1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

What we do

圃場環境の遠隔モニタリングを実現する「みどりモニタ」、生育環境や作業状況を計測・記録し、作業の見える化を実現する「みどりノート」、流通・販売を支援する「みどりマーケット」などの提供により、持続可能な農業の実現を支援します。
南島原(長崎県)、奥出雲(島根県)に農業IT研究所を開設し、地元の生産者の方と一緒に実証実験などに取り組んでいます。
【農業の "育てる力" を、ITの先端技術で支援】 天候や環境変化の影響など、不確定な自然を相手に作物を育てる農業では、高度な知識・技術、長年の経験など、高い専門性が求められます。みどりクラウドの生産支援サービスは、こうした農業分野にITの先進技術を導入、生育環境や作業状況を計測・記録してデータ化することで、これまで感覚に頼ってきた作業を見える化。IoT技術により収集したデータをもとに判断・制御することで、作物の育成や圃場の環境を最適化し、農作業の省力化や効率化、さらに生産性の向上・作物の高品質化・高付加価値化に貢献します。 【全ての一次産業へのデジタルトランスフォーメーションを見据える】 農業で実現した我々の技術価値は全ての一次産業において拡張性のあるものです。 当期は畜産市場での需要に応えるべく更なる技術投資を強化し 畜産業向けサービス「ファームクラウド」を開始しました。 畜舎内の環境や設備の稼働状況を自動的に計測・記録し、異常検知による損失の回避や、 環境改善による生産性の向上により安定した操業を支援するサービスです。 今後、農業・畜産業のみならず、これまでの開発資産とビジネス経験を活かしたIoT技術による生産支援を進め、全ての一次産業へのデジタルトランスフォーメーションの実現に向けて貢献します。

Why we do

収益性の高い安定的な販売を実現するため、農産物の付加価値性を高めるブランド化支援をはじめ、生産者ネットワークの構築、販路開拓、与信管理の代行による安心取引の実現など、流通販売を全方位でサポートします。
経験知や感覚知を拠り所とする作物栽培にITを導入し、生育環境や作業状況を計測・記録、データ化することで農作業の省力化や効率化を図り、生産性や収益力を高め、農業の競争力向上を支援します。
農業をもっと強くしていくために。 農業はもっと強くできる、私たちはそう考えます。なぜなら、農業の発展は、技術の進化の歴史でもあるからです。収穫機具の発明による農作業の効率化、機械化による飛躍的な生産性の向上、栽培技術の発達による収穫量の向上など、農業の進歩と発展のそばには、いつもそれを支える技術の進化がありました。そして、私たちが提供するみどりクラウドもまた、農業に新たな進歩をもたらす大きな可能性を持ったテクノロジーの一つなのです。

How we do

地方に農業IT研究所という拠点を構えることにより、地域の生産者の皆様との連携を深めています。時には、地域の方々と一緒になって農作業を行い、農業を体験することもあります。こうした取り組みを通じて、生産者が抱えている課題を顕在化させ、みどりクラウドの進化に役立てています。
地方創生を目的とした取り組みとして、農業×ITの普及にも力を入れています。今後、地方自治体や農協等を通じた農業IoTサービス「みどりクラウド」の導入・普及に活用し、地方創生を支援して参ります。
農業を見守り、つなぎ、支える。 みどりクラウドは、生産者のそばにいつも寄り添い、作物の生育管理から、消費者をはじめとする実需者に届ける流通販売まで、すべてのプロセスを総合的に支援し、高付加価値で収益性の高い農業を実現します。農業を強くする新しい競争力として、生産者を支えるテクノロジーとして、ニッポンの農業と地域の未来のために、私たちは、生産者一人ひとりを力強くサポートしていきます。