This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

「将来も働き続けたい。頑張りたい女性(アナタ)の背中、押します。」

こんにちは、ネットフロンティア(以下、NF)のやまなかです!

私も新卒入社して2年目になり、最近では新卒採用の座談会に参加する機会も増えてきました。そんな時よく聞かれるのが、『ネットフロンティアは結婚・出産後も働ける職場ですか?』という質問。座談会で必ず1回は聞かれる気がします。私自身も仕事と女性としてのライフイベントのことを考えて就活をしていたことを思い出しました(笑)

世代問わず、多くの女性がキャリアとライフイベントのことで悩んでいると思います。

そこで今回は、【NFで働く時短勤務ママのリアル】について、NF時短ママ社員にインタビューしてみました!

現在NFには4人の時短ママ社員が居ますが、今回はその中から管理部の伊藤さん・ストラテジックプランニング部クリエイティブグループの中根さんに、お話を聞きました。

※メイン写真(左)伊藤(右)中根

ーーまずは、お二人の家族構成と1日のスケジュールを教えてください!

中根:うちは夫と3歳になった息子が1人。

伊藤:うちも、夫と3歳になる息子が1人。あと猫が1匹居ます。

お二人とも元気な3歳の男の子のママですね!

スケジュールはお伺いしたところ、こんな感じだそうです。


こうして見てみると、自分の時間はほとんど無い事がわかりますね…。

中根さんはお子さんの寝かしつけの時に10分ごとにアラームをかけて、自分も一緒にうとうとしないように気をつけているとか。独身の私には考えられません…!

ーー産休・育休から復帰する前の不安だったことや、復帰直後大変だったことを教えて下さい。

伊藤:私の実家も夫の実家も遠方の為、子どもの体調不良、また自分が体調不良で子どものお世話ができない時にすぐには頼れないという不安はありましたね。でも実際は、本当に困ったときは母が駆けつけてくれるので助かっています。

中根:復帰前は、仕事・家事・育児を上手くやれるかという漠然とした不安と、息子がまだ9ヶ月だったので本音は「もっと一緒に過ごしたい」という思いはありました。復帰直後は、夜間の授乳がとにかく大変で、仕事も家事も緊張感を持って張り詰めていたのを覚えています。

今では社内でも明るく余裕があって、とても頼りがいのあるお二人ですが、復帰前や復帰直後は特に気が抜けなかったようですね。お二人ともインタビュー中に互いのお話にかなり共感されているようで、きっと誰もが通る道なのかなと感じました!

ーー結婚や出産を経て自分のお仕事スタイルは変わりましたか?また仕事に対する意識は変わりましたか?

中根:私は、結婚と妊娠が同時期だったので、無理をしないことと、仕事の効率を今まで以上に上げることを意識するようになりました。

伊藤:私自身、産休前は終電まで働くことも多くありましたが、時短になってからは限られた時間でどう効率的に成果を出すかを本気で考えて実践するようになりました。他には、(子どもの体調次第で)常に明日休むかもしれないという危機感を持ち、急に休んでも他メンバーに仕事の共有ができている状態、絶対時間内に終わらせるという追い込みをするようになりました。以前より睡眠時間を長くとれるようになった為、就業時間中の集中力は上がった気がします。

なんと!ちょっとびっくりしました。時間的にも気持ち的にも余裕が無い時こそ、「今、大変だな…」などとネガティブにならずに、チームを客観的に見つつ、自分のモチベーションを上げること、意識を高く持つことが仕事の効率化に繋がる重要なポイントなのかもしれませんね。

ーーでは、理想の女性像などはありますか?

伊藤:キッズラインの代表・経沢香保子さんが理想の女性です。バリバリ仕事をしながら、子育てをして、さらに起業もして。ハタから見ると困難に思える様々な経験をされているにも関わらず、どんなことがあっても立ち直って、前向きで、自分には厳しいけど人には優しくできる素敵な女性です。

中根:私は幼児教育に関する勉強をずっとしていて、その師匠である幼児教育家の先生が憧れです。自分を、子どもを、他者を大切にして愛あふれる方なのですが、家事や育児だけでなく仕事の中でも苦手なことや出来ないことをサラリと公言して人の手を借りる。周囲の人も巻き込んで、どんどんご自身のステージをUPさせているから、周りの人のステージも上がる。そんな方に少しでも近づけたらと思っています。

どの状況でも、強く優しく生きる女性がお二人の理想の共通点だと感じます。目標にしたいロールモデルが明確なことにまた驚きました。仕事・プライベートのことで辛いときにもその目標を見失わないことが大切だと感じました。

ーー今年、沖縄での社員旅行※1はお子様連れの家族が沢山いました。家族にも優しい社員旅行は一体感があっていいなあと感じましたが、NFに対して「他にもこうして欲しい!」「こんな制度を作りたい」などのご意見があれば教えて下さい。

中根:家族を持つメンバーにとっては、家族で会社の行事に参加することによって仕事への理解を深めてもらういい機会で、イベントを実施してくれる会社や企画してくれるメンバーには感謝しています。他にリクエストするなら、社員と家族だけでなく、NFに興味のある学生や転職希望者とその家族向けの会社見学会などあっても良いなと思います。

伊藤:私は「女性にとって優しい会社」というわけではなく、「みんなにとって働きやすい会社」にしていきたいと思っています。1人1人のパフォーマンスが上がる多様な働き方を制度化していきたいです。

ーー仕事も家庭のことも充実させているNFのママさん達を見ていると私自身もモチベーションが上がります。将来的に、働くこと・家庭を築くことを両立したいと考えている女性にエールをお願いします!

伊藤:私もまだまだ新米なので、これから大変なこともあるかと思いますが、その都度解決していけばいいかなと思っています。働きやすい会社づくりを一緒にしていきましょう!

中根:周りのサポートも当然ありますが、独身時代の頑張りが今の自分を支えてくれていると感じています。「結婚しよう、子どもを持とう。」そう思った時の自分を支えるためにも、一緒に頑張りましょう!大丈夫。両立、出来ます!

お二人とも、ありがとうございました!

今日もお二人は元気よく挨拶されてから、お子さんのお迎えに向かわれました♪

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。いかがでしたか?

NF時短ママ社員のリアルなお話から、仕事と家庭の両立に対する不安が少しでも軽くなれば嬉しいです!だって、NFにはこんなにもパワフルに両立して楽しんでいる女性社員が多いんですもの。

お二人のようにどんな時もカッコよく働いてみたくないですか?

将来的には働くこと・家庭を築くことを両立したい!

ずっとこのまま今の仕事を続けていていいのか不安…。

そんな風にお考えの方は是非ネットフロンティアへ!

お会いできることを楽しみにしています。

※1「社員旅行」経常利益目標を110%達成した場合、旅費等は会社負担で社員旅行にいくことができる福利厚生の一つ。今年と昨年の行き先は沖縄で、社員同士でアクティビティを楽しんだり、沖縄料理を堪能したりしました!日々デスクに座りPCと向き合っている事が多いので自然が多い土地で社員一同、リフレッシュしていた様子でした。

株式会社ネットフロンティア's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more