This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

What we do

創造性を引き出す対話
誰もが積極的に変わる空間
◆株式会社花形が目指すもの 【人類を進歩させる】 世界中の情報を整理する(google)世界中の人を繋げる(Facebook)など、 世界を代表する企業群であるGAFAは実にシンプルな経営理念で統一されています。 日本企業として我々の強みは何かを思考したときに、 やはり最初に出てくるのは「ものづくり」の精神だと思います。 花形は、日本企業のアイデンティティである、「ものづくり」という原点を、 「ひとづくり」として変換し、世界中の人類を次世代の人類へと進歩させるために、 全ての事業を行います。 花形にとって最初の事業であるAOIは、10坪の雑居ビルから創業者 染谷大によってスタートしました。 その10坪に込めた想いは、「ひとづくり」を通して世界をあるべき姿にすることです。ひとり、またひとりとここに集まり今AOIは110名のファミリーになりました。 世界を変えるのではなく、あるべき姿にするために、高度な技術やITの力は必要ありません。 本当に必要なことは泥臭い人間の進歩です。 本質からブレない事業を、花形はこれからもまっすぐ邁進していきます。 世界中の情報を整理する(google)世界中の人を繋げる(Facebook)など、 世界を代表する企業群であるGAFAは実にシンプルな経営理念で統一されています。 日本企業として我々の強みは何かを思考したときに、 やはり最初に出てくるのは「ものづくり」の精神だと思います。 花形は、日本企業のアイデンティティである、「ものづくり」という原点を、 「ひとづくり」として変換し、世界中の人類を次世代の人類へと進歩させるために、 全ての事業を行います。 花形にとって最初の事業であるAOIは、10坪の雑居ビルから創業者 染谷大によってスタートしました。 その10坪に込めた想いは、「ひとづくり」を通して世界をあるべき姿にすることです。ひとり、またひとりとここに集まり今AOIは110名のファミリーになりました。 世界を変えるのではなく、あるべき姿にするために、高度な技術やITの力は必要ありません。 本当に必要なことは泥臭い人間の進歩です。 本質からブレない事業を、花形はこれからもまっすぐ邁進していきます。 ◆事業紹介 【AO推薦入試専門塾AOI】について AOIは、設立3年目となる関西のAO・推薦入試専門の塾です。 「夢」「個性」を大切にする入試、それがAO入試であり、私たちAOIは、このAO入試を通して、日本の高校生のキャリア教育を進めています。 また、2020年度の大学入試改革に合わせて、AO入試・推薦入試は大学受験業界の中でも大きくパイを増やしてきています。 今年度は生徒数300名超、合格率91.3%を記録しました。 これからも私たちは大きな躍進を目指していきます。 ▼私たちAOIの強みとは https://aoaoi.jp/advantage/ ▼私たちが何を教えているのか https://aoaoi.jp/curriculum/

Why we do

5年後には、日本全国で知らない人がいない名前となります。
いつだって、誰かの本気が目に入ってくる場です。
"日本でもっとも「合格」と「夢」が生まれる場所をつくる” これが我々のミッションです。 ではなぜ、この教育業界メスを入れるのか。 reason1:<高校生への教育をあるべき姿にしたいから> 過去の合格者の真似をしただけの志望理由書、紋切り型の小論文……。そういった、普通のAO入試塾が行っている付け焼き刃な対策に、創業者を始めとした私たちは憤ってきました。そして、そういった既存の悪しき習慣を積極的に破り、そして他のどこよりも努力してきたからこそ、AOIは大きく成長しています。 reason2:<これから社会に必要とされるから> aoiの革新の根拠は、時流にも即したものです。2020年の大学入試改革に伴い、国立大学協会は、AO入試・推薦入試の割合を2021年度までに国公立で3割まで増加させる目標を掲げています。この流れに乗り、新たな教育のスタンダードを作る。それが、aoiの野望です。

How we do

指導と対話の2つを、生徒にFitしたバランスで提供します。
ゲストスピーカーイベントも定期的に行っています。
AOIは「志望理由書」「面接」「小論文」の3つを軸に、AO・推薦入試に関わるすべてのことを教えています。これには、生徒それぞれの未来に寄り添い将来像を提案するキャリアコンサルティングであったり、時流を捉えた上で的確に問いに答える論理的思考力が求められます。 現在AOIは、関西に3校舎と関東に1校舎、それとオンラインの計5校舎です。 次年度は、さらに2校舎ほどを増やすつもりです。また、それと同時に新規事業もローンチされていきます。 この中で、新たに複雑化してきた多くの領域を共に推し進めてくれるインターン生や、今までの創業メンバー・リーダー層とインターン生をつないでくれるミドルリーダーを私たちは熱望しています。