1
/
5

【Member Profile】「新規事業を立ち上げたい」夢の実現に近づく東大卒野球少年のストーリー

みなさんこんにちは!

「ベンチャーの社長のみたいな雰囲気出てるね」とよく言われる坂口です。
新卒2年目ですが、一応今はMacbee Planetのコンサルティング本部でマネージャーを務めてます。

今回はそんな坂口少年の学生時代〜就活についてのお話はもちろん、社会人になってから大変なこともたくさんあった中で、これまでの2年間どういう気持ちを持って働いてきたのかということもお伝えできればと思います。

この記事はこんな方に読んでいただけたらと思います。

・社会人になることに対して楽しみと不安が入り混じっている方
・実現したい夢や目標がある方
・行動を起こしたいが踏み止まっている方

ひとまず自己紹介

実は東京大学で硬式野球部に所属していたという過去があります。
会社のみなさんもあまり知らなかったりするんですけどね。(今の体型が原因かな?)

東大の体育会というと、いかにも大手企業に就職しそう、と思うじゃないですか。
実際そうです。私の野球部の先輩も同期も後輩も、ほぼ大手企業に入社しました。

僕は父親と兄が野球をやっていたこともあり、僕自身も小学3年生〜大学までずっと野球に打ち込んでました。
野球が楽しいというよりかは、もうずっとやっていたので辞めるに辞められないような感覚でしたね...。
単なるスポーツバカというわけでもなく、高校では一応真面目に勉強もしてました!
行き帰りの電車で予習復習をしたりとか、練習で疲れて帰ってきた後も毎日の小テストの勉強をしたり、コツコツやるタイプの子でした。

大学に入ってからは不真面目学生でした。学習内容はほぼテスト前に詰め込む感じだったので、授業もあまり聞いていなかったです...(笑)

それでも野球だけは自分なりにかなり真面目に取り組んでましたし、満足はしています。
遊びに走らず、真剣に物事に取り組めたのは今の仕事に対する実直さに表れているかもしれないですね。

ベンチャーマインドに惹かれて

就活していた頃、東大生向けにベンチャー企業が集まって会社説明をしてくださるクローズなイベントがあったんですが、そこがMacbee Planetとの出会いでした。

そこで当時バシマエさんが会社について説明されていたんですが、「ベンチャーってこういう明るい人がいっぱいいるんだな」と、ベンチャーならではの活き活きとした感じがあって、ポジティブな印象を受けました。
就活では大手よりもベンチャーに行きたいなというのがあったんです。
Macbee Planetには常にチャレンジ意欲のある優秀な方がたくさんいる会社なんだろうなと感じ、ベンチャーに憧れを持っていた坂口少年は感銘を受け、選考を受けてみようと思いました。

Macbee Planetの選考は主に面接でしたが、面接の中では志望動機やMacbee Planetの何がいいのかという質問は一切ありませんでした。
特に選考を受け始めた段階とかだと、正直志望動機なんてまだ見つかっていないことがほとんどだと思うんですよね。そんな中でMacbee Planetは、僕がこれまで何を頑張ってきたかとか、僕自身に興味を持ってくれているのが伝わって好感が持てました。

業界などはあまり絞らず他の会社も何社か見ていたんですが、ビビッとくるものがなく、説明会や選考などで魅力を感じたMacbee Planetへの入社を決めました。

入社後、大変な中でも向き合ってくれた存在

ここからは僕が入社してからのことについて綴っていきます。

やっぱり、初めは覚えることがいっぱいある中で仕事に慣れるので精一杯でした。

当たり前ですが、入社当時は業界のことも仕事のことも何もかも1から覚えなければならない状態でした。
例えばコンサルの仕事において、クライアントへ提案をする前にどんなことをヒアリングすればいいのかとか、こういうことをやりたいという声をいただいた時にどう考えればいいのかということすらも分からない状態でした。

でも、分からなくて色々聞いた時に部長の門屋さんをはじめ同じチームであった先輩方はいつも親身に教えてくれました。
上手くいかないこともありましたし、当時は先輩たちに頼りっぱなしでしたが、野球というスポーツでずっと頑張ってきたこともあって我慢強さは磨かれているので諦めずに今でも食らいついてます。

仕事が大変で心が病みかけることもあった坂口少年でしたが、部長の門屋さんはそんな僕にいつも目を向けてくれていました。
自分にも他人にも厳しいストイックな方ではありますが、なんだかんだで面倒を見ていただいたのがすごく有り難かったです。
案件の運用や進め方1つでも必ず確認を取るようにしているんですが、いつも的確なアドバイスをくださるんですよね。僕自身あまり人を尊敬したりしないタイプなんですが、門屋さんには絶対的な信頼感があります。
所属の第2グループのメンバーのメールもなどでのクライアント折衝も全部見てくれていて、何かあったら都度フォローして下さるのでとても助かってます。

また、Macbee Planetにはメンター制度というものがあり、新卒には役員のメンターが2ヵ月間付いてくれていました。僕のメンターは小嶋さんだったんですが、そこで印象に残っているのは「自己研磨を怠らない」という言葉でした。
常に成長マインドを持ちアップデートをし続ける小嶋さんの意識や行動がすごいなと思いました。

僕自身まだまだ社会人が始まったばかりで終わりが見えないですが、小嶋さんの言葉を聞いて、自己投資を続けていこうと思いました。

夢への一歩を踏み出すきっかけとなったもの

挫折しそうになりながらも色々と試行錯誤していた1年間でしたが、新卒2年目の春からはマネージャーに抜擢いただき、今すごく頑張ってます。
そして、今年の春からはMBA(経営学修士)を取得するためにビジネススクールに通う予定です。

MBAを取ろうと思ったきっかけとしては、社内で普段定期的に開催されているマネジメント研修や、去年〜今年の年明けにかけて開催された新規事業研修でした。
新規事業研修はどんなものかというと、新規事業の立ち上げ方を学び、実際にコンサルメンバーで2チームに分かれてチームごとに新規事業を企画してみてプレゼンをする、というものでした。

新規事業研修開催の話が出たのは、本部長の藤原さんにお昼に連れて行ってもらったことがきっかけでした。藤原さんに「何かやりたいことはない?」と聞かれました。

もともと僕には「男として生まれたからには何か1つ事業を立ち上げたい」という夢があります。
日本の経済にとってプラスになるような、なにかそういう大きいものをやってみたいと考えてました。
ただ、実際に何から始めればいいのかわからないところがあったので、そのことを伝えました。

そしたら「じゃあ研修開いてみようか!」と言っていただき、そこから同じようにやりたい人を募って研修の日程を決めてといった感じで進んで行きました。

それで研修に参加して話を聞いていくうちに、もっと経営の目線を持ちたいと思うようになって。
それはマネージャーとしても、いちビジネスマンとしてもそうです。

メンターだった当時の小嶋さんのお話を聞いてから、何かしたいとは思っていたもののきっかけがなく踏みとどまっていた時に、上記のような研修が行動を起こすきっかけになったわけです。

あれ、僕意外とバリュー体現できてる...?(笑)

マネージャー就任後の心境変化

現在は担当クライアントの売上、そしてLTVを上げるためのコンサル業務はもちろん、マネージャーとして数字の管理や案件の進捗状況の確認もしています。
といっても、同じチームの方々が皆さん優秀なので、僕から何かアドバイスをするといったことも現状あまりないんですけどね(笑)。

目の前の日々の業務で手いっぱいになってしまうこともありますが、今はマネージャーという役職をいただいているので、会社の中間管理職として自分の数字だけでなく部の数字を守り、会社全体も見て行動していきたいです。
自分なりの意見をまとめて上層部に上げて、部下には会社の経営方針とかを浸透させられるような、そんな存在になりたいですね。このスタンスも、マネージャー研修で学びました。
今は予算の大きい主要クライアントを任せていただき責任重大で大変ですが、ゆくゆくは部長への昇格を目指したいです。

そして、いつか新規事業の立ち上げが実現できるように引き続き自己研磨を頑張ります。
石山くんにでかい顔されるのもなんか嫌なので。
※Smashの石山社長とは同期で出身大学が同じということもあり、いつもでかい顔をされている。(嘘)

Macbee Planetに向いている方

正直、新卒2年目の人間に何か語れることとかはないと思うんですが「自分こそが会社を変えられる、変えてみせる!」という方にすごく向いている気がしますね。

また、Web広告業界は移り変わりも激しいですし、新しく入った人が最新の知識を得ているということはよくあります。大変ではありますけど、「一刻も早く即戦力になろう」という向上心の高い方にはMacbee Planetは特におすすめなんじゃないかと思います。

僕自身もまだまだ学ばせていただくことばかりなので、そういう方が入ってきてくれると嬉しい、というちょっと自分の願望混じりのメッセージになります(笑)。

Macbee Planetはそんなポテンシャルを秘めた方や何かやりたいことがある方を応援してくれる会社だと思うので、少しでも気になった方は是非一度遊びに来てください!

株式会社Macbee Planet's job postings
7 Likes
7 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more