1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

What we do

【学習塾運営】タブレット指導
【アプリ開発】弊社開発の学習塾専用「英検®アプリ」は多くの教育現場で活用していただいています
株式会社メイツは 教育をアップデートできる仕組みをつくる会社です。 教育×ITを融合し教育に携わる全ての人が抱える問題の解決策を提示しています。 現在、弊社では以下の事業を行っています。 メイツHPはこちら→https://mates-edu.co.jp/ ■教育システム開発 -タブレット学習アプリ 紙教材をアプリ化して学習、指導を効率化 (塾専用英検®アプリ https://mates-app.jp/eiken/  その他、学習塾向け問題集アプリ「atom」、100マス計算アプリなど多数開発) -学習塾管理システム 学習塾の事務作業などのあらゆる業務を効率化 (学習塾管理システム reco https://mates-app.jp/reco/) ■学習塾運営・イベント -進学塾メイツ 高校受験メインの学習塾 生徒1人1台タブレット学習、講師1人1台タブレット指導 -個別指導塾WAYS 中高一貫校専門塾、講師1人1台タブレット指導 -プログラミングイベント・講演 小中高生対象のiPadや最新のプログラミング教材を使用したイベント 《プログラミング関連ブログ》 ◯ドコモイノベーション・ビレッジにて実演も行いました! https://www.wantedly.com/companies/mates-edu/post_articles/58171 弊社の運営タブレットを活用した学習塾・弊社が開発したアプリケーションが 教育とITをつなぐ架け橋となって将来の全国1400万人いる小中高生の“学び”、 日本の教育を変える。 それが株式会社メイツの存在理由と言えます。

Why we do

弊社運営塾では生徒がタブレットを使用して勉強しています
メイツメンバー
全国1400万人の小中高生の“学び”が変わる。日本の教育を変えていく。 そんな壮大なプロジェクトに、私たちは挑んでいます。 株式会社メイツは2010年創業の現役早大生による学生ベンチャーです。 小中高生に、自分たちが理想とする学習を届けたい。 その思いでスタートしました。 創業当初、小中高生向け学習塾の運営から始まった私たちの挑戦ですが、 塾運営を通して様々な生徒を教えていく内に 「生徒一人ひとりの弱点を完璧に把握し、その生徒に最適な指導を行う」 ことに対しての難しさを痛感し、塾運営だけでは教育の根本的な解決にはならないと考えました。 この課題をIT技術を用いて解決すべく、 2013年よりタブレット学習アプリの開発を行い 現在、メイツでは12教室の学習塾を運営しながら、 弊社の学習塾で使用する学習アプリ・学習塾管理システムの開発を手掛けています。 同時に、今まで弊社のみで使用していた学習アプリ・学習塾管理システムを 学習塾、学校、その他教育機関に向け、提供するフェーズを迎えています。 そして3年後の2020年、全国の小中高生に国からタブレットが支給された後、 私たちの開発したアプリケーションが、1400万人の小中高生一人ひとりのタブレットに導入され最適な教育を子供全員に提供する。 そんな世界を目指しています。

How we do

弊社開発アプリを使っています
エンジニアメンバー
日々、弊社運営の学習塾と連携を取りながら、教育をアップデートする仕組みづくりを目指しています。 ■教育×IT ITを用いて教育を変えていくには、IT技術だけでは不十分です。 実際の教育現場における問題点を理解・把握し、システム開発を行うために 株式会社メイツでは、弊社運営の学習塾で発生した教育上の問題点・現場の声を元にアプリ作成を行い、 実際の教育現場の問題をIT技術を用いて日々解決していきます。 同時に、教育とITをつなぐ橋渡しとなり、多くの塾会社・教育現場への普及を目指していきます。 《関連フィード》 ◯タブレットを使った学習塾!実際どのように運営しているの?https://www.wantedly.com/companies/mates-edu/post_articles/46688 ◯4月14日付け読売新聞「教育ルネサンス」に、弊社の取り組みが「進むIT化 学習蓄積」というテーマで掲載されました https://www.wantedly.com/companies/mates-edu/post_articles/60056 ◯5月15日発行 私教育新聞「私塾REAL vol.6」に掲載されました https://www.wantedly.com/companies/mates-edu/post_articles/62812