが、ホットサンドも作れて餃子も焼けてアウトドアでも使えてと利用シーンをリッチに仕上げました。

ーーページのクオリティも安定感がありますし、何より八木さんの活動レポートが面白いのでぜひ一度見てみてほしいです(笑)。

成功事例として1,000万円越えのプロジェクトが2つ出せたのはよかったですね。


CRAFT STOREのつくる、食べるを担いたい

ーーそのほかにもtoC事業であるCRAFT STOREのコンテンツにもモデルとして出演したりされていますね。

デザイナー・清水との連載「休みの食べもの」シリーズは、一緒にコンテンツづくりがしたいと思い始めました。

ーーInstagramでも小井沼さんのお写真は人気で「レシピを知りたい!」というコメントがつくほど。料理は昔から好きだったんですか?

料理は子どもの頃から好きですね。

ーーそういえば、小井沼さんのお母さんがCRAFT STOREのコラムに出てきたことありますよね。
料理が共通の話題かもしれません。「休みの食べもの」シリーズに限らず、レシピは見ずに美味しいものをつくるのが得意です。僕の能力で1番活かせているかもしれない!笑

ーーちなみに今日の晩ごはんは何ですか?

しゃけのホイル焼き
けんちん汁
小松菜の胡麻和えか辛子あえかおひたし

ーーうわ美味しそう。辛子あえ作ったことないかも。

辛子と白出しとお酢をちょっとたらすとさっぱりしていいですよ。

ーーあんまりオフィスでご飯食べているところ見たことないから、ちゃんと食べていて安心しました。

基本1日1食ですね。お昼はじゃがりこポテトサラダですが、夜はしっかり食べます。
米2合を1回で、基本一汁三菜ですね。

ーーめっちゃ食べる(笑)

これからニューワールドと目指すものづくりのこと

ニューワールドの1番の強みはメーカーさんとの距離が近いことなので、商品開発をやっていきたいです。

ーーたしかに。プロダクトデザイナーがこれほどいる会社も珍しいので、ひとり1ヒット商品持てたら強いですよね。清水さんは結構プロダクト作っていますし、小井沼さんがつくるものも見てみたいです!

メーカーさんと一緒にものづくりをして、5年10年愛されるプロダクトを作りたいです。CRAFT STOREがあるから直接お客さんともつながれているのも、ニューワールドの強みだと思うので、いいものをつくって世に送り出したいです。料理にしろコンテンツにしろプロダクトでも、やっぱり何か作りたい。

ーー最後に美大で就活に苦労した自分へのメッセージというか、20代のうちにもっとやっておけばよかったことなどあったら聞かせてください。

もっと就活を頑張って、名前の有名なところで働いておけばよかったなと思います。
多くの人は名前に気圧されるというか、無名では相手にしてもらえないことがほとんどなので。

ーーバイネームで転職の声がかかる小井沼さんはすごいと思いますよ! どこどこの誰々さんではなく小井沼さんのパーソナリティ含め、声がかかるわけですし。

ないものねだりかも知れませんが、そこが今ない状態で30を迎えていることは、しくじったなという気持ちでいます。

ーースキルがあるから立てる土俵で戦えているので、これからのご活躍にも期待しています!


以上、デザイナー小井沼さんのお話しをご紹介しました。

ニューワールドでは、一緒に働く仲間を募集しています。ちょっと話を聞いてみたいな話してみたいなという方も大歓迎です。お気軽にご連絡ください!心よりお待ちしております。


この記事で紹介したコラムはこちら

ゴブレットと自家製ジンジャーエール。 休みの食べもの Vol.1

週末は丼で楽ごはん。休みの食べもの。Vol.2

dishesを使い倒してみました。休みの食べもの。Vol.3

土鍋よりも手軽に鍋しよう。休みの食べもの Vol.4

美味しくて便利な「まぶし」を使い倒す。休みの食べもの Vol.5

ニューワールド株式会社's job postings
7 Likes
7 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more