1
/
5

What we do

オフィスを移転しました
コワーキングスペースが広々としています
【保険を「わかりやすく、簡単に」】 われわれはインシュアテック業界でビジネスを展開しています。インシュアテックとは、インシュアランス(保険)とテック(テクノロジー)を組み合わせた言葉で、保険業界をテクノロジーで変えていくことを目指しています。 保険業界は40兆円にもなる巨大マーケットであり、保険はほぼ全ての人が加入している、とても身近なサービスです。しかし、自分の保険の内容に満足できている人は半分もおらず、購入しているのにその価値があるか不安を感じさせる商品になってしまっているのです。 これは保険業界が会社ごとの縦割りになっており、契約者全体に対してサービスの品質を向上させるという機運がなかなか盛り上がらないことに起因しています。さらに、近年は保険代理店の台頭により、一人の顧客が複数の会社の保険に加入することが当たり前となっており、保険は使い勝手の悪い商品になっているのが実態です。 また、保険会社は紙ベースの人力作業が行われています。そのために発生するコストは、保険料として顧客が負担すると同時に、紙での手続きが必要なので利便性も悪化させています。保険会社の業務をアップデートすることで、このような無駄なコストを削減し、顧客にとって利便性の高い商品を安く提供できる業務体制の構築を支援しようと考えています。 我々はテクノロジーにより、このような保険業界にイノベーションを起こします。 ・アプリにより、自分が加入している保険をわかりやすく見える化します。 ・業務システムにより、保険会社の業務運営コストを削減します。 ・アプリとシステムの連携により、保険のもつ価値を最大化します。 このように、全ての人にとって保険が身近で安心を与えてくれる、満足度の高いサービスになるように変えていき、保険を「わかりやすく、簡単に」します。

Why we do

エンジニアメンバー
【多様なビジネス創出により業界をリードする】 インシュアテックはフィンテックから派生し、ここ数年で認知されつつある領域です。日本の市場規模は、2019年の890億円から2022年には2045億円に達すると予測されており、まさにこれから勃興していく業界です。しかし参入している会社はまだ少数で、参入企業が協力しながらマーケットを盛り上げていくステージになります。 そのなかでもわれわれは、2018年からこのインシュアテック領域に参入しているリーディングカンパニーであり、toB向けサービスとtoC向けサービスの両方を提供する、ユニークな会社です。サービス提供の対象となる会社は、生命保険会社や損害保険会社などの、大規模に保険ビジネスを展開している会社のみならず、少額短期保険や共済などの中小規模な保険事業者、保険代理店などを含みます。また、職域団体や店舗で保険販売を行う事業会社や、これから保険ビジネスに参入することを検討している事業会社も含みます。 このように様々な会社にたいしてサービスを展開しており、常に新しいビジネスを創出しています。自社プロダクトの展開により収益基盤を確保しつつ、収益の多様化と売上の増加を目指しています。

How we do

iChain保険ウォレット
iChainBase
【2つの自社プロダクトで保険業界をイノベーション】 我々はiChain保険ウォレットとiChainBaseという2つの自社プロダクトを展開しています。 1. iChain保険ウォレット モバイルアプリで、自分が加入している保険証券を一括管理し、どのような保障が自分を守っているかを視覚化してくれます。また、自分の保障内容を家族にシェアすることができます。これにより、「もしも」のときに自分や家族がどのような保険に入っているか、どのような保障をうけられるかがすぐにわかります。 2. iChainBase 保険会社向けの業務管理システムで、保険会社の業務全てをカバーするSaaS型のサービスです。ペーパレス、キャッシュレス、API連携を前提とし、業務を自動化して少人数での業務運営を可能にします。これにより、だれでも保険ビジネス参入できるようになり、従来では販売できなかったニッチなニーズに対する保険や少額の保険料での保険を販売することができるようになるのです。 我々は、保険ビジネスの参入、運営、契約者との関係構築まで支える、保険のインキュベーションプラトフォームを提供する会社です。 【今後の事業展開】 2020年7月にMBOにより独立しました。シードフェーズのベンチャーとなり、今後は資金調達を行いながら、IPOを目指して活動していきます。 すでに三井住友海上や東海東京証券のほか、大手の保険会社や金融機関、事業会社と交渉、ソリューション提案しており、数少ないインシュアテックベンチャーとして業界の注目も高まっていることを実感しています。 いまは2つのプロダクトを両輪として展開しながら、よりユーザビリティの高いサービスにアップデートしていきます。 現在社員は12名で、増員をすすめております。 今後数年間、インシュアテック業界は本格的に盛り上がっていきますので、業界をリードしていくため、組織もハイペースで拡大していきます。