1
/
5

What we do

建築メタバースプラットフォームcomonyは、ヘッドマウントディスプレイによるVR体験に加え、スマートフォン、PCでも利用可能です。
不動産業界特化型CGVR制作プラットフォームteriorでは、お部屋のバーチャルホームステージングなど、様々なCGVRコンテンツを提供しています。
ラストマイルワークス株式会社(LASTMILE WORKS Co., Ltd.)は、CGやxR技術を利用したメタバース関連サービスを展開するスタートアップ企業です。 私たちは「辺境から世界に通用するサービスをつくる」をミッションとして、日本とカンボジア、ベトナムのチームでXRやメタバースにおけるプロダクトを複数開発しています。 設立は2016年11月で、本社を東京・茅場町に置くほか、開発拠点を海外(カンボジア・プノンペン、ベトナム・ホーチミン)に設けています。 ❐ 会社紹介資料 https://speakerdeck.com/lastmileworks/company-profile ❐ 主要サービス - 建築メタバースプラットフォーム「comony」 クラウド上で自由に様々な空間を共有できる仕組みを活用することで、様々な企業や建築クリエーターとタイアップしながら建築物をメタバース内に構築していきます。また、comonyの基幹システムを基に、VR事業の新規立ち上げ支援や、VRを利用した販促ツールの開発を並行して行なっています。 - 住宅業界向けCG/VR制作サービス「terior」 CGやVRを活用することで、様々なコンテンツの制作から戦略の企画立案まで、不動産業界の販促支援をトータルでサポートします。 CG家具でデコレーションすることでお部屋を魅力的に見せたり、未竣工の家をVR化して完成形のイメージをシミュレーションすることができます。 - バーチャルイベントプラットフォーム「そのまま展示会」 ソニーのグループ会社であるSoVeC株式会社と共同で事業開発を行なっています。ハイクオリティな3DCG空間と、様々なコミュニケーション機能、管理画面を実装したバーチャル展示会/ショールームを、誰でも簡単にウェブブラウザで開催できるサービスです。 この他にも、XRを活用した社会活動や、様々な企業との事業創造も行なっています。

Why we do

日本オフィスのメンバー。ビジネスチーム、エンジニアチームでワンチームとなり、自社プロダクトを開発しています。
VRを通してカンボジアの子どもたちに夢を与えるワークショップなどの社会事業も行なっています。
私たちは日本も東南アジアも一つのアジアと捉え、それぞれの強みを活かしたビジネスを行うことで、新しい価値をつくっていきます。格差を多様性と捉え、新しい仕組みをつくり、アジアから世界に通用するサービスをつくりだします。 開発途上国の労働集約型ビジネスと先進国の資本集約型ビジネスを組み合わせたハイブリッド型のモデルを、多くのビジネス課題を抱える先進国へ提供していくことで、私たちは辺境から世界を変えていきたいと考えています。軸足を開発途上国(ラストマイル)に置きながら、テクノロジーを利用することで、先進国の課題解決に貢献するwin winモデル。それが、エシカルテクノロジーです。

How we do

カンボジアのメンバー。大半がCGクリエイター、VRエンジニアで構成されています。
ベトナムメンバーはまだ10人ほどですが、エンジニアチームとして様々なプロダクトの開発を行なっています。
〜「多様性」をキーワードに、テクノロジーを活用し、国境を越えたチームで、今までにない価値を生み出していく〜 資本主義の社会で途上国の人々が搾取されずに持続可能な発展を実現するには、労働集約型のモデルではなく、独自性高い自社プラットフォームとビジネスモデルを構築することで、世の中に対して常に高い付加価値を提供していくことが必要です。また、国境を超えてワンチームとなるために、場所にこだわらない新しい働き方も必要です。 ラストマイルワークスではテクノロジーを活用することで、様々な国のメンバーとより強固なチームを作り、CGやVRといった独自性を活かしてプロダクトと事業の開発をしています。 今後の中期的な事業の方向性としては、建築×メタバースをコンセプトとして、バーチャル空間を活用した建築クリエイティブの価値を高めていく事業を生み出していきます。長期的には、より多様性を活かすための仕組みを作り、より多くの国のメンバーと様々な事業を創出していくことをビジョンとしています。