1
/
5

What we do

お家の売却は一生に一度あるかどうかのライフイベント。「騙されないか?損しないか?」不安が付きまとうお客様に対し、ユーザーファーストを貫くのがイクラのポリシーです。
イクラが運用する不動産売却検索プラットフォーム「イクラ不動産」は不動産屋に行かずに、LINE を通じて匿名&無料で気軽に査定や相談ができます。
イクラはレガシー産業の1つと言われる不動産業界の課題、 お客様と不動産会社の情報の非対称性に 【テクノロジー × カスタマーファーストのマインド】で挑む 不動産テック(PropTech)領域のベンチャーです。 現在は、特に不動産売却分野において生じているロスやお客様の不安・不満を解決すべく、 「イクラ不動産」というサービスを運営しています。 ◆イクラ不動産(不動産売却検索プラットフォーム) https://iqrafudosan.com/ 「イクラ不動産」は、家を売りたいお客様/最適な不動産会社を結びつけるプラットフォームです。年々取引先不動産企業を増やし、現在は約900店舗の不動産情報をデータ化。それらのデータを元に、お客様がすぐに不動産査定価格を知ることができます。 家族が持つ最大の資産である「お家」。 いざ売却すべきときがきても、誰に相談したらいいのか?何から始めたらいいのか?分からない。 業界の商慣習ゆえに、査定金額にアクセスする術がない、不動産屋さんから提示された査定金額が妥当か分からない。というのが、いままでの不動産売却における大きな課題でした。 それらの課題をテクノロジーの力で解決すべく立ち上げたサービスです。 将来的に、全不動産仲介を行う不動産会社の1/3にあたる約10,000店舗のデータを集約することを目指しています。 またデータ集約だけでなく、LINEを通じて匿名でお客様の相談に乗ったり、不動産屋さんの選定をサポートするなど、「イクラ不動産」を通じてお客様の不動産売却のお悩みをワンストップで解決しています。

Why we do

不動産テックで遅れをとる日本。最大の障壁は、情報の「透明性」。イクラは泥臭く不動産会社に脚を運び、既存の商習慣から脱却し、情報開示する意義を伝えて加入店舗数を増やしてきた。
日本の総人口は2004年をピークに、今後100年で100年前(明治時代後半)の水準に戻っていく。人口減少と同時に生じる「少子化」「高齢化」も、住宅価格の大きな下落要素となる。
【 VISION 】 お家の価値を上げ、 家族の暮らしをより良くする 【 MISSION 】 不動産の情報を整理し、 相場を明らかにし、 誰もがアクセスして使えるようにする 2004年、日本の人口はピークの1億2784万人でした。 以後、人口は減少に転じ、2050年には人口1億人を切ると言われています。 また、世界各国が住宅需要を推計し建築件数を決定する中、 日本にはそういった目安がなく、未だに数多くの新築を建て続けています。 結果、需要と供給で決まる不動産価格は、すでに下がり始めており、 このままでは多くの不動産が「負」動産になりかねません。 それでも「家」は個人が所有する最大の資産です。 私たちイクラは、レガシー産業と言われる不動産業界において、 アナログ かつ お客様と不動産会社の間で非対称的な不動産情報をハックし、 テクノロジーの力でお家を資産としてできるだけ高く売れる仕組みを作ることができれば、 泥臭く集めた膨大な不動産ビッグデータをオープンに活用できるようになれば、 売主のストレスが減り かつ 資産が増えることで他に投資できるようになり、 結果として家族と経済がより良くなるのではないだろうか。 そして、不動産業界自体も変化させられるのではないだろうか。 そのように、考えています。

How we do

「隠し事は何もありません。全ての情報は社内でオープンにしています」と語る、坂根社長。オフィスでは全メンバーの表情や働きぶりが窺える。
誰もやっていないことをやってのけるためには「仮説→検証」の繰り返し。エンジニアも営業・CSと一緒にアイデアを出し合い、「イクラ不動産」を日々アップデートしている。
イクラは2015年創業、15名のベンチャー企業。 以下、私たちが大切にしている価値観とアイデンティティです。 【VALUE】 一に売主、二に不動産会社、三にイクラ 【IDENTITY】 Go Sincere / 至誠にして動かざるものは、未だこれあらさるなり Make steady effort / ハイテクを駆使して泥臭くあれ First Give / 与えよ、さらば与えられん Neighbor Love / 助けを必要としている人を助けよ 不動産業界はその商習慣から、お客様にグレーな印象を持たれてきました。 私たちイクラは、不動産テック企業として、私たちからその印象を払拭したい。 そう願っています。 そのため、まずはユーザーファーストであること。 誠実であることを大切にしています。 例えば全ての会話がオープンに交わせるよう、オフィスに社長室・会議室がないことも、私たちの価値観の1つの現れです。 またイクラの取り組む不動産売却分野のサービスでは、まだどの企業も成功していません。 つまり私たちがイノベーターです。 新しい挑戦に反発や失敗はつきもの。 時にその道は険しい時もあります。 それでも、まずは与える精神を持ち、愚直に挑戦し続ける。 そのような価値観を共有できるメンバーと働いています。