This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

What we do

ミャンマー最大級の求人メディア「Dream Job Myanmar」
ヤンゴン大学でのキャリアセミナーの様子
事業を通して利益と社会的価値を共に生み出しながら、自律的かつ持続的に途上国の課題を解決し得る、という強い思いを元に、ミャンマー ににて人材・教育事業を展開しています。 ミャンマーの現地企業であるDream Job Myanmar社との提携の元、「Power to The People」というミッションを掲げ、「Study, Work, Play」3つの事業領域に置いて、ミャンマー の人々の幸福と社会の発展に貢献することを使命としています。 【事業内容】 ・求人メディア運営(ウェブ/スマホアプリ/Facebook) ・人材紹介・派遣サービス ・日本語学校・日本語教育 ・情報メディア運営(Japan-Myanmar Guide) ・大学コンサルティング・キャリア教育 ・EdTech(教育/職業訓練)※現在準備中

Why we do

半世紀前もの間閉ざされていた社会は驚きに満ちています。
ミッション。
Mission: “Power to the people.” We provide positive solutions to empower people and organization in the field of STUDY, WORK and PLAY. およそ半世紀以上もの長きに渡っって世界経済と切り離されていたミャンマーでは、国内の経済が発達せず、良い企業も育たず、よって良い就職先もなく、いくら真面目に努力しても中々報われることが少ない停滞した社会が長らく続いてきました。 しかしようやく2011年を境に民主化・改革開放へと進み、現在のミャンマーは日系をはじめとする外資の進出に沸いています。 ついに、努力が報われる社会の到来です。 けれども、ここにミャンマーの今後の発展を妨げる大きな、大きな大きな問題が横たわっています。 外資や国際協力によって資本は入ってくる。 技術も外資や先進国が後押ししてくれる。 けれども、それを受入れ、生かし、活用する十分な人材がいない。。。 これは一社で一朝一夕に解決できる問題ではありません。根本的にはミャンマーの教育システムそのものの改革と、世代交代が必要です。長い時間がかかります。 けれども、私たち民間企業にできることが必ずあるはず。変化の流れを少しでも加速させるような事業を行うことができるはずだ、と信じています。 まず、求人サイトの運営よって、ミャンマーの人たちに今まで出会うことができなかった仕事との出会いの機会を作り出しています。 企業向けには求人サイトを無料開放するとともに、人材紹介事業を開始。数少ない光る候補者や原石を見つけ出して紹介することで、企業にとっても候補者にとっても価値あるサービスへと少しずつ磨き上げています。 立ち上げから3年が経過し、少しずつ成果が現れてきています。 人材紹介・派遣事業はリーディングカンパニーの一つと言える規模にまで成長しました。求人メディアの登録者は6万人を超え、FacebookページのLike数は90万を数えます。 ずっと手をかけたかったキャリア・教育の分野でも、ミャンマー のトップ校の一つであるYangon Universityにおいて、ジョブフェアやインターンプログラムを通して、学生に対してサービスを届けることができるようになってきました。 株式会社リクルートのインターンシップ・プログラム「GLIP」の受け入れなど、日本の人材育成にも取り組んでいます。 試験的に2017年より始めた日本語教育・職業訓練事業は、テスト段階を終えて、本格的な展開の時期を迎えています。 これからも民間の力を信じ、ビジネスを通して自律的かつ持続可能な形で、社会問題、特に「人材育成」という課題へのアプローチを推し進めて行きます。

How we do

クリスマスパーティにて。
メンバー一同、お待ちしています!
立上げ当初は5名に満たなかったメンバーも、今では35名を数えるまでになりました。 10代の地元学生インターンから40代のシンガポール帰りの経理のお姉さんまで年齢も様々。もちろん国籍はミャンマー と日本が入り混じり、LGBTの社員も複数在籍しています。お互いに多様性を受け入れ、オープンであることを大切にしています。 同じミャンマー人社員の中でさえ、ビルマ族、中華系、シャン族、カレン族、ネパール系、モン族やそのハーフなど民族はバラバラ。社内の共通語は英語、ミャンマー語、日本語ですが、全員が等しく理解できる本当の意味での共通語はありません。(泣) もちろん、多様であるがゆえの難しさとは常に対峙することになります。長く閉ざされていたミャンマー国内で生まれ育ったメンバーの価値観、海外帰りのメンバーの価値観、日本人の価値観、会社や仕事に対する認識、時間に関する感覚、、、どれ一つとっても「正しい答え」はなく、メンバーとの対話を重ね、私たちの会社にとっての正解を一つ一つ考えだし、共有してゆく作業がひたすら続きます。 けれどもこの作業こそがお互いの価値観を相対化し、新しい何かを発見し、昨日とはまた違う世界に生きることに導いてくれます。距離的な意味だけではなく色々な意味でも日本から遠いミャンマーで働く醍醐味の一つが、私たちのオフィスにはあります。

Page top icon