This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

「コンテンツ担当のインターン生はおでかけのプロ」チームメンバーインタビュー

チームメンバーインタビューの3人目はコンテンツ作りを担当してくれている大学生の美奈さんです。
豊富な国内外での旅行経験をHolidayのコンテンツ作りに存分に活かしてくれています。
旅へのこだわりや行先決定のプロセスなどを聞いてみました。


おでかけを愛する、コンテンツ作りの主力メンバー


ーホリデーはいつから手伝ってくれていますか?

大学2年の3月に始めたので1年半くらいです。もともとは1年生の時にプチインターンとして2ヶ月くらいお手伝いさせていただいたことがありました。
その時は私のInstagramを見てお誘いいただきました。最初はどんな会社だろうとちょっと不安だったのですが(笑)、調べてみてちゃんとしているだろうと思い承諾しました。他の大学生の人たちと一緒にプランを作って発表するという内容だったのですが、先輩や同期の仲間にも知り合うことができ、サービスも知ることができる体験でした。


ー今はどんなこと仕事をしていますか?

観光やツアーのコラムの執筆と、スポットの調整作業がメインです。
またWEB版のトップページに掲載されるピックアッププランも毎月選定しています。ユーザーの方が作ってくださったプランの中でも、特にその月や季節にマッチするプランを掲載しています。
週に何度か出社する他、リモートでもフレキシブルに働いています。


ーHolidayコンテンツの根幹の作業ですね

お陰様でやりがいのある仕事を任せていただいています。


ー今や中心メンバーとしてサービスのことも知り尽くしている印象です

そんなことないです(笑)ただ新しくお手伝いいただくライターさんに対してのレクチャーもやらせていただいています。


ー美奈さんから見たHolidayの魅力はどんなところですか?

昨日ちょうど浅草に行っていて、目当てのお店がお休みだったんですね。そういう時に、現在地の近くにどんなスポットがあるかを地図上ですぐに調べられる機能は本当に便利だし、実際にしょっちゅう使っています。
あとは、長めの旅行に行く際は、事前に行きたいところを探してプランにまとめることから始めています。旅行に行った後は、写真を追加したり説明文を追記したりしつつ記録として残して、後で見返したりしています。プランは友達に簡単にシェアできることも魅力です。


3年生まではファッションショーを運営するサークルで活躍していたそう



若き旅行のプロに色々聞いてみた


ーサービスを使い倒していただいていますが、もともとお出かけや旅行は好きだったんですか?

母が海外旅行が好きだったので、小さい頃から付いていく機会に恵まれていて、色々な国に行くことができました。国内の旅行は日帰りでカフェを巡ったりする手軽なものが多いです。


ー今大学4年生ですが、ご自身や周りの友達のおでかけや旅行に対する熱はどうですか?

高いと思います。InstagramやTwitter など、私の場合は Holiday もですが、そのようなサービスを通じておでかけや旅行の情報を目にする機会がとても多いので、そこから影響を受けておでかけしたくなっている人が多いと思います。
もちろんテレビや雑誌の情報で行きたくなることもありますが、スマホで出会うことが多いです。雑誌は、例えば「京都に行きたい」という気持ちがすでにある時に、特集をしているもの探して読む感じですが、Instagram などは思ってもみなかった情報が飛び込んでくることがとても楽しいです。「ドイツのお城が綺麗」とか流れてくるので、自分が全く予想していなかった場所に出会うことができます。


ー見つけたあとはどうしていますか?

Webで検索して情報収集をすることが多いです。その後「ドイツに行きたい」と決まった後は、地球の歩き方などのガイドブックで予習をしています。種類があるので、いくつかの本を見比べて得た情報をホリデーにまとめています。買わずに立ち読みすることも多いですが、ドイツやフランスなどで歴史的な建物をメインに見に行く旅行のときは、建物の背景も知りたいので購入するようにしています。逆に、今計画しているグアムのようなビーチでのんびりすることがメインの場合は、買わずに最新のスポットをチェックして、残りはネットで調べるようにします。


ーなぜグアムに?

もともと友達と沖縄に行きたいね、と話していたのですが、どうせだったら海外に行こう、という流れになりネットで行き先を調べました。そこで総額6万円のツアーを見つけて、この価格だったら沖縄とそう変わらないし、日本から行きやすい近場でアメリカ気分を味わえるのも魅力でした。見どころは多くは無いですが、シンプルにビーチを楽しむのもいいなと思い決めました。


ー国内旅行はどうですか?

去年は京都に3回行きましたが、2回がHolidayの取材でした(笑)

実際に取材に出かけてもらうことも(美奈さん撮影)


ーではグアムに限らずで、行きたい、行く、と意思決定するポイントは何ですか?

気になる情報に出会ったら、Holiday だったり、心の中だったりに留めておくようにします。そして、特に海外に行く場合は、友達と計画を立てる際に「◯◯行ってみない?」と投げかけます。そこで賛同が得られたところに決めます。いくつかの選択肢を投げられるように普段から情報をチェックしています。

自分の中では、何を見たり体験したりできるか、を一番最初に考えて決めています。以前はグルメ中心に計画を立てることもありましたが、最近は自分が体験したい/できることを先に決めて、家族や仲間と一緒にどこでどうやって楽しむかを考えます。その周りで美味しいものを食べられるスポットがあればプランに足していく感じです。


ーグルメはそこまで重要ではない?

そうですね。大抵のものって東京で食べられるじゃないですか?もちろん、美味しさや鮮度は現地のもののほうがはるかに上だと思いますが、食べることそのものはそこまでレアな体験ではないので、私は行った先でしか体験できないことに集中したいです。なのでお土産選びにもそんなに時間は掛けず、分かりやすい定番のものを買うようにしています。


ー旅の予算は気にしますか?

人によると思いますが、私は値段よりも何を体験できるかをメインに考えます。安いから、高いからで旅先を選ぶことはありません。ただ、もちろん節約できるところはします。ハイシーズンを避けて、学生だから行ける空いている月を狙ったりはしています。


ー予定は詰め込みますか?

Holiday を使ってかなりぎっちり予定を詰め込むタイプです(笑)。特に1人で行く際には、綿密に決め込んで行きます。以前京都に行った時にその方法でとても楽しめたのでそれから実践しています。友達や家族と行くときは、少し選択肢を持たせるようにしていますが、基本的にはしっかりと決めます。スケジュールがタイトな時は電車の時間まで決めています。友達には見せませんが(笑)。自分に何かを課してクリアしていくことに楽しみを覚える感じです。なのでタイトなスケジュールで色々回るのも好きです。


ー次の予定やおすすめの行き先などありますか?

9月に母とパリに行きます。パリを基点にロワールでお城も見る予定です。母との旅行なのでそこまで予定を詰め込まずに回るつもりです。

おすすめはベトナムのダナンです。リゾートとしての開発が進んできていて、有名なホテルがたくさん建設されています。ここではホテルにこもりきりでのんびりしつつ、世界遺産の街であるホイアンに出かけて行ったりと、とても充実していました。航空便はハノイ経由にして、歴史を感じられる旧市街も見てきました。

ベトナムの美しい景色(美奈さん撮影)



ー美奈さん、大学卒業までよろしくお願いします!


ホリデー株式会社's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more