1
/
5

~リモートでもクルーを愛する~クルーとのコミュニケーションを大切にしているソフトウェアエンジニアが語るクラッソーネ開発チームの魅力

こんにちは!採用担当の伊藤です。

今回は、クラッソーネ初の完全リモート選考で入社を決めてくれたエンジニアの山口さんにお話を伺いました!ソフトウェアエンジニアとして「クラッソーネ」の開発に携わってる山口さん。アツい想いを持った山口さんのブログを是非お楽しみください!

ソフトウェアエンジニア山口さんのご紹介

ー大学卒業後、ソフトウェアエンジニアとして活躍されてましたが、元々エンジニアを目指していたのですか?

実は前職は新卒採用がメインの会社で、総合職として入社しました。内定者インターンを通じて適性を見ていったそうですが、実は入社前からエンジニア配属になることは決まってたみたいです(笑)

学生当時の将来像は「人の役に立つ仕事」をしたい、「一緒に働く人たち、そして、その先にいるサービスを届けるユーザーをを幸せにするような職業人生」を送りたいと思っていました。これは今も変わらず大事にしている軸です。それを実現するためであれば、職種に強いこだわりはありませんでした。

ープライベートではアメフトをやっていると聞きましたが。

もはやライフワークです。休日は選手や審判、そして学生コーチもしています。多摩川の河川敷で練習しています(笑)

クラッソーネへの入社理由

ーなぜ転職を考えたのですか?

転職を意識するようになったのは、自分自身が大事にしている軸、価値観を改めて見つめななおした時でした。仕事内容や人間関係・待遇等に、正直不満はなかったのですが、ソフトウェアエンジニアとして、今後自分自身が楽しく、幸せに、快適に、会社を盛り上げていくことを実現したいと考えたときに、会社の価値観にいかに共感できるか、会社と自分自身が同じ方向を向いていけるかを大事にしたいと考えていくようになりました。

ークラッソーネとの出会いは?

ファインディ(開発エンジニアの採用サイト)からアプローチをもらったのがキッカケです。これまでの経験を元に、自分の存在感をもっと出せる環境でありたいという想いから、開発エンジニアが数名位のスタートフェーズの会社には非常に興味がありました。

ーなぜクラッソーネに入社を決意したのですか?

代表川口とのカジュアル面談や、発信してるブログから見えるお人柄や熱い想いに共感したのを覚えています。僕自身、転職をするにあたり、「会社の価値観」や「一緒に過ごす人との価値観」を大事にしたいと考えていました。代表川口とのカジュアル面談の際、「最初に人を選び、その後に目標を選ぶ。」という会話が出てきましたが、元々自分自身がその考えを大事にしていたことからビビッと来るものがありました。

エンジニア組織に対する仕組みや制度の部分でも、作った背景や想いが代表川口の言葉で説明されており、エンジニアに寄り添う風土だと感じれたことも決め手のひとつです。

▼山口さんが印象に残ったブログ

クラッソーネ初の完全リモート採用!

ークラッソーネ初の完全リモート採用でしたが、不安はありませんでしたか?

2020年6月入社とコロナ禍真っただ中の入社でしたが、クラッソーネではリモート勤務への仕組みや制度が整っていたこともあり、リモート下での環境や関わる人とのコミュニケーションに不安はなかったです。個人的に、人とのふれあいを大事にしているので握手くらいはしたかった、というのが本音ですが(笑)

▼クラッソーネのリモート勤務への取組みはこちら


ー山口さんのMyMission宣言(*)でも人とのふれあいを大事にされてるのがすごく伝わりました!MyMissionではリモート入社だった山口さんだからこそ伝えたいこと想いが感じれました!

僕のMyMissionは「周囲の人を愛する 周囲の人から愛される」です。働く上では、「リモートでもクルーを愛する」とも掲げています。リモート勤務は遠距離恋愛に近いものだと思ってます。遠距離恋愛ってきっと大変。(僕には経験がないですが)大変という共通認識をみんなが持って、仕事に取り組んで行こう!というメッセージを伝えたいと思ってましたし、日頃から、そんな気遣いが出来るように意識しています。

*MyMission宣言:新しく入社したクルーが、自身の人生において成し遂げたいミッション=マイミッションを、全クルーの前で宣言するイベントです。

クラッソーネの開発チームの魅力

ーズバリ、クラッソーネの開発チームの魅力を教えてください。

とにかくみんな経験豊富で優秀なメンバーです。コードもわかりやすく、当たり前をちゃんと意識しているチームですね。あとは、解決策を見つけるのが得意なチームです。チームで成果を出すことを意識し、お互いが寄り添い、いいプロダクトにするために協力しあっています。リモート環境下でもお互いの声のかけやすさを自然と意識できるようなメンバーだと思います。

▼クラッソーネの開発チームのご紹介

開発チーム紹介 | 株式会社クラッソーネ
プロダクトマネージャー 大学在学中に起業し、その後マイナビにて部長を務めた。Webサービス, iOS, Androidアプリの開発、マーケティングや企画など幅広く業務経験がある。個人開発の アプリは累計200万DL。 社会課題を解決できるサービスに携わりたいという想いから入社を決意。ねことスーツとスプラトゥーンが大好き。 ウデマエは当然のX。 バックエンド 長崎県壱岐市出身。どこにいても平等に最新の情報へアクセスできることの素晴らしさからITについて興味を持ち、大学院にて情報科学を修める。卒業後はFiNC
https://www.crassone.co.jp/company/engineering-team/

「クラッソーネ」のサービスについても、ライブラリバージョンは常に最新ですし、ソースコードやインフラ構成等もだいぶいい感じに整ってきています。プロダクトオーナー含むチームメンバー全員が何が最適かを考え、常にベストプラクティスを意識しているからだと思います。個人への裁量の与え方、働きやすさも魅力的なひとつですね。

個人の裁量でいえば、利用するツールやコードの書き方・ルールも個人の裁量にゆだねられてる部分があり、とてもやりがいがあります。働きやすさについては勤務時間の柔軟性や、世の中の情勢に対して、迅速にフルリモートワークへの切り替えが実現出来たり、コロナワクチン接種の特別休暇の適応等、非常にスピーディーでした。いい意味で、決まり切っていないので、とても柔軟です。



山口さんの今後

ー山口さんがクラッソーネで実現したいことを教えてください。

クラッソーネに所属するいちソフトウェアエンジニアとして、会社のミッションを実現するために、僕自分の強みを活かしてプロフェッショナルとして出来ることに貢献したいと考えています。スタートアップならではですが、提供するプロダクトも徐々に変化していきますし、世の中の変化やユーザーにとってより良いプロダクトとは何か?を常に考えていく必要があると思います。

僕自身はソフトウェアエンジニアとして機能開発に取り組みながら、ファシリテーターの様な立場で経験豊富な開発チームの意見の吸い上げ、現場でユーザーと向き合ってるクルーの間に入り、チーム間の潤滑油のようになっていきたいと思っています。

ー最後に、山口さんにとっての「豊かな暮らし」を教えてください。

会社組織だけでなく、関わるチームの生産性を高められる様な存在になっていきたいと思っています。野球でいう優勝請負人みたいなイメージです。チームが抱えるボトルネックを解消して、チーム全体の生産性が高まるサポートをしていきたいです。それを実現するためにも、成果を出し続け、信頼を積み重ねていきたいと思います。

ー山口さん、ありがとうございました!

クラッソーネのエンジニア採用にご興味をお持ちいただけた方は是非エンジニア採用のページもご覧ください!

株式会社クラッソーネ's job postings
25 Likes
25 Likes

Weekly ranking

Show other rankings