1
/
5

心“躍る”時間 ~ローカリゼーションデイ日本2021にて~

ローカリゼーションデイ日本2021にて「エシカルなワークが編むコミュニティ」 をテーマにお話させていただきました。

ローカリゼーションとは、人々のつながりと多様性という土台の上で繁栄する、わたしたちの「新しい物語」です。共に食べ物を地域で育てて食べる。子どもたちをつながりの中で育てる。一人ひとりと私たちを育んでくれる自然を大切にする。お金が地域でまわり、安定的雇用を生み出し、みんなが誇りに思える地域経済。そのような、人も自然も再生していく(再生的 / Regenerative)暮らしと社会のあり方を模索する世界的なムーブメントです。

文字通り皆の心“躍る”時間でした。

自然界ラッパー #OMG(オーマイ玄米)の"Mottainai〜あるもんできっちん〜"で場開き―お祝いの音楽"イマジン盆踊り部"でフィナーレ。

自らの活動に裏付けされ紡ぎ出された言葉たちは、力強く、美しく、人の心に届いていく。
そんな光景が、朝から晩まで―国を超えて拡がっている。

こんな素敵な人たちの中で 私自身 ローカリゼーションデイ日本 分科会「エシカルなワークが編むコミュニティ」 をテーマに 903シティファーム推進協議会の取り組みをお話させて頂きました。

日本労働者協同組合(ワーカーズコープ)連合会 古村理事長にお招きいただいて登壇〜ゼミ生との久しぶりの再会もあり嬉しかったです◎

もっと感性を信じても良いと思うんだ。
美意識をはぐくみ合える。それが、コミュニティ。

恩師である 辻信一こと大岩先生の最後のメッセージでは、

あなたの美しいと感じる景色はどんな景色ですか?
あなたの美しいと感じる音はどんな音ですか?
あなたの美味しいと感じる食べ物はどんな食べ物ですか?

今日頂いたこんな問いを、仲間と互いに投げかけながら、ここからの道をまた歩み進めたいと思います。
明日は、畑で個々の感性を解放だ―
先々は、今日オンラインで顔を合わせた皆と、そんなコミュニティへと成っていく。
楽しみです。

有限会社人事・労務's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more