1
/
5

What we do

代表取締役CEO 相原祐樹(@fwh_aihara)
DDD=「data driven decision(データによる意志決定)」
■経営≒マーケティング  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ free web hopeは、経営脳を持ったマーケティング支援会社です。 すなわち、マーケティングの4P(4C)に関わる課題にコンサルティングまたは実行支援という形態を持って伴走しています。 「経営≒マーケティング」とは、我々がマーケティングという言葉をどのような意味で使っているのか、また我々でいうところのマーケティング支援とはどのようなものなのかを端的に表した言葉です。 マーケティングの戦略を描き、事業のPLを描き、プロモーションまでをプロジェクトチームを組成して支援しており、チームは短期・中期・長期のマーケティング戦略に基づき行動します。 プロモーションのみならずプライシング、ブランディング、HR、ターゲット/市場の選定や調査、営業改善、データ基盤整備など”経営に必要なこと”を議論し、見極め、実行しています。 ■事業内容  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ▼コンサルティング&プロデュース事業 経営≒マーケティングの視点からマーケティングの戦略・実行支援を提供しています。 「商品を売りたい」企業様の課題に対して「商品が買われる」マーケティング戦略/ファイナンス/マーケティングチームビルド/ブランドの4領域を請け負っています。 ▼ダイレクトレスポンスマーケティング事業 ランディングページxインターネット広告の制作・高速改善により成果の改善を追求します。 広告側では既存メディアの最適化、再現性の追求、新たな獲得チャネルの開拓と検証、データの分析、基盤整備を行います。 ▼オンラインスクール事業 動画形式で専門スキルが横断的に学べる月額制のオンラインスクール。 「スキルによって人生に選択肢を増やす」をコンセプトにしたWebデザインスクール「Cucua」とCFO育成スクール「Venture Accounting School(=VAS)」を運営しています。 現在、3事業を展開。 この他にも、マーケティングの力で世の中の役に立つおもしろい事業を多数準備中です。

Why we do

良い成果を求めて、妥協はしません。
マーケティングの力で「好きな人の役に立つ」ために掲げたミッションとバリュー。
■ミッションは「期待を超える」  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 「期待を超える」という理念には、シンプルながらも力強い想いが込められています。 実はこの「期待を超える」というミッションは、創業当初からあったものではありません。 この一言にたどり着くまでに、会社を立ち上げてから7年かかりました。 これまで、さまざまな事業課題をマーケティングの力でを解決してきました。 その中で、当社が向かうべき方向はどこなのか?マーケターを志し、おもしろい仕事を求めて入社してきたメンバーに示すべきミッションは何なのか?長年考え続けて出した答え、それが当社のミッションであり、最も大事にしているスタンスが「期待を超える」だったのです。 人は想像以上のことをしてもらったとき、はじめて「感動」が生まれます。 そして、誰かが誰かに仕事を頼むのは、「期待している何か」があります。 大小問わず、常に相手の期待を超える。これが全ての仕事の基準です。 今日も誰かの課題と向き合っています。 明日も誰かの課題と向き合っています。 私たちの技術は衰えることなく、むしろ向上していきます。 業界ナンバーワンに興味はありません。あなたにとってのナンバーワンを追求します。 ■「戦友を増やす」の真意  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ミッションの「期待を超える」と同じように大事にしている価値観「戦友を増やす」。 ここでいう戦友とは「顧客」のことを指しています。 私たちが日々成果を向き合う中で、「誰の」期待を超えたいか?を改めて定義をしてわかったことがあります。 それはマーケティングの力で「好きな人の役に立ちたい」ということでした。 マーケティングに絶対はないので「成果を出す」ためにプロとして最大限の努力はしますが、「必ず成功する」と確約はできません。たくさん仮説検証はしてますが時には大ゴケする可能性もゼロではないです。だからこそ、お互いにリスクを背負い、コミットしなければマーケティング支援はうまくいきません。 顧客、クライアント、お客様、、、正直呼び方なんてどうだって良い。 難解な課題を共に解決し、10年後に酒席を交わせる仲でありたい。 現在、戦友との奮闘記をはじめとする「ノンフィクション小説」をコーポレートサイトにて公開中。私たちは小説になるような仕事をするために、日々課題を向き合っています。 ▼第一弾「のぞむは明か時」 https://www.fwh.co.jp/shortnovels

How we do

平均年齢30歳、男女比は男6:女4。現在、雇用形態問わず通年でグローバルに採用中。
課題に対して、戦略と実行の両軸で価値貢献できるマーケター・クリエイター集団であり続けたい。
■「コト」に向き合う組織  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ すべての仕事の基準が社内外ともに「期待を超える」であるため、成果やクリエイティブに関する活発な議論の土壌があります。そこには年齢やキャリアは関係ありません。時に当社領域外の分野は副業・フリーランス・協力会社の力を借りてチームを組成するという、積極的に外部の方と仕事をすすめる刺激的な環境があります。 仕事の報酬は仕事。 組織として、他者貢献が強く、おもしろい仕事をしたいと思っているメンバーが多いのも私たちを象徴するカルチャーです。 「期待を超える」というのは壮大なテーマのようにも聞こえますが、日々の積み重ねが生み出すものなので「おもしろくて難しい仕事で成果を出して、さらにおもしろくて難しい仕事に挑戦する」ために日々鍛錬しています。 ■マーケター / クリエイターが最大限パフォーマンスを発揮するために  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 弊社の福利厚生や制度の一部を紹介します。 ▼学びと美意識に投資する ・書籍は決裁不要で購入可能(購入許可や申請は不要) ・美術館やアート展も経費で行ける(こちらも申請は不要) ・セミナーや勉強会も経費が出ます(こちらは内容によっては数万円のものもあるので決裁が必要ですが基本断ることはありません) ▼「10日 / 10日」制度 1ヶ月のうち、「10日間のリモート勤務日」「10日間のフレックスタイム勤務」が自由に選べます。 ※詳細はこちらをご覧ください。 https://note.com/yukiaihara/n/n83f7a6b0ed70 また、2021年12月より自宅⇔神田オフィス間の通勤時間が1時間20分以上要する場合は、フルリモート勤務が可能になりました。現在は実験的に海外で働いているメンバーもいるため、今後はグローバルな環境・メンバーで働いていく予定です。 ■メンバーの人柄をさらに知る  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 現在free web hopeでは、さまざまなマーケター・クリエイターが在籍しています。 メンバーからの発信も多いので、ぜひ以下のリンクから見てみてください。 ▼メンバー紹介 https://www.fwh.co.jp/member ▼入社エントリー https://www.wantedly.com/stories/s/freeweb_member ▼リスト「弊社」(半分以上のメンバーがTwitterやってます) https://twitter.com/i/lists/1219950828145917952