1
/
5

What we do

・需要づくり ・職人技を科学し継承 ・環境循環型の生産

Why we do

かまぼこ業を営む者として、これからの社会に対して、地域で事業を営む者として、地域、業界に先駆けて新しい未来へのあり方と解決策を提示していく必要があります。

How we do

 鈴廣かまぼこでは、長年にわたりかまぼこの主原料である魚肉に関する研究に取り組んでいます。 魚肉たんぱく研究所では、魚肉からつくられるかまぼこやペプチドの持つ特性、かまぼこと魚の栄養機能性に着目し、かまぼこの可能性を探るために最先端の機器を駆使した研究を重ねています ① 鈴廣の価値を伝えるための、WEB戦略の策定と実行 ② 時代に即した食べ方提案の実現・EC販促 ③ デジタルマーケティングを活用したかまぼこ需要創造を行う仕掛け作り(WEB・デジタルアプリやツール) ④ 1to1アプローチを加速するためシステム構築