1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

プログラミング言語の難易度 習得に難しい言語の特長と傾向

世の中のプログラミング言語には、プログラミング初心者でも習得しやすい言語もあれば、実務経験者であっても習得が難しい言語もあります。習得が難しく難易度が高いということは、それだけマスターしている人が少なくなり、貴重な人材になれることも意味します。

そこで今回は、代表的なプログラミング言語の中で難易度が高いものをピックアップして、その特徴と将来性について紹介していきます。

目次

1. 習得に難しいプログラミング言語 ベスト3

2. ベスト3の言語の現状は? 需要や年収

3. ベスト3の言語の将来性は?

4. まとめ

習得に難しいプログラミング言語 ベスト3

アメリカのTIOBE Software社のホームページでは、全世界で人気のプログラミング言語を集計しています。このサイトをチェックすることによって、今の業界ではどんなプログラミング言語が流行っているのかを知ることができます。

2019年12月の数字をみてみると、人気のプログラミング言語の上位3つは以下のようになっていました。

順位  言語

第1位 Java

第2位 C

第3位 Python

※参考:https://www.tiobe.com/tiobe-index/

これは人気のプログラミング言語に関するランキングですが、実は習得が難しい難易度の高いプログラミング言語も、この3つが代表的なものとなっています。

人気プログラミング言語第1位のJavaは、1990年代前半にアメリカで誕生したプログラミング言語です。オブジェクト指向型のコンパイラ言語に分類され、企業で使われる業務システムやWebシステム、Android向けのスマホアプリ開発にも使用されています。

非常に幅広い種類のシステム開発に応用できる点が強みで、特定のOSに依存することなく開発を行える点も大きなメリットです。代表的なプログラミング言語の中では、Javaの習得難易度はトップクラス。

さまざまなシステムに応用できる言語なだけあって、覚える知識が膨大で習得に時間がかかってしまう側面があります。逆に言えば、Javaを最初にマスターしてしまえば、他の言語の習得難易度はグッと下がるということでもあります。

しっかりと腰を据えて学習すれば習得できないわけではないので、時間や体力を確保して挑戦してみたい言語です。

第2位のC言語は、1972年にアメリカで誕生した手続き型コンパイラ言語です。機械語に最も近いプログラミング言語と認識されており、機械を制御するシステムを中心にさまざまな開発に用いられていることが特徴です。機械で動くシステムの開発であれば、C言語をマスターしておけば困ることはないといわれるほどです。

代表的なプログラミング言語の中では難易度が最高ランクで、特にメモリの管理や「ポインタ」と呼ばれる概念を理解するのが難しいとされています。習得する価値は高いものの、習得までに膨大な時間と手間がかかることでしょう。

第3位のPythonも難易度は高い部類ですが、上2つと比べるとそこまで難しいわけではありません。1991年にオランダで誕生したPythonは、FacebookやGoogleといったIT企業にも使われている人気言語で、AIや機械学習の用途にも用いられています。

Pythonを使ってできることは多岐にわたりますが、その分だけ覚えることが多くなって難易度が多少上がることになります。とはいえ、プログラミング初心者でも習得できないことはありません。将来性を考えても、積極的に学びたい言語です。気になる続きは👇👇👇

他にも『techcareer magazine』では
エンジニアやクリエイターの人生やキャリアのお役立ち情報を配信中!

株式会社アイデンティティー's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more