1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

会員150万人プラットフォームのインフラを支えるリンクバルの守護神を紹介します!

株式会社リンクバル 技術部マネージャー
金融系システムのプログラマー・データベース・インフラエンジニアを経験。その後、パブリッククラウドの将来性に惹かれ、グローバルに活躍したい思いから、シンガポール拠点のソーシャルゲームプロバイダーに転職。8本のグローバル向け自社ソーシャルゲームのパブリッククラウド(AWS)のインフラ運用管理、GitLab・Jenkinsなどの開発サービスの連携などに携わりました。リンクバル入社後はパブリッククラウド(AWS)のインフラ最適化、Mackerel・PagerDuty・Slackを利用したサーバ監視システムを導入するなど、技術的負債の返済に貢献。2017年に技術Gマネージャーとなり、現在は約20名のサーバーサイドエンジニアのマネジメントを行っている。

こんにちは。リンクバルで人事しています、原です!最近お昼休みに散歩をはじめました。オフィス周辺で新しいお店を発見できたり、気分転換になるのでおすすめです!
今回は、リンクバルのサービスのインフラを支えている守護神・川畑さんにインタビューしてきました!

現在の業務について教えてください

メインでやっているのは、新サービスの環境構築です。世の中のコト消費を活性化させるシステムをつくっています。具体的には、既存サービスのシステムのフレームワークをすばやく横展開していけるよう、元は1つ1つ個々に作成していたものを、スクリプトを書いて自動化していけるようにしています。当社が目指しているコト消費プラットフォームの基盤作りです。

インフラエンジニアになったきっかけは?

AWSに興味を持ったからです。前職はソーシャルゲームのプロバイダーだったのですが、そこでクラウドって面白いなと思って。障害が発生して対応したときや、システムが遅くなってしまった原因を特定して解決した時が楽しいですね。

リンクバルに入った経緯は何でしたか?

ビジネスの勢いがすごかったことと、自分の技術を活かしてもっと良いサービスにできると感じたからです。WebやECサイトサービスに興味があったのも大きいです。

先月行かれた、ラスベガスのAWSのイベントはどうでしたか?

面白かったですよ。特に、新しいサービス情報のキャッチアップができたり、ワークショップに参加できたのが良かったです。すごい数の新サービスが発表されていました。色んな国からたくさんの人が来ていて、フェスのような雰囲気でした。5時に起きてイベントに行き、午前3時に寝る生活をしていました。

タフすぎです!!!

現在、学校にも通っていますよね

はい、大学院が主催する1年間のサイバーセキュリティ特別コースというプログラムに参加しています。週3日あって、平日2日は夜に行き、休日1日は丸一日通っています。テストもあるんですよ。

めちゃくちゃハードな毎日を送っていらっしゃる、、、

キャリアパスを考えた時に、自分の価値を上げたいと思ったんです。勉強している内容は、セキュリティ全般についてです。Webサイトのセキュリティ対策をどうしているかや、個人情報が漏洩したときの特定方法等です。ここで得た知見を活かしたインフラ構築をさらに意識するようになりました。

今後やっていきたいことを教えてください!

インフラ構築の自動化をさらに強めていきたいです。インフラをコードで管理していくことで、汎用性のあるものにしていきます。「Infrastructure as a code」の推進ですね。技術部としては、海外のカンファレンスにどんどん参加して新しい技術を取り入れていきたいと考えています。

そういえば川畑さんの椅子、バランスボールになりましたよね!

そうなんです。取締役の方に影響を受けて2ヶ月くらい前から。最初は全身筋肉痛になりましたが、今はなくなりました。運動になるのでおすすめです。

なるほど、、!たしかに私も(このあいだコソッと椅子をお借りした時に)、30分だけで疲労感ありました。。継続は力なりですね。。

ちなみに、最近された家族サービスはなんですか?

AWSのイベントでラスベガスに行った時に、ブランド物の化粧品を奥さんにプレゼントしたり、先日はこどもたちを連れて遊園地に行ってきました。あと、年末年始休暇を使って家族旅行に行く予定です。

川畑パパ優しい、、、


川畑さん、ありがとうございました!!

株式会社リンクバル's job postings
9 Likes
9 Likes

Weekly ranking

Show other rankings