This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

【LINE】代表取締役が2人に。慎ジュンホが代表取締役CWOになりました

取締役CWO(Chief WOW Officer)の慎ジュンホが、4月1日付けで「代表取締役CWO」になりました。

これでLINEの代表取締役は、出澤剛(代表取締役社長CEO)と慎の2人体制です。

代表取締役CWOになる慎ジュンホ(左)と出澤剛(代表取締役社長CEO)。

LINEでは、2019年以降を「第2創業期」と位置づけて、Fintech、AI、Blockchainなど新しい領域にチャレンジしています。

サービス競争力を最優先にする“Service Driven”と、価値基準の“WOW”をこれまで以上にストイックに追求し、世界を視野に次のステージを目指していくため、海外事業をリードしてきた慎がもう1人の代表取締役になり、さらに機動的な経営判断をしていきます。

2人の主な役割

代表取締役CWO 慎ジュンホ:
より責任のある経営の代表の立場から、これまで以上にサービスの競争力向上、イノベーションの推進にコミットする。

代表取締役社長CEO 出澤剛:
これまでの経営に加え、サービスの収益面や組織体制、人事・採用面でベストな環境をつくる。


出澤、慎がそれぞれの得意領域にフォーカスすることで、世界レベルのサービス提供を目指し、グローバル企業として、成長を加速させていきます。

今回の体制変更について、出澤と慎からのメッセージを紹介します。

2人からのメッセージ

慎(代表取締役CWO):
2011年6月に誕生したコミュニケーションアプリ「LINE」。現在では、世界中でたくさんのユーザーにご利用いただいています。これは、なによりも圧倒的な“サービス競争力”とコアバリューである“WOW”=「驚きや感動」を追求し続けた結果です。

そして、LINEは、「LINE」を超えるサービスを生み出すべく、FintechやAIといった新たな領域に挑戦する「第2創業期」を迎えています。その中で、この2月には、サービス競争力を最優先とする“Service Driven”と“WOW”をこれまで以上にストイックに追求したサービスづくりを行うという思いのもと「CWO」に就任しました。

タイトルの中にコアバリューである“WOW”が盛り込まれていることから、私自身コアバリューの実現という責務をしっかりと果たしていくことが期待されていると自覚しております。そして今回の新体制では、代表取締役として責任ある経営の代表の立場から、さらにサービスの競争力向上、イノベーションの推進にコミットし、アジアから世界へ羽ばたく、世界レベルのサービス、世界レベルの企業を目指してまいります。

まだまだ私たちの挑戦は道半ばです。しかし、LINEには、共に代表を務める出澤をはじめ、素晴らしい経営陣、共に戦う優秀なLINERたちがおり、皆一様に素晴らしいサービスによってたくさんの“WOW”を生み出すことで、世の中をもっと豊かに幸せにできると信じています。私はその実現にしっかりと責任を持ち、今まで以上に“Service Driven”をリードしてまいります。
出澤(代表取締役社長CEO):
これまで様々な挑戦を続けてきたLINEが、世界を視野に入れ、さらに次のステージを目指すためには、新たなイノベーションに取り組み続けるリーダーの役割がとても重要になります。

LINEの誕生以前から慎がその役割を担ってきていますが、さらに“Service Driven”と“WOW”の考え方を徹底し、大きなサービスを生み出していくために、経営の代表として責任を持つ、ということを示すべく、このたび、慎を代表取締役といたしました。

誰よりも厳しく誠実にユーザーに向き合い、ピュアにものづくりを行い、常に最高のサービスを考え、自ら生み出していく圧倒的な集中力と妥協を許さない努力家である慎であれば、これからのLINEをさらに力強くリードしてくれると確信しています。

LINEのエンジンのような存在である慎と共に、お互いの得意領域におけるそれぞれの強みを生かし、慎はこれまで以上にサービス面に集中、コミットし、私自身は、“Service Driven Company”であるLINEにとってベストな環境を整えるべく、経営に加えて、サービス収益面、組織体制面、人事・採用面などにこれまで以上に尽力し、世界で飛躍する企業として成長を加速させてまいります。

今後、出澤と慎の代表取締役2人の体制で、WOWを追求していきます。


そのための方法論として、LINEらしいやり方、考え方を1冊にまとめた「LINE STYLE BOOK」をHR BLOGに載せておりますので、よかったら見てみてください。



ぜひ一緒にWOWをつくりましょう。

LINE株式会社's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more