1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

「世の中のすべての仕事に汎用できるスキル」を学ぶ。プロマネ大学を開催しました。

自分のスキルは、今後のキャリアにどう生きていくのか?
目の前の仕事に全力で取り組みながらも、たまに立ち止まって考えたくなるときがあると思います。

GCストーリーには、チェーン店などを対象に全国一斉に看板・什器の施工手配をする「プロジェクトチーム」があります。プロジェクトチームで求められるのが、プロジェクトマネジメント(以下、プロマネ)スキル。お客様の希望するQuality(品質)・Cost(コスト)・Delivery(納期)、すなわちQCDを満たしながら案件を遂行するスキルです。

先日、GCストーリーでプロジェクトマネージャーを経験した2名をパネラーとして呼び、座談会が開催されました。どんな経験を積みどんなスキルを得たのか、その後のキャリアでどう活きているのかを現役プロジェクトチームに語ります。

プロジェクトマネージャーは課題解決のプロ

1人目のパネラー、上野さんはGCストーリーの卒業生です。5年間プロジェクト業務を経験したのち、現在はITコンサル会社に勤めています。プロジェクトマネージャー時代には1万箇所を超える大規模施工プロジェクトや、店舗の什器設置などの簡易施工プロジェクトを多く担当していました。

上野さんは、メンバーからプロジェクトマネージャーに役割が変わったとき、自分の成長を実感したと言います。プロジェクトを完遂するための情報の抜け漏れがわかるようになり、不明点を潰し課題解決できるようになったそうです。

クライアントの要望の実現、それに伴う課題解決の中で根気強さが必要なときもあったと言います。「できるだけ全体の幸福度を上げながら、やりきる」と強い責任感をモチベーションに業務に取り組んでいたそうです。(上野さんの仕事に対する考え方は、こちらからもご覧になれます。)


2人目の講師、甘利さんはGCストーリーの現役社員です。プロジェクト業務を約3年経験し、現在は社内教育制度の開発整備と組織コンサルティング事業を兼任しています。複業として、他社の広報やコミュニティデザインにも関わっています。プロジェクトマネージャー時代には、プロジェクトの立て直しや引き継ぎを任されることが多かったそうです。

「プロジェクトは1人でやるものじゃない。チームで決めた目標に走っていくのが醍醐味」と話す甘利さん。チーム内で本音を言いあえる関係性づくりと、メンバー一人ひとりが高いプロ意識を持つことが、クライアントの要望を実現する重要な要素だと感じているそうです。

二人はモチベーションこそ違いますが、「クライアントの"やりたい"を叶えるために課題解決していく」共通の姿勢がありました。

キャリアに生きるプロマネスキル

プロマネスキルとキャリアについて、現役メンバーからの質問も交えながら話が展開していきました。
前提として、「プロマネスキルは特別なスキルではなく、誰にでも身につけられる魅力がある」と二人は口を揃えます。

GCストーリーでプロマネスキルと言われるものの中には、

・スケジュールや予算を管理するスキル

・専門分野への理解を深める姿勢と知識

・問題発生時に冷静に対処し解決するスキル

・多くの関係者と円滑に物事を進めるコミュニケーションスキル

などが含まれます。

現在、クライアントの業務フロー改善とシステム提案を仕事にしている上野さんは、「根本的なスキルは現職のプロジェクトにも生きている」と話します。

上野さんによると、プロマネスキルとは「自分が主導権をもって好き勝手に仕事ができるようになるスキル」だそうです。自分次第でプロジェクトの成否が変わるので、当事者意識を高く持ち仕事に取り組める人は成長が早い傾向にあるようです。

プロジェクト完遂までには、多くの情報をさまざまな視点で取り入れ、自分で精査し決断する場面が何回もあります。このスキルがあれば、多くの人を巻き込んだプロジェクトを成功させることができるのです。

甘利さんも「世の中のすべての仕事に汎用できるスキル」と表現していました。転用がきき、どの会社でも一定仕事ができるようになるスキルだと感じているそうです。
多くの関係者と円滑にコミュニケーションをとるスキルが、組織研修業務での関係構築に生かせた経験もあるそうです。配慮の仕方、人に動いてもらう方法、どう納得してもらうかなど、異なる背景をもつ関係者へ柔軟にアプローチできたと話してくれました。

学び高める場の継続

わかりやすい専門的なスキルというより、「あらゆる条件と照らし合わせ適切に調整し、課題解決していく」のがプロマネスキルの本質のようです。
プロマネスキルを身につけることは、どんな仕事でも活躍するための基礎力固めにつながります。プロマネ大学での話から、プロマネスキルはその後のキャリアにしっかり生きていくのだと感じられました。

今回は卒業生である上野さんにお越しいただき、組織を越境した学びの場を設けました。社内では、プロマネ大学以外にもさまざまな「学びたい」「スキルを高めたい」に応えた場が社員を発起人に作られています。

ひとりひとりが「何のために働くのか」「今どんなスキルを身につけているのか」を意識しながらいきいきと働ける、そんな組織の実現にこれからも取り組んでいきます。

GCストーリー株式会社's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more