1
/
5

新旧育成責任者対談🔥「経営幹部候補生の育成にかける想い」


メディクルード社長室の星加です。今回は、メディクルードの新卒社員(経営幹部候補生)と一番近い距離で働く”育成責任者”の対談記事です!新卒育成にはかなり力を入れているメディクルードですが、育成責任者の「経営幹部候補生の育成にかける想い」を語ってもらいました🔥

メディクルードでは事業責任者を任せていけるような次世代リーダーを育てるべく、経営幹部候補生(通称Next Leader Program)の新卒採用を行っています。「決められたキャリアパスに沿って歩む」のではなく、「自らキャリアプランを作る」ことを重視して、一人ひとりに合わせた育成プランを一緒に決めていきます!「ここまでカスタマイズされることはないのでは?!」と経験者が思うくらい充実した育成についてもぜひ知っていただけると嬉しいです✨

~もくじ~
**********************************
① Career 3年目以降のキャリアプランをどう作るの?
② Growth 入社後2年間ではどれくらい成長ができるの?
③ Run-Up 入社前準備のアドバイスは?
**********************************

①Career 3年目以降のキャリアプランをどう作るの?

●新卒社員の3年目以降の役割とは何?

宮原)説明会やインターンシップでもお伝えしている通り、メディクルードが属するGenki Groupの中には医療・介護福祉・教育と様々な領域の法人があり、全部で30を超える法人と数百の施設があります。そんな中で私たちメディクルードの経営幹部候補生が3年目以降で担う役割はグループが保有する医療・介護福祉・教育等の施設に対するコンサルティング活動、および外部と連携した新サービスの開発・推進です。まさに私が今3年目の当事者ですが、それぞれどんな関わり方や仕事の仕方を求められているのか、簡単に教えてください!

山田)施設に対するコンサルティング活動として行うプロジェクトでは、現場の方と関わる機会が多いので、その中で潤滑油として回していってもらいたいなと思います。様々な規模感のプロジェクトがありますが、より事業全体を大きく動かしていくものであれば、社長や経営層の役職者と仕事をしていくことも多いです。3年目以降は社長室から旅立っていく場合もありますし、社長室の延長で仕事をしていく場合もありますね。

宮原)1期生でいうと、廣松さんは社長室から旅立って歯科事業推進チームにいますが、新卒採用責任者の星加さんや新卒育成責任者の私の場合は社長室に残っていますね。それぞれの役割はどれくらいの期間任されるのでしょうか?

山田)仕事のスパンは大体1年ごとを想定しています。4年目以降もそこで続けていく人もいれば、他の人に引き継いで別のプロジェクトに就任することもありますね。もちろん社長室を旅立ったとしても、親戚の集まりのようにいつでも戻って来られるような温かい部署でありたいと思っています。

●「現場主義」を大切にしているメディクルード社員は、どこにどれくらいの頻度で行くの?

宮原)私が今担当している案件としてe-learningの立ち上げがあるんですけど、それは新規立ち上げ段階なので、関係者の方とZoomで話すことが多いですね。また、育成責任者の業務として、メディクルードの新卒育成だけでなく浦和学院高等学校の新任の先生の定着支援もやっていて、そちらは月1回くらいの頻度で行っています。今は現場の方に早く顔を覚えてもらいたいので、用事を見つけては顔を出しています。

👆浦和学院高等学校の新任の先生方と宮原さん(2022年4月)

宮原)山田さんはもっと多い気がしていますがどうでしょう?

山田)私は週1回で現場の方と関わっている気がします。自分が現場に行くこともあるし、現場の方に来てもらうこともあるけれど、基本的には行くようにしています。
自己紹介の写真にもあったように、介護施設でパイを投げられるほど密な関係を築けるのも、内部だからこその醍醐味だなと思います。〇〇施設の〇〇さん、〇〇学校の〇〇さんと言えるくらいの単位で、顔が思い浮かんだ状態で、その人たちのために仕事ができるのはやりがいにつながります。

宮原)「内部だからこそ」で言うと、私は本当にちょっとした悩み事とかを言ってくれるようになってきたときに嬉しいなと感じましたね。気になることをポロっと出してくれるのはグループ社員としての関係性があるからだと思いますし、そういうところからも課題が見つかったりすると思います。