1
/
5

【編集部のお仕事】今年注目のテーマを届ける雑誌「LEADERS」発行!

こんにちは。『日本の人事部』編集部です。
編集部の関わる事業について、不定期にストーリーを更新してきましたが、今回は、4月に発行した年刊誌「LEADERS」についてご紹介します。

「LEADERS」とは、その名の通りCHRO(人事最高責任者)などの人事リーダー層に向けた雑誌です。
今人事に考えてほしいテーマを取り上げた巻頭インタビュー、
HRカンファレンスや、人事リーダー層による座談会のレポート、
研究者の寄稿など、さまざまなコンテンツを掲載しています。

今年の巻頭テーマはパーパス(目的、存在意義)でした。
2020年は、新型コロナウイルス感染症が流行しはじめ、人々の価値観も大きく変化した年でした。
その影響か、企業は何のために存在しているのか?個人はなぜ働くのか?
というパーパスについて、人事リーダー層の口から語られる機会が増えていました。

そこで、一橋大学の伊藤邦雄さん、法政大学の田中研之輔さん、早稲田大学の枝川義邦さんにインタビューし、経営、キャリア、脳科学の視点から、パーパスについてお話しいただきました。

このように、巻頭のテーマ選定では、日ごろ接している人事の方々からヒントをいただくことも多いです。

巻頭では大きなテーマを扱っていますが、巻末近くに掲載している寄稿コーナーではもう少し具体的なテーマを設定し、若手の研究者や、『日本の人事部』として接触したことがない方などに執筆を依頼しています。

今回は、10名の方々に原稿を寄せていただきました。

テーマは、ジョブ型雇用や同一労働同一賃金といったトレンドの話題から、キャリアセンターの活用方法、人事異動の考え方、健康経営とキャリア開発の連携など多岐にわたります。

これをきっかけに、インタビュー取材やHRカンファレンスへの登壇を依頼することもあります。
編集部にとって、新しい人に出会える大切なコーナーです。

最後に、ちょっと社内事情的な話になるのですが、「LEADERS」の作業時期は、
「人事白書」というアンケート調査の質問作成や、
「HRカンファレンス」というイベントの講演企画をする時期と重なっています。
それぞれの重要業務が重ならないようにスケジュールを組むことや、
作業一つひとつを省力化することも、社内的には大事なテーマです。

とはいえ、びっくりするほど忙しいタイミングも発生してしまうのですが苦笑
今年も無事に雑誌を完成させることができました。
これからも、人事の方々の役に立つコンテンツをどんどん作っていきたいと思います!

株式会社HRビジョン's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more