1
/
5

What we do

私たちは「未来に向けた経験や学び」を「みらいごと」と名付けました。 あらゆるものが人工知能やロボットに取って代わる時代、もはや生活と切り離すことのできない 情報技術ITの概念。ひと昔前には特別な魔法のようなことと思われていたIT技術も「その概念や考え方を理解していること」が、豊かな社会生活を営む上での必須スキルとなる時代です。誰もが魔法使いになれる時代がきたのです。 技術革新に伴いあらゆる障壁がなくなり、学び方の概念も大きく変化してきました。次世代に向け子供たちに教育経験を提供するのは私たち親世代です。 ちびっこもお兄さんお姉さんもお父さんもお母さんも。みんなが描く「楽しいみらい」のために、私たちはみらいごとラボをスタートしました。次世代を担うお子様向けの講座、それを支える親世代向けの勉強会など、多様な講座をご用意。みらいごとラボは子供から大人までみんなの「みらいごと」を応援します。 みらいごとラボは、子供から大人までみんなの「みらいごと」を応援しています。

Why we do

------------- 世の中には色々な職業があり、色々なしごとがある。子供たちも親たちも知らない世界がたくさんあり、それらは常に変化し続けている。 来たるべき時代を子供たちが「楽しく」生きていくために必要なことは何だろう。 それは、子供が自分で未来を切り開いていく力。自ら学び、考え、行動する力。 ------------ そんな漠然とした考えは、恐らくお子さんがいる親御さんならほとんどの方がもっているものだと思います。 では具体的に私たち大人にできることは何でしょうか。 例えばこたえのひとつに「色々な経験/体験をプレゼントする」という選択肢があるのではないでしょうか。 幼い頃、両親や祖父母と一緒に釣りをしたこと、キャッチボールをしたこと、キャンプをしたこと、同じ絵本を繰り返し読んだこと。 どれも今の自分の礎として、記憶に深く刻まれています。 そこに、新たな時代を迎える準備としての「プログラミング」や「科学」「数学」「ロボティクス」等新しい分野の経験を加えることは、私たちから次世代へバトンタッチをするひとつの責任なのではないでしょうか。 技術革新に伴いあらゆる障壁がなくなり、はたらき方の概念も大きく変化する時代。 そんな時代を生きる次世代に向け、私たち大人は「最近の若い者は!」「最新技術にはついていけない」なんて言っている場合ではありません。 次世代への教育経験を提供するのは私たち親世代です。 そんな想いからこの事業をスタートしました。

How we do

子供向けプログラミングや科学、数学、英会話、ロボティクスをはじめとした多岐にわたるジャンルのワークショップを毎日開催。 年齢やレベル、そして参加者の興味関心に応じたクラスを多数設置しています。 大人向けにはさらに、明日の仕事に役立つスキルを学べるものも開催中。 子供も大人も、お父さんもお母さんも。みんなが描く「楽しいみらい」を、スキルや経験を養う場を提供することで実現できる社会を作りたいです。 情熱をもって好きなことを追求することは、とても楽しいことです。 じぶんのみらいのために、誰かのみらいのために、みらいごとラボは生まれました。 年齢も、経験も、スキルも、環境も様々。子育て中のママもパパもいます。自宅勤務が中心のメンバーもいます。高校生も大学生も、意思と考えをもってジョインしています。 未来のために様々なフィールドでチャレンジし続けるすべての人を、私たちは全力で応援しサポートしていきます。