This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

Iターンで転職しました。

こんにちは!

2019/04/01に日本システム技研(以下、JSL)に中途入社した、川野邉賢二です。

カバー写真は先日のイベントに参加したときの様子です。JSLは”私が機械学習についての発表をしたい”と伝えた1ヶ月後には実現できるチャンスをくれるスピード感溢れる会社です。

生まれも育ちも東京のためJSLにはIターン転職となります。前職では、都内のSIer企業で財務会計システムの保守運用に新卒から2年間携わっていました。

今回は、入社前のイメージ/入社後に実際働いて思った事を正直に書いていきます。

入社前のイメージ

入社前のJSLのイメージはPython/Djangoとリモートワーク/スーパフレックスが強かったです。JSLの募集内容やWantedlyの記事を見てもこのあたりの印象が強いと思います。Python/DjangoについてはWantedly記事だけでなくJSL社員のPyCon JPの講演をYoutubeで見ていたのでPythonのイメージはより強かったです。正直、業務内容や技術面など魅力しかありませんでした。

ただ、Iターンの観点から言うと長野での暮らしは少し不安な事もありましたが、銀座NAGANOに参加してIターン経験者の話を聞いたりする事で解消できました。

不安などがあれば直接聞いてみるのが一番だと思います。私も、入社前は何度かWantedly経由でJSLに質問をしました。

PyCon JPの様子はコチラ!! DjangoCongress JPの様子はコチラ!!

入社後のギャップ

Python/Djangoとリンクまで貼っておきながらですが、JSLはPython/Djangoだけに特化しているわけではないんだなと感じることがあります。私自身もVue.jsを業務で扱っています。バックエンドだけでなくフロントエンドも強みに、1つの技術だけでなく多角的に成長しようとしているJSLの姿を入社してから見れました。

また、ギークラボというJSLコワーキングスペースに借りられる書籍が多い事、フィットネス器具が設備されている事も入社してから驚きました。休日などはイベント会場にもなることがあるので、是非お越しください。

まとめ

入社前後の所感を整理して、JSLは今も尚変わり続ける努力をしている事に気づきました。社内Slackでは毎日のように業務改善や技術共有の話題が挙がっています。入社前ではこの記事でWeb企業に転換された事を魅力に感じましたが、入社後はその魅力を上回るほど”変わり続ける努力”に魅力を尚感じています。

”SIerからWebへの転職"、また"Iターン転職"の参考になったでしょうか、気になる事や聞きたい事があれば是非連絡してください!

是非、今、長野で一番熱いJSLを一緒に盛り上げてくれる方、お待ちしています!!

株式会社日本システム技研's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more